いびきを解消する為の方法

寝ている男性のイラスト

お酒といびきには深い関係があります。寝る事と、嗜好品と言う全く別の物のように感じますが、実はこのアルコールには筋肉をゆるめて緊張をほぐす効果があります。それにより飲んでいない時よりももっといびきをかきやすくなってしまいます。更に、睡眠時無呼吸症候群の人がお酒を飲むと、更に症状を悪化させてしまう事になります。

寝付きが悪い、ストレス発散等の理由から、お酒を飲んでから就寝する事が習慣になっている人がおりますが、これはまったく逆効果になっている事があります。いびきが気になっている人は、アルコールの摂取を辞める事により症状を軽減させる事ができるようになります。

アルコールは肥満の原因にも関係しており、肥満は睡眠時無呼吸症候群やいびきの発生源となる確率が高い症状です。肥満体である場合には、呼吸以外の部分にも影響があります。

更に、これらの症状は加齢によっても進行する為に、肥満のまま加齢にならないように早い段階でダイエットや生活習慣の改善をして、健康的な生活が出来るように対処するべきだと言われています。いびき解消用のマウスピースは歯医者で簡単に作成が可能ですし、明石などの地域には無呼吸治療専門の外来も存在しています。明石でいびきに悩んでいる方は、一度診察を受けてみるのが良いでしょう。

何故いびきにマウスピースが効果的なのかと言う話ですが、マウスピースを装着する事により前顎が数ミリ前にでて咽頭部を広げてくれます。それにより、空気の通り道が確保できて呼吸が楽になります。このマウスピースは口を開けて寝るくせがあり、口呼吸が治らない人にも効果的な治療器具です。最初は装着した時にどうしても違和感が出てしまいますが、だんだんと慣れます。これを装着していびきや口呼吸や無呼吸症状がなくなる事で、ぐっすりと深い眠りに付く事ができます。マウスピースは歯医者で作成する事になります。

医師が治療の為に必要であると判断した場合には、保険が適応されます。保険適応で1万円程度かかります。歯医者で自分の口内に適した形の物を作ります。しかし、このマウスピース治療は出来る人と出来ない人がおり、鼻に疾患を持っている人や歯抜けの人には治療できません。鼻に問題がある場合には、まず鼻の疾患を治療してからいびき治療へ行く事になります。

また、肥満体型の人、顎関節症の人、成長期で骨格が変化しやすい子供は利用する事ができません。骨の成長を妨げる事になる治療は不可能となっています。

いびきの原因と危険性

抱え込む男性

いびきをかいている人が陥りやすい病気に睡眠時無呼吸症候群があります。これは無呼吸と言われる10秒以上の呼吸停止が頻繁に続く事を指しています。1時間に5回以上呼吸が止まれば睡眠時無呼吸症候群だと判断されます。これにかかると、いびきだけでなく歯ぎしりや昼間の眠気等に襲われる事があります。無呼吸に鳴る原因として、狭くなった気道から息を吸い込もうとすると、一緒に舌や気道の壁が吸い寄せられて気道自体を塞いでしまい、その影響で息が出来ない無意識の状態が続く事になります。無呼吸と聞くと死亡してしまうイメージを持つ人が多くおりますが、無呼吸症候群によって死亡は起こりません。

仮に無呼吸状態が続いた場合でも、脳が短時間だけ目覚めて気道を広げ、息が吸えるようにしてくれます。この時に目覚めるのは脳だけであり、人間側が目覚めた事を覚えているわけではありません。死亡する事は無いにしても、この症状に関してのダメージは体に蓄積されており、心臓に負担がかかりすぎた結果心疾患になったり、血管系に負担がかかって動脈硬化になったりします。高血圧、脳梗塞、脳卒中等にかかる確率も飛躍的にアップしてしまいます。歯医者でマウスピースを作ったり、無呼吸になっても問題が無いように酸素マスクを病院で支給して貰う等と言うような対策を取る事が重要になります。

普通の人がかいているいびきは常に一定となっていますが、無呼吸の人のいびきはそうではありません。あえぐような激しい息使いが聞こえたかと思えば、無呼吸状態になる事で30秒~2分程度静かになります。その後にまた激しく息を吸い込んでと言うように、いびきの音に波が現れるのが特徴です。自分自身が睡眠時無呼吸症候群出ないか確かめる為に、寝ている所をビデオカメラで撮影してチェックすると言う方法があります。

身体の衰えからくるいびき

物心ついた時からいびきをかいていると言う人もいれば、ある日突然いびきをかくようになったと言う人もいます。いびきが起こっているメカニズムとしては、寝ている間の筋肉の弛緩による気道の狭まりと判明しています。

しかし、個人個人にどうして気道が狭くなってしまうのかと言う理由があります。いたって健康体であるけれど、疲れが溜まった時にいびきをかいてしまう人もいます。これは一時的な症状ですので特に気にする必要はありません。問題なのは慢性的になっているいびきです。慢性的ないびきの原因は肥満、アルコール、喫煙が挙げられます。肥満になると、気道や喉部分にも脂肪が付きます、それにより気道が内側からも外側からも狭くなり、いびきをかきやすくなっています。また、鼻炎やアレルギーを持っている為に口を開けて眠る事がクセになっている人も、慢性的ないびき症状が出ている事があります。

子供はアデノイドが原因で気道をふさいでイビキがでていたり、骨格が元々から小さい人は顎が小さく、おさまりきれない舌が喉の奥に落ちる事で気道を塞いでいる事があります。また、これらの症状は老化によって筋力が低下し、そのせいで気道が狭くなっていると言う事もあります。歯医者で作成したマウスピースを装着する事で口内が引き締まり、イビキをかかなくなるような人もいます。睡眠不足によって慢性的な酸素不足に陥っている人もいびきや歯ぎしりをしやすいとされています。

マウスピースで呼吸を調整

寝ている間に歯ぎしりやいびきをかいている人は多く、原因はストレスや過労だと言われています。それ以外にも、口内で発生した少々の歪みが影響し、だんだんと効果範囲を広げていびきや歯ぎしりとして体に現れている事があります。いびきの治療にはマウスピースを利用します。また、歯医者で口内に発生している問題を検査し、虫歯治療や口内洗浄、歯科矯正などが必要となる場合もあります。

いびきが発生する原因は睡眠時の呼吸にあります。呼吸によって起動や軟口蓋、異空の粘膜が振動して独特の音を発生させています。軟口蓋とは、口の置くに存在している柔らかい部分の事です。口蓋は上顎の事で、軟口蓋はここから3分の1程度後ろにいった柔らかい部分の事です。発生する場合や食事をする時に利用します。

軟口蓋は食べ物を食べる時には舌とくっつき、食べ物が喉や器官に流れないようにしています。人間が寝ている間にいびきをかいてしまうのは、起きている間は体に力が入っているからです。寝ている間に人間の体は弛緩します。そうして体が緩むことにより、上気道の筋肉が緩んで空気を吸い込む気道が狭くなってしまいます。

その狭くなった器官に空気が通る事で粘膜が振動し、いびきとして周囲に雑音を響かせる事になるのです。いびきには危険な病気が隠れている事もあります。あまりにも大きないびきや呼吸が止まっているような症状を指摘された場合には、歯医者や睡眠を専門にしている病院へ言って検査する事が進められています。

 

 

 

 

Pick Up