歯医者選びは慎重に

ドクター 腕組み

歯医者の見解は医師によって異なりますから同じ虫歯だとしてもどのような治療を行うかは医師によって変わってきてしまいます。ですから出来るだけ信頼を築くためにも同じ歯医者へ通った方が良いでしょう。

どの歯医者が良いのか分からなくて転々と通っているひともいるようですが、初診に費用が掛かってしまいますし、医師との信頼関係も築けませんから、何か不満が合ったとしても聞けなかったり疑問に思ったまま長期で通うなんてこともあるかもしれません。そういったことがないように出来るだけ同じ歯医者へ通った方が良いでしょう。同じ歯医者に通うことによって歯の状況を把握してもらうことが出来ますから、治療もスムーズに進むことが多いようです。

虫歯は身体に出来た傷とは違い自力で治すことが出来ないと言われています。インターネットなどを検索すれば虫歯の進行を遅らせることは出来たとしても自分で治療することは出来ないということが分かるでしょう。進行を遅らせると言っても症状が出てしまっているのならば早めに歯医者に行きましょう。痛みが生じているということはすでに進行が進んでいると思われるからです。見た目が多少黒ずんでいたり痛みがない場合でも歯に違和感を感じたらすぐに歯医者へ行くようにした方がよいかもしれません。定期的に診察を受けることによって虫歯を早期の段階で発見することが出来ますから、治療にも時間が掛かりませんし比較的治療費もかからずに済むと言われています。

さまざまな利用目的

歯医者を利用する場合には、地元の近くの歯医者に行くことをおすすめします。そして利用する際には予約を取ることが大事です。予約を取って行った方がスムーズに進められます。治療内容は色々とあります。虫歯治療、インプラント治療、歯列矯正、ホワイトニング…というような治療があります。

歯医者を利用することで、コンプレックスを解消することが出来ますし、辛い症状を改善することが出来ます。そして、地元の近くに行けば何度でも通うことができますので、手軽に相談をすることが可能です。かかりつけ医を決めておくことで、ちょっとした相談ができますし、虫歯などの予防方法も教えてもらえます。

歯医者の治療は平均的価格としては3000円ぐらいで診てもらえるということが多いです。これぐらいの値段なら全く問題なく手が出せることでしょう。ただ、治療内容によっては保険適用外となりますので、高額な治療費が必要になります。しかし、今後も長く付き合っていくこととなる自分の歯は、少しでも具合が悪くなったら診てもらった方がいいです。悪化してしまい手遅れになってしまったら遅いので、少しでも痛くなったら行くべきです。

具合が悪くなくても普段からホワイトニングなどの治療をしておけば病気自体にならずにすみます。ホワイトニングを普段からしておけば歯を健康な状態にしたまま過ごすことができるのでおすすめできます。歯をいい状態のものにすることができるわけなのでいいです。

綺麗な状態を保つ

歯を磨く子ども

歯科は、現在、次から次へと出来ています。そして、競争が激化し、様々なサービスを行っているところも多いです。そんな歯科の現在の取り組みについて説明します。歯科は、2つの方向性の取り組み、考え方が多いです。まず、1つは、年を重ねても歯が抜けることなく、自分の歯で食べたりできるようになるための予防です。

定期的に検診を行ったり、幼児からフッ素をぬったり、歯磨き指導をすることで虫歯にならない歯を作っています。もう一つは、見た目を重視した治療です。白い歯に憧れる人のためのホワイトニングや歯並びをよくしたい人のための矯正、また、抜けた歯を綺麗にかつ、噛んだり食べたりに違和感のないように行うインプラントなど保険適応外の治療も多くなっています。

歯科のサービスを利用するためには、まず、歯科選びが重要です。歯並びをよくしたいと考えている人は、矯正歯科の診療科目があるところでしっかりと治療を行うことが大切です。他にもホワイトニングは審美歯科といった、それぞれの治療に特化した診療科目があるため、その道を極めている医師がいる病院を選ぶことが大切です。口コミサイトやそれらの病院のホームページ、家族や友人の紹介などあらゆる情報を得て、その中で自分にあった病院を選ぶことが大切です。

また、保険適応外治療の場合は、医療費が高額になるケースも多いため、その場合は、治療前に医師にどれくらい費用がかかるのかをしっかりと確認することが大切です。病院によっても費用が異なるケースも多いため、病院選びは重要です。

歯のクリーニング

歯の歯石や、歯垢などを除去することで、歯茎や歯の健康状態を維持できます。そのため、歯のクリーニングを3ヶ月から半年ぐらいで、定期的に行うと予防効果がありるとされています。それは、煙草のヤニや着色を落とすことによって、本来の歯の色になるからです。最後にフッ素を歯の表面に塗布することで、歯質が強化されて、虫歯や歯周病の予防にもなるといわれています。 このようなクリーニングは、歯科医院でも行っているところもあります。治療前に料金などの説明を受けておくようにしましょう。

現在、口腔衛生を必要とする認識が高まり、予防を積極的に行う人が増えているといわれています。そのため今後、歯科において歯のクリーニングを行う人が、増えるという予想もされています。今までは、歯が痛くなるなどの症状が出てから、歯科医院などに行くのが一般的でした。しかし、今日ではそうなってしまう前に予防しておこうという考えを、持つようになったからだといわれています。 それは、歯を欠損などした場合に、治療にかかる費用が高くついてしまうことも、根拠の一つに挙げられているのです。それは、歯の治療において機能面だけではなく、美観にまで考慮をするようになったためだからです。 そういったことが、予防歯科の人気が高まっている理由だともいわれています。

ホワイトニングの相場

料金が安いに越したことはありませんが、あまりに安いホワイトニングだと思い通りの白さにならなかったり、白くなったとしてもすぐに元に戻ってしまったりといったリスクが少なからずあります。 普通、オフィスホワイトニングの効果は半年〜1年ほどしか続かないと言われています。しかし、市販の美白ジェル入り歯磨き粉を使ったり、ホームホワイトニングをしたりすることで1年以上白さを維持できるようになります。もちろん食後に丁寧に歯磨きすることも大切です。

ホワイトニングと一口に言っても、歯科クリニックによって使用しているホワイトニングジェルや器材が異なります。最新の高価な器材を導入しているクリニックほど料金が高くなる傾向があります。また、都内にある歯科クリニックよりも地方にある歯科クリニックのほうが安くできます。 相場からいうと、オフィスホワイトニングは50,000円〜80,000円、ホームホワイトニングは20,000円〜40,000円くらいです。また、ホワイトニングを長持ちさせるためには定期的にクリニックに通院する必要があり、通院のたびに約10,000円ほど必要になります。ホームホワイトニングは自分専用のマウスピースさえ作ってしまえば、あとは約2000円ほどでジェルを買い足せばいいだけなので経済的です。

インプラントの治療費

歯科インプラント治療をした場合、歯科CT検査をする費用で5000円、インプラント体を埋め込む手術の費用で180,000円、上部構造体を取り付けて人工歯を被せる費用で150,000円ほどかかります。これはあくまでも一例で、インプラント体や上部構造体の種類によってはもっと安くできる場合もあれば、もっと高くなる場合もあります。 また、インプラントをする前に虫歯や歯周病などがあれば治療を済ませる必要があり、さらには歯石除去(クリーニング)もする必要があります。虫歯治療や歯石除去には健康保険が適用されます。

病気や事故などで歯が数本なくなってしまったら、部分入れ歯、ブリッジ、歯科インプラントという選択があります。この中でもっともメリットが沢山あるのがインプラントです。部分入れ歯は隣の歯にバネをひっかけて固定して使用するものなので、健康な隣の歯に負担になります。ブリッジは隣の歯を削って固定する必要があるため、これも健康な歯の寿命を縮める結果になります。 しかし、インプラントは他の歯の健康を一切損ねることなく治療できます。あごの骨に直接インプラントを埋め込むので、隣の歯を傷つけないでしっかり固定することができます。インプラントをすれば噛める力が回復し、他の歯と変わらない質感や色合いで見た目も自然になります。

Pick Up