歯科でマウスピース

マウスピース

いびきの治療方法として最近使われれているのが、マウスピースで治す方法です。 治療に使うためのマウスピースを作るためには、睡眠時無呼吸症候群と診断されなければ、作れません。 最近では、いびきを専門としているクリニックなどがありますし、内科や心療内科などでの診断が必要となります。 そしてマウスピースを作るには、歯医者に行く必要があります。 初診料などで5,000円くらい必要になり、マウスピース代など自費で20,000円、保険適用だと10,000円くらいかかります。 そして、市販でも2,000円から3,000円くらいで、いびき対策グッツが売られています。 いびきは病気の一つと言われています。病院でしっかり原因を調べる必要です。

睡眠時に気道が狭いために起こるのは、いびきや睡眠時無呼吸症候群です。 その治療法として、1902年にパリで始めてマウスピースを使用したと言われています。 1980年にシドニー大学で睡眠時無呼吸症候群に対する持続陽圧呼吸法が開発されました。 その後、1985年に睡眠時無呼吸症候群やいびきに対して、マウスピース治療法が注目されてきました。 手術治療がなく、大掛かりな装置も必要がないため、リスクの少ない治療法と言えます。 マウスピース治療は、誰でも治療ができるというわけではありません。 そして、睡眠時無呼吸症候群と診断された患者さんであれば、保険の適用を受けられますが、いびきだけの治療ですと、自費になるようです。 これからのいびき治療は、治療費がかからないマウスピースの治療が注目されてきていると言えます。

歯の状態を維持

歯科医院に通うことで、歯がいい状態でいられるかもしれません。なぜならば、歯の専門家に診てもらうことで、現在の歯の状態が分かるからです。その状態によっては、すぐに治療してくれることもありますので、歯の状態が悪化することが少ないといえるでしょう。なので、たまに歯科医院に通うと、現在の歯の状態も分かって助かります。 治療をするにしても、歯の健診をするにしても、腕のいい歯医者を選びたいものです。評判を聞いてみるのも大切ですが、その評判は実際に行ったことがある人から聞くのが一番です。周辺の歯科医院ならば、実際にそこに行ったことがある人も近所にいるでしょうから、尋ねてみるのも方法です。思ってもいなかった情報が聞けることがあるかもしれません。

歯を磨くときには、歯の汚れを取るつもりで磨いていくことが大切です。ただ磨いているだけだと、歯の隙間の汚れは取り切れていないことが多いです。なので、歯ブラシを上手に使って、細かい部分まで磨いていくように工夫しましょう。 また、歯ブラシだけを使うのでは、歯の汚れを落とすのには足りない部分もあります。歯の隙間の汚れをきれいに取っていこうと思ったら、フロスなどを使うのも必要かもしれません。どういったものを取り入れていったらいいのかは、それぞれの考え方にもよりますが、分からない場合は歯科医院で尋ねてみるといいのではないでしょうか。歯の専門家から見てどういったものを使って歯を磨けばいいのかを聞くことで、より効果のある磨き方ができるかもしれません。

歯のケア

自分での歯のケアと、歯科医院での歯のケアとを上手に組み合わせていくことで、健康な歯の状態を長い期間保つことが期待できます。日々の歯を磨く作業のときにも、適切な時間をかけてしっかりと磨いて、ために歯科医院に歯の健診に行くといったことをしていると、虫歯にもなりにくいといえるのではないでしょうか。 虫歯になってしまうと、治療をしていく必要が出てきます。軽度ならばすぐに治療できるかもしれませんが、虫歯が悪化してしまうと、その分治療も長引いてしまいます。歯の状態にもよくないといえますので、日々のケアと定期的な歯科医院でのチェックは、歯のためには大切だといえるのではないでしょうか。先に予定に組み込んでおくなど工夫しておくと、歯科医院にも行きやすくなるかもしれません。

歯をきれいに見せるために歯科医院に通うのもトレンドといえるのかもしれません。歯は笑ったときなどに見える部分なので、きれいにしておきたいと希望することも多いと考えられます。なので、歯科医院でも、審美歯科に力を入れて取り組んでいるところも多くあるといえるでしょう。 歯のクリーニングやホワイトニングなどをすることによって、歯を白くきれいにすることが可能です。どういった治療をするのかは、その歯科医院でしっかりと確かめてからするかどうかを決めていきましょう。そのための費用の総額も把握しておいて、治療を受けるかどうかを考えることも大切だといえます。歯をきれいにしていると、印象も明るいものとなっていくかもしれません。

歯の矯正治療

歯並びを気にしている人にとっては他人の視線が気になったり、上手く咀嚼ができなかったりなど、生活に支障を及ぼすことがあります。そのための治療として矯正歯科があるわけですが、いまや矯正歯科にもさまざまな種類があります。一般的なワイヤー矯正をはじめ、マウスピース矯正や裏側矯正など、それぞれの事情や要望に応じた治療方法を選ぶことができます。 矯正歯科で気になるのは、治療中であると気づかれることです。マウスピースや裏側ですと、他人に気づかれにくいというメリットがあります。裏側矯正は舌を傷つけることもありますが、しばらくすると慣れてきます。 ただ、歯科医院によっては取り扱っていない矯正もあるので、事前に確認しておきましょう。

気になる費用ですが、矯正歯科には原則保険は適用されません。ですから治療費は高額になることが多く、ある程度の覚悟を持って臨む必要があります。 一つ注意点として、費用は総額で考えるべきです。治療前の検査から矯正終了後の観察・メンテナンスまで、それぞれで費用がかかってきますので、たとえ矯正自体の費用が5、60万円だとしても、総額で見ると100万円を超えることもあります。 多くの人が総額制を選んでいますが、治療期間がそんなにかからないとすれば、処置ごとに払っていくほうが得になることもあります。 歯の状況や矯正装置によって費用も変わってきますので、まずは医師に相談してかかり得る費用を算出してもらうようにしましょう。

Pick Up