自分の歯を守る

虫歯や歯周病の治療だけでなく虫歯にならないように予防するための正しい歯磨きの仕方を指導したり予防歯科にも積極的に取り組んでいる歯医者が西宮北口にもあります。 よい歯医者の特徴は予防歯科に力を入れていることがあげられます。 歯は削ったり抜いたりすると元に戻らないので長期的に考えるとできるだけ削らずに治療する方がため自分の歯を長く使うことができます。

歯を温存する治療を行い虫歯にならないよう指導したりフッ素を塗るなどの予防歯科を行っている歯医者は、患者の将来を考えて治療を行う良い歯医者であるといえます。 西宮北口の歯医者はフッ素の塗布やシーラントという奥歯の溝を埋めて虫歯になりにくくする治療を行っていて虫歯予防に最適な歯医者です。

西宮北口の歯医者は虫歯の深さを測定することのできる専用のレーザーなどの最新機器を導入していて、削って治療した方がいい虫歯か削らずに治療できる初期虫歯かを見分けて適切な治療を行っています。 他にもマイクロスコープや高圧蒸気滅菌器、超音波洗浄の機械などを導入して最新の治療を行っている歯医者が西宮北口にはたくさんあります。

できるだけ痛みを感じない治療を行っていて麻酔の注射に痛みを和らげるための表面麻酔や電動麻酔注射を利用することができます。 歯を失う原因は虫歯と歯周病で、歯周病の予防のためには歯の汚れである歯石を取り除くことが重要です。 歯石は歯ブラシでのブラッシングだけでは除去できないので、定期的に歯医者で取り除いてもらう必要があります。

 

オーラルケアとは

歯を磨く子どもたち

オーラルケアとは、口腔内を清潔に保つことによって健康な歯を維持することです。しかし、オーラルケアは未だ浸透しているものではありません。日本の30歳以上の約80パーセントが歯周病にかかっているといわれ、それにもかかわらずオーラルケアのために自発的に歯科にかかる人はわずか2パーセントに過ぎません。

オーラルケアのための受診は保険適用外であるため患者側の負担が大きく、どうしても患者数が減ってしまうとの懸念から歯科側も取り入れることを躊躇する傾向にあります。そのため、気軽にケアに取り組むという風潮が生まれにくく、さらにオーラルケアを実施する歯科が減っていくという悪循環にはまりつつあります。

しかし、口腔ケアは口の中だけの問題ではなく、将来的に全身の健康に影響を及ぼすことがわかっています。将来を見据えれば、今からケアに取り組むことが重要であるということを広く認知させる必要があるのです。

予防歯科、オーラルケアは様々な疾患の予防に繋がります。オーラルケアを広めることは、将来的な医療費の削減、働き続けられる高齢者人口の増加に直結しており、株式会社オーラルケアは、このように日本を支える大きな力となりうる新しい歯科医院への通い方を提唱しています。

この企業では、ミッション・約束、バリュー・価値、ビジョン・将来の可視化の3つを軸に、最新の予防歯科導入、実践をサポートするためのセミナーや講演会を数多く行っています。歯科先進国ともよばれるスウェーデンなど諸外国から招いた講師に学ぶ機会の提供や、スキル習得にシステムづくりと現状に沿ったサポートを行います。今後、この株式会社オーラルケアの活動によって少しずつオーラルケアが浸透していくことが期待されます。それは、日本という国の活性化に繋がっていくのです。

 

人工歯を固定

失った歯を補う治療法はいくつかありますが、今後はインプラント治療が主流になっていくことでしょう。なぜ、インプラント治療が主流になるのかというと、当然、優れた治療法だからであり、尚且つ、天然歯と同等レベルまで再現できるからです。

インプラント治療は、歯を失った場所に人工歯根を埋め込み、その人工歯根に人工歯を装着するという治療法になります。この構造は天然歯と非常に良く似ており、しかも、埋め込んだ人工歯は、しっかりと顎骨に固定されています。ですから、天然歯と同じ機能、そして感覚を取り戻すことができるのです。

他の治療法ですと、歯の外見は再現できても、噛むという歯の重要な機能は再現困難なのが現状です。従って、群を抜いてインプラント治療は優れた治療法であり、それ故、今後、主流になることが予想されるのです。

但し、インプラント治療は現在、大きな問題を抱えています。それは、治療費の問題です。インプラント治療に保険は適用されるのですが、保険適用範囲は極めて狭いものとなっており、ほとんどが保険適用外の治療として行われているのです。そのため、インプラント治療の治療費は平均すると1本あたり30万円程度となっています。この問題が解決されない限り、インプラント治療が広く普及することは難しいと言えるでしょう。

ただ、インプラント治療に保険適用が認められたのは、ごく最近のことです。つまり、最近になって、その価値が認められたということです。その事実を考えれば、今後、保険適用範囲が拡大することが予想されます。 現在、高額な治療費に対応する有効な方法は、医療費控除を受けることです。医療費控除を受ければ、税金の面で優遇されますので、実質、医療費の負担は軽減されることになります。

 

医療サービスの選択

北九州で矯正歯科が人気の理由として対応するクリニックや病院などの医療機関が多いことです。国公立の歯科大学や専門学校などの歯科の勉強がしやすい土台が整っているので元々歯科クリニックが多いので、矯正歯科が普及すると広がりやすいので人気があります。

そして、対応しているクリニックを探すための方法も地域の情報誌やサイトなどからでも手軽に情報が入手できるようになっています。 また、矯正歯科の治療が受けやすくなったのも人気の要因です。これまで矯正歯科は健康保険が適用されない自由診療のため、治療に掛かる費用は高額でしたが、治療方法によっては保険が適用されるので治療に掛かる費用を抑えることができるようになり、人気が広がりました。

北九州で矯正歯科に対応するクリニックや病院といった医療機関が今後さらに増えることが予測されます。 北九州には歯科クリニックが元々多かったのですが、最近は歯並びや歯の色など歯の見た目に気を使う方が増えたことにより、矯正歯科にも力を入れる医療期間が増えており、この傾向は続くと考えられます。

また、これまでは地域の情報誌やサイトでの情報入手が主でしたが、北九州でも矯正歯科の需要の高まりから矯正歯科などの歯科治療に関しての口コミサイトや比較サイトといった情報源の登場もあります。サイトには北九州にある医療機関が詳しく紹介され、実際に利用した方の口コミも治療方針や医師、衛生士の対応、費用などについて掲載され、参考にできることから需要が高まることが予測されます。

Pick Up