健康的に食事をする

大自然の中で生きる動物にとって、歯はとても大切な器官です。なぜならば、歯がないと食べることもできなくなります。そして、やがて衰弱して死んでしまうのです。 私たち人間の場合は、歯をなくしただけで死んでしまうようなことはありませんが、おいしく食べることはできなくなってしまいます。

例えば、総入れ歯になってしまうと、食べた物が歯茎との間に挟まり、痛さのあまりおいしい物でもおいしく感じられないのです。また、温かい物を食べたり飲んだりすることで、総入れ歯安定剤が溶けてしまうことだってあり得るのです。 そんな時には、インプラント治療でおいしく食べましょう。インプラント治療を行えば、健康な歯とほとんど変わりませんから、何でも普通に食べることができるのです。

デンタルクリニックで行われるインプラント治療の施術については、決して簡単なものではないことは確かです。特に、人工歯根を歯槽骨に埋設する時に、歯科医師の技術力が問われるのです。インプラント治療にとって、歯槽骨と人工歯根がしっかりと結合しているかどうかが、とても重要なポイントになっており、これが上手くいかないと人工歯根が抜けてしまう原因になったりするのです。

ですから、歯科医師は慎重に診断を下し、綿密な治療計画を立てる必要があるのです。そして、歯科医師の持つ治療実績が多ければ多いほど、安定した治療結果が得られることにもなるのです。 要するに私たちは、腕の良い歯科医師のいるデンタルクリニックでインプラント治療を受けるべきなのです。

治療をして綺麗な歯

歯並びを治すことできれいな歯並びが実現し、噛みあわせもよくなるのでしっかり噛むことが出来るようになります。矯正の目的は、噛みあわせを治すことなのです。 人によっては、全体矯正にしないで部分矯正でも十分に歯並びを治すことが出来る場合があります。 前歯だけ矯正装置をつけて治す人が増えてきているのです。

全体矯正に比べて、部分矯正は簡単に短期間で矯正することが出来るのです。歯の状態によっては、2本から3本だけの矯正だけの場合もあります。 部分矯正は、治療期間が長くて一年ほどで終わります。費用も、全体矯正よりも約3分の1くらいの費用となります。 このように、患者にとって部分矯正をすることは、期間と費用の面においてもメリットが大きいといえるのです。

部分矯正は、歯科医によっては全体矯正をすすめる場合もあります。どちらの矯正方法を選択するか、治療に入る前にメリットとデメリットを聞いて相談することです。患者によっては、前歯の見た目だけ治したいという人もいます。前歯の歯並びがよくなることによって、大きな満足を得ることが出来るのです。歯の状態によっては、部分矯正が出来ない場合があります。その時は、全体矯正になってしまいます。

部分矯正を中断して全体矯正に切り替えるということもあります。なぜそうなるのかきちんと説明を受け、納得した上で切り替えたほうがいいでしょう。前歯だけ気になる人、時間が取れず歯医者に通うことが厳しい人、近く冠婚葬祭があり早く治したい人には、部分矯正が望ましいといえます。

最先端技術を使用して

最近は歯の治療技術もどんどんと進歩しているのです。そのため、痛くない治療をする歯科医といったものも増えています。歯の治療方法は歯科医によって大きく異なってくるといったことになっているのです。これまでは、歯の治療というのは患部を取ってしまうというのが基本的な考えでした。そのため、ちょっとした虫歯でも大きな穴を開けて取ってしまい、そこを埋めるといったことになっていたのです。その時に神経などの痛みがあれば、神経も取るというのが基本となっていました。このため、治療が痛いというのが多かったのですが、今は患部を清掃して菌をなくして、そして治癒を待つといったことも出来るようになりました。このため痛くない歯科というのも登場したのです。

歯科の料金は実にいろいろです。健康保険が適用されるのですが、治療内容によって全く違うので一概にどれぐらいといったようなことをいうのは難しいところです。ただ、概略してであれば洗浄ぐらいであれば千円前後といったところです。レントゲンなどの診察を受ければもっとすることになります。

後は虫歯などの治療で銀歯などのかぶせをするものになるともっと高くなっていくので気を付けましょう。歯科の治療は実にさまざまなものがあり、それらが絡み合っているので一概にいくらというのは非常に難しいです。平均といってもその料金から、自分の治療代を考えてもそこからあまり意味はないともいえます。何しろ症状は人によって全く違っていることだからです。

数ある治療方法

インビザラインとは、歯科で行なわれる歯列矯正方法の一種です。専用のマウスピースを装着する事で、乱れている歯列を整えていくという方法になります。歯列が乱れている状態は、健康に様々な悪影響を及ぼします。例えば、噛み合わせが悪くなるので、消化器官に負担がかかります。また、歯列のバランスを全身で取ろうとするので、体に歪みが出てきます。

こうした事態を回避するためにも、歯列矯正は重要なのです。歯列矯正の方法には、いくつかの種類があります。一番基本的なのはワイヤーを使って矯正していく方法です。ただ、この方法は見た目が目立つ、多少の痛みを伴う事がある等の特徴があります。こうした特徴を避ける事が出来る方法が、インビザラインなのです。インビザラインで使うマウスピースは透明なので目立ちにくいです。しかも、歯の移動量が決まっているので、無理やり移動させる事で生じる痛みが起きにくいのです。

具体的なインビザラインの流れについてですが、まずはマウスピースを作るのに必要な検査を行ないます。口の中の検査やレントゲン撮影、歯型の採取等が行なわれます。これらを元にして、患者専用のマウスピースが作成されます。マウスピースが完成したら実際に装着します。装着の仕方や外し方もポイントがあるので、歯科医院で少し練習をします。ここからマウスピースを装着しての生活が始まります。装着を続けてみて違和感が出てきた場合等には、その都度細かな手直しがされます。インビザラインで使うマウスピースは、1日20時間以上の装着が理想的だと言われています。治療期間に関しては、症状等によって個人差があります。ただ一般的には、数カ月から1年程度の場合が多いです。

まずは相談を

カウンセリングルーム

インプラントとは近年急速に普及した義歯の一種です。インプラントではなくなった歯の歯肉の部分に直接義歯の土台となる金属を埋め込みます。そのため、従来の義歯のように周囲の歯に負担をかけることなく、安定した義歯を取り付けることができるのです。 最近では街中の歯科医院でもインプラントの文字をよく目にするようになりました。まずはかかりつけ医に相談してみるとよいでしょう。

インプラントの手術を行っていない歯科医院でも、手術可能な他のクリニックを紹介してくれることもあります。また、手術を受けるには一定の基準をクリアしなければなりません。持病の有無や口腔内・顎骨の状態によっては、インプラント治療を受けることができないケースもあります。

インプラント治療は自費診療となる非常に高額な治療法です。高い治療費を払っても手術を受ける方が増えているのには理由があります。先述したように、インプラントは周辺の歯に負担をかけることがありません。周りの健康な歯を削ったりすることがなく、歯の外側に金属が出ることもないため傷も付きません。また、顎骨にしっかりと金属が結着していますので、健康な歯と同じように力いっぱい噛むことができます。

見た目にもインプラント治療のメリットがあります。インプラントで取りつけた義歯は、他の健康な歯と見劣りしません。近年では特に審美歯科の分野で利用する人も増加傾向にあります。審美歯科とは、歯や口腔内の美しさを追求した診療科目です。審美歯科の診療内容としてあげられるほど、美しい義歯であるのがインプラントというわけです。

治療内容

歯科診療は保険診療と保険を使わない自由診療を選ぶことができます。一般的な虫歯や歯周病などの治療や予防治療は保険診療になります。高度な技術や設備が必要なインプラント治療や審美歯科、矯正歯科などは保険適用外の自由診療です。保険適用の歯科治療に比べると自由診療は治療費が高額になります。保険治療でも、ブリッジや入れ歯、治療済みの歯に被せる冠などの材料が違えば、保険適用外になるので要チェックです。保険治療を希望する時は、歯医者さんで治療を始める前に決めておく必要があります。自由診療でも構わない時は、歯科治療に使う材料を予算の範囲内で選ぶことができます。丈夫で仕上がりが綺麗なセラミックは保険適用外です。

近年、インプラント治療が注目されています。抜歯後の歯科治療では、入れ歯やブリッジが一般的ですが、噛み合わせが悪かったり、他の歯を傷めることがあるので不便さを感じている方も少なくないようです。第2の永久歯とも言われているインプラント治療を受ける方が増えていますが、高度な技術と最新式の設備が必要になります。

インプラント治療を受ける時は、信頼できる歯科医院を選ぶことが大切です。これまでの症例数が多いことだけでなく、実際にインプラント治療を受けた患者さんの口コミ評価を確認する必要があります。歯科医院の口コミランキングでインプラント治療の評価や体験談をチェックしましょう。費用や治療方法を詳しく知りたい時は、定期的にインプラント治療の説明会や相談会を開催している歯科医院を選ぶようにしましょう。

Pick Up