歯の土台を作る

歯 歯ぐき

インプラントと、他の部分入れ歯やブリッジとの決定的な違いは、義歯そのものに土台があるかどうかの違いです。部分入れ歯は既存の歯に引っ掛けているだけ。かろうじてブリッジは他の葉を土台にしている分、土台があるとはいえなくもありません。しかしながら、欠損歯の部分は実質のところきちんとした土台はないといえます。それに比べて、フィクスチャーと呼ばれる土台を歯茎に埋め込むインプラントならば、ちゃんとした土台があるのです。歯科治療の中でも保険適用外の分野であり、高額な負担を負う必要性はあります。しかしながら、この土台があるということだけでも圧倒的な能力差があり、他の歯にも負担をかけないのです。予後のことまで考慮すると、確実に高いお金を払う意味合いはあるといえるでしょう。

 

健康な歯をわざわざダメにすることによって、さらなる治療費やロスが生まれます。それならば、欠損歯をきちんと独立して埋めてやることができる方が、健康的かつ快適で、将来的にも安心なのです。また、土台がきちんとあるために自分の歯のように使えるのです。咀嚼力は健康な歯のおよそ8割程度まで回復するといわれている、他の治療法とは決定的に違う能力を持つのです。唯一、歯根膜が無いために自分の歯を利用していた時ほど噛んだ感触が伝わらないという問題だけはあります。しかしながらその条件は他の義歯でも同じであり、自分の歯としての再現度は非常に高いのです。まるで自分の歯を利用しているかのような感覚は、他の治療では得ることはできません。

歯を埋める

歯を守ることは絶対に重要だということ、それはいざ実際に歯を失ってしまってからわかってしまいます。もしくは、失うかもしれないような重篤な損傷を受けてしまってからようやく、その重要さに気づきます。虫歯の度合いで言えばC3レベルの、大きく削ったり場合によっては抜歯も検討しないといけないと言われたりするような状態。もしくは、不慮の事故で大きく欠けてしまった時。そんな時、きちんと自分の歯が全部揃っていることの重要さと、そのことに対する感謝が生まれることでしょう。しかしながら実際に失ってしまったものは仕方ありません。欠損したままでは他の歯に悪影響がありますから、然るべき歯科治療を行うべきであります。歯科治療を行うなかで、欠損歯の補完にはインプラントを是非検討したいところです。インプラントの技術を利用すれば、現状適用しうる歯科治療の中では最高峰の欠損歯補完を行うことが可能となります。

 

見た目の問題にもインプラントは他の義歯より優れています。そういった意味でも、歯科治療においてインプラントを採用するのは有用な選択肢でありベストな選択であるといえるのです。そして見た目を気にするのであれば、インビザラインも検討することができます。元々の歯並びの悪さがコンプレックスとなってしまうケースは、多々あるといえるでしょう。しかしながらそのコンプレックスの除去にはしかるべき矯正治療が必要となります。インビザラインは、矯正治療の中でも負担が少ないです。インビザラインを利用していることは周りにはわかりません。矯正している事実を明かさずに進行できるのが、インビザラインの魅力です。

様々な方法

歯科治療における欠損歯の治療には、義歯が利用されます。それはすべての歯が抜けてしまった場合のみならず、一部の歯が一本だけ抜けてしまった場合などにも有用となる方法があります。状況により選択肢や対処が変わってきますから、きちんと技師に関する知識を保つ必要があります。歯を抜歯した場合、その欠損部位を埋めるためには部分入れ歯とブリッジ、そしてインプラントが選択できます。少なからず義歯で間を埋めないことには、歯が移動してしまい更なるトラブルに繋がることがあります。よって義歯を入れることは非常に重要です。部分入れ歯とブリッジは、既存の歯に頼る方法です。部分入れ歯は欠損した歯に変わる義歯を、既存の歯に横から装着して利用します。この方法を選んでいることにより、既存の歯に大きな負担がかかることが問題だといわれています。

 

歯は、縦の衝撃には強いものの横からの衝撃には弱い傾向にあります。よって、部分入れ歯は既存の歯に大きな負担をかけるといわれています。ブリッジにしても、欠損歯の両隣にある既存の歯を削って、上から義歯を装着する方法であるがゆえにリスクが高いです。既存の歯を削るということは、歯の寿命をそれだけでも縮めることになります。また、噛む能力は部分入れ歯よりはマシですが、期待できないでしょう。全ての点を総合的にカバーし、自分の歯のように利用できるのがインプラントです。インプラントは、歯を失った部分に人口歯根とよばれるものを埋め込み、そこに人口歯をかぶせます。インプラントを利用することで、見た目にも美しく自分の歯と同様の噛み心地を味わうことができます。

 

健康の影響

歯の写真

人間、当然ながらいつかは加齢に伴ってどんどん歯が抜けていってしまう生き物です。大体、80歳の頃には大半の歯が欠損してしまい完全にすべてを義歯とする必要があるケースが多いです。この際に、義歯を利用しないでいることと利用することとでは確実に利用するほうが良いです。いわゆる入れ歯を利用することによって、ただ噛むことのみならず様々な意味を持たせることが可能です。大きな効果の一つに、明瞭な発声の確保があります。人間が声を発することができるのは声帯を利用するからですが、その声を上手に使い分けて音声とするには歯が重要な役目をなします。歯の有無によって、滑舌が大きく変わってきます。義歯の治療の中でも、注目度が高いものがインプラントです。インプラントを入れることで、正常な滑舌を保つことができます。

 

噛むことができるかどうかは脳の活性化にもつながります。噛むことができることによって顎を経由して血流が脳に行き渡り、それによって脳が正常な活動を維持することが可能となります。脳が活動するには酸素が必要であり、酸素を脳まで運ぶのは血流です。血流がない限り、脳まできちんと酸素は届きません。よって、噛むことで脳に血流を行き渡らせることは重要な意味を持つのです。寝たきりから、自力で活動ができるようになるまでに回復した事例もあるといわれてくるほど、重要なのです。また、歯の有無によってその人の風貌は大きく変化します。よって、適切な歯科治療により欠損歯を義歯で埋めることは重要なのです。しっかりと噛むことができる欠損歯の治療として、有名なものがインプラントです。インプラントは、自分の歯と同様の力で噛むことができるので、固い食事も問題なく楽しむことができます。

Pick Up