歯並びを治す

「歯」の重要性が言われる今日、とりわけ「歯並び」の善し悪しが問題とされてきました。「歯並び」は、噛み合わせにつながります。噛み合わせが悪いと、全身に様々な症状が現われます。頭痛や肩こり、腰痛、膝の痛みなど多くの病気の原因となります。「歯並び」は身体や心に影響を与え、生活全般に影響を与える場合もあるのです。 歯並びの重要性が言われる中、大人の「歯列矯正」が増えています。歯科医療技術の進歩から、目立たない治療法が確立されています。従来の金属の矯正装置だけでなく、透明やセラミック製のもので治療を行なうことができます。また、歯の裏側に矯正装置を取り付ける方法や、インプラントを用いて歯列矯正を行なう治療方法が開発されています。

では、歯列矯正を行なうためには、どの歯医者に通うことが必要なのでしょうか。通常、歯の治療を行なうならば「一般歯科」を受診します。「一般歯科」は、幅広い治療内容を行なうことができます。中には「歯列矯正」を行なう歯科医院もあります。かかりつけの歯医者が歯列矯正を行なうのであれば、相談するのも良いでしょう。また、「歯列矯正」だけを行なう「矯正歯科」もあります。矯正治療専門であるので症例が豊富で、困難な治療にも対応できます。治療前・後のフォロー体制がしっかりしているので、安心して治療を行なうことができます。 「審美歯科」でも歯列矯正治療が行なわれています。審美歯科では、見た目だけでなく歯並びや噛み合わせ等、口中のトータルバランスを考えた治療が行なわれています。

すきっ歯の解決

前歯に隙間があるという悩みを抱えている人がたまにいます。歯と歯の間に隙間ができていると、何となく間の抜けた印象になってしまいます。また、その隙間に食べ物が挟まってしまったり、滑舌が悪くなってしまったりすることもあります。歯が大きすぎる場合は削って小さくすることができますが、小さすぎる歯を大きくすることはできません。従来は、そのまま放置しておくか、歯を抜いて差し歯を入れる治療が行われるケースが大半でした。でも、現在では、審美歯科でラミネートベニア治療を受ける人が多くなってきています。ラミネートベニア治療というのは、歯の表面を薄く削り、そこにつけ爪のような薄いセラミックの切片を貼り付ける治療方法です。クラウンを被せる場合よりも歯を削る量を少なくすることができるため、多くの人が審美歯科でラミネートベニア治療を受けています。

審美歯科でラミネートベニア治療を受けると、歯と歯の隙間を確実になくすことができますし、ホワイトニング治療よりも歯を白くすることができます。治療を受けることによって自分の歯に自信を持つことができるようになりますので、人目を気にすることなく大口を開けて笑うことができるようになります。実際に、このラミネートベニア治療を受けたおかげで、性格まで明るくなってしまったという人もいます。とはいえ、審美歯科の治療費は全額自己負担することになっていますので、経済的に少々厳しいという人もいます。少しでも治療費を安く抑えたいと希望しているのであれば、オールセラミックではなくハイブリッドセラミックスを用いた治療を受けるようにするとよいでしょう。オールセラミックに比べると強度が若干劣りますが、治療費を安く抑えることができます。

痛みを感じない治療

歯科治療 女性

インプラントは義歯の一種です。従来の入れ歯やブリッジと呼ばれる方法に比べ、安定感があるほか、噛み合わせの不具合が少ないことでも人気です。このインプラント治療は外科手術を伴います。そのため、治療を検討する方の中には恐怖心を抱く方も少なくはないことでしょう。 このインプラント手術には歯科医院によって術式が異なる場合があります。術式によっては、歯肉の切開を一度に抑えることも可能です。もちろん、複数回歯肉を切開する術式でもメリットはありますし、口腔内の状態にあわせた歯科医師の判断の元術式は決定されます。 また、痛みに対する恐怖心が強い方は、麻酔に力をいれた歯会員を選ぶのも一つの方法です。中には、歯科専用麻酔医の力を借り施術してくれるところもあります。

インプラント費用は、歯科医院によって価格差が大きいのが現状です。審美歯科専門クリニックなどは高額になりがちですし、中には数万円という格安で治療を行うクリニックもあります。平均すると、35〜45万円程度が相場です。先述したように、より高度な麻酔技術を使用する場合や、最新機器を投入している歯科医院ではその分費用が上がる可能性もあります。 確かに治療を受ける上で費用は重要ですが、費用面だけで取り付くのは少々危険です。中には、保障が不十分であったり、術後の不具合報告もあります。歯科医師の技術やクリニックの方針など、総合的な情報から信頼できるクリニックか否かの判断が必要です。ホームページでは医師の経歴やこれまでの症例数に関する記載が確認できますので、まずは参考にしてみると良いでしょう。

子供のための歯科

子供が歯の痛みを訴えたら、多くの親御さんは「小児歯科」を探すことでしょう。今日では、多くの「小児歯科」の看板を目にすることが出来るようになり、それを頼りに歯科医師を選ぶ方が大半なのではないでしょうか。 我が国の制度の中では、歯科医師であれば、基本的にどの診療科目も治療内容として掲げることが出来ます。そのため、「一般歯科」と「小児歯科」の両方を診療科目としている歯科医院がたくさんあります。 このような歯科医院の場合、小児歯科の治療は可能であると言う意味で、小児専門の歯科医であるかどうかは分かりません。小児科があるように、歯科治療にも「小児歯科専門医」という専門の歯科医が治療にあたっている歯科医院もあるのです。 この「小児歯科専門医」であるか否かを判断するためには、専門学会のホームページジ等で確認することができます。これらを参考にして小児歯科を選ぶのも、1つの方法として参考にするのも良いでしょう。

子供の歯の治療は、大人の場合と異なります。子供の歯は乳歯が生え始める頃から、乳歯の完成時、また、乳歯と永久歯が混合する時期等、様々な局面での治療を必要とします。その時々で、ベストな治療を行なうことが必要な上、今後の生え変わり等の点も考慮に入れる必要があります。小児歯科専門医では、様々な技術や経験を基に治療を行い、「子供と親が安心して治療を受けられる」方法を提案するのです。 「歯」への意識が高まる今日、この傾向は幼児をもつ親子さんにもあてはまるようになってきました。意識の高まりと共に、専門的な治療を受けたいと望む方も増えています。専門医の数は全国的に不足していますが、治療を受けるために遠方から通院する親子も珍しくありません。子供の頃からのオーラルケアの重要性が認められる今日、専門家による治療を希望する方はより増えていくと考えられています。

美しく見せる

最近は、歯や、口の中を美しくするための治療があります。このような治療は審美歯科で行われます。審美歯科ではなく、一般的な歯科ではこのような治療はできないことも多いので注意が必要です。 審美歯科で行われる治療には、歯を白くするためにホワイトニング、歯並びを美しくするための歯列矯正、義歯でも快適に食べ物などを噛むことができ、自然な感じに見せることができるインプラント治療や自分の歯に近い色や質感の義歯の作成などがあります。 治療では、限りなく自然に、美しくするために、健康保険が適用されない素材なども多く使用されます。そのため審美歯科での治療は、その多くが自由診療となり、費用は全額自己負担になります。実際にかかる費用は歯科によって異なります。

審美歯科の治療は、費用もそれなりにかかりますし、長い間通院する場合もあります。ですから、通う審美歯科は慎重に選ぶことが大事です。 選び方のポイントとしては、いろいろな人から評判を聞く方法などがあります。そして、実際に診察を受けた時に、治療方法や料金について、丁寧に説明してくれるかどうかなどもチェックするとよいポイントです。また、ホワイトニング、インプラントといったように、自分が受ける治療の症例数が多いかどうか、設備は整っているかなども調べてみると参考にすることができます。 審美歯科の治療は自由診療が多いのですが、医療費控除が適用できるケースもあります。医療費控除が適用できるかどうかは、事前に医師に相談するようにします。

Pick Up