綺麗な歯並びに

歯並びが美しいと笑顔がより一層きれいに可愛く見えます。歯並びが悪いと口元の印象が悪くなってしまうだけでなく、身体に悪影響を与えてしまいます。特に噛み合せが悪いと、顎関節症になったりかみ合わせが偏る事によって頭痛や肩こりの原因となります。噛み合せを正しい物にする事によって、この様な不調を改善する事が出来る場合があります。矯正歯科では自分の噛み合せがきちんとしているか、審美的に歯を矯正するに値するかを診察・カウンセリングをしてくれます。審美的な物は本人の価値観などによりますが、かみ合わせは検査を受ければ治療をするべき箇所を知る事が出来ます。歯に悩みやコンプレックスを持っている人は矯正歯科で解決できる事が多いと思います。

今は大人になってから矯正歯科を訪れて歯の矯正に取り組む人が大変増えてきています。歯並びが良い事は社会人として働くことで多いにプラスになります。就職活動に有利になると考えて学生の間に歯並びを綺麗に治す人もいます。また結婚式の前に矯正歯科を訪れて美しい歯にする事を望まれる方もいます。歯を矯正すると顔の印象がかなり変わります。顔の下半身と言われる口元が上品であると顔全体に上品さが増します。目元を化粧品で着飾っても歯並びの美しい白い歯には敵わないと考えます。これから先も歯並びを矯正する事は子供から大人まで多くの人が関心を持ち治療する事となると思います。数年の治療で一生美しい歯並びを手に入れられるなら価値のある事だと考えます。

治療の費用

「矯正歯科」で治療を受けたいと考えている方の中には、他の歯科治療に比べて高額な費用が必要になるため、治療を断念する方が多くいます。確かに、矯正歯科での歯列矯正は、高額な費用と長期にわたる治療が必要になります。  費用や期間は、1人1人によって異なります。児童の矯正治療は、比較的短期間で済みます。大人の方の場合は、「顎」の成長を利用することが出来ないため、治療が長期に渡ります。  「歯並び」の重要性が認められ、多くの方が矯正治療の必要性を認めるようになり、治療現場も変化してきました。「歯並び」を治したいと考える方が増えている今日、多くの矯正歯科では治療費の支払い方法を「分割」や「クレジットカード払い」を取り入れるようになっています。治療を受ける側の予算の計画が立てやすくなり、多くの方が矯正治療を受けられるようなシステムが取り入れられています。

では、「矯正歯科」での治療は、いくら必要になるのでしょうか。一般的に「矯正治療」は、保険が適応されない「自由診療に」なります。そのため、治療費が高額になるのです。「自由診療」では、各歯科医院で費用を決めることが出来ます。そのため、治療費に価格幅があります。  多くの「矯正歯科」では、矯正治療費として、60万円から100万円前後を必要としています。その他にも、毎回の矯正装置の調整料に2000円から5000円前後必要になります。総額でどれくらいの治療費が必要になるかは、初診時の時に判断することができます。安心して治療を受けるためにも、初診時に確認することが大切です。  また、矯正治療には「医療費控除」が適用される場合があります。確定申告を行なえば、納めた税金の一部が戻ってきます。このような制度も利用することで、矯正歯科治療の負担を軽減することができます。

痛みの無い治療

歯医者

インプラント治療は、普通は患部にある歯肉を切り剥離させてそこにインプラントを取り付ける方法をとっています。それを聞いただけで、痛そうで怖いという恐怖心を持つ方もいることでしょう。そこで最近注目されてきている、無痛治療について紹介していきたいと思います。 この治療では歯肉を切らない方法をとっています。手術前に事前にどの位置にインプラントを埋め込むのかのシュミレーションを行い、確認することでほぼ歯肉を切ることなく手術ができるというものです。 このメリットとしては、ほぼ歯肉を切ることがないので手術が終わったあとの腫れであったり出血、痛みがかなり軽減されることです。 しかし、この治療法ができるのは他に重度の疾患がないことや患部にある歯肉が十分にあることが条件になってきます。

一般的にインプラント治療では、全身麻酔ではなく局所麻酔を使い行われます。手術する所にとても細い注射で麻酔薬を注入します。これは普通の虫歯の治療でも使われるものです。 しかし、どうしても少しでも痛いのは怖いという方には静脈内沈静法というものがあります。これは点滴で鎮静剤を投与しながら手術を行うもので、効果的には全身麻酔に近いものがあります。これによって、術中における恐怖心や不安を取り除くことができます。きちんと、血圧や呼吸などを監視した状態で行われるのでその点でも安心です。 その他にも笑気ガス鎮静法というものがあります。これは手術前に低濃度の笑気ガスを吸うことで、恐怖感がなくなり手術に臨めるというものです。 普通の麻酔とは違い麻酔効果が切れるのが早いのが特徴です。

事前に注意する

誰しも芸能人やモデルのような美しく整った歯に憧れを抱くものです。笑顔が美しくなるだけでなく、清潔感や品性まで感じさせてくれ社会生活上様々なメリットがもたらされるのは言うまでもありません。八重歯や出っ歯でコンプレックスを抱え悩んでいるのであれば矯正歯科治療の門を叩くべきだと言えるでしょう。しかし矯正歯科治療を受けるうえで注意しなければいけないことがあります。それは歯並びを綺麗にするためには歯の表面などに装置を長年装着する必要があり、そのことで虫歯リスクが高まることを良く知り、注意しなければいけないのです。その為歯科矯正治療に入ったら、今までよりもなお一層歯のお手入れを徹底させなければいけないのです。

自分で歯磨きするほか、マウスウォッシュを用いたり、フロス等を用いて歯や装置に詰まった食べかすを綺麗に掻きだすように努めなければいけません。また出来るだけヘッドの小さな歯ブラシを購入し、一か所を小まめに多角的方向から歯や装置を徹底して磨くようにすることが重要です。しかしそれでも歯科矯正していると自分だけのお手入れでは不十分であり、頻繁に歯科クリニックを訪れ歯石をとったり、洗浄やフッ素の添付をしてもらうことが大事です。また虫歯が出来やすくなるので、虫歯治療も矯正歯科治療と同時進行で行ってもらえるような歯科クリニックを選ぶことも大事です。また矯正歯科クリニックは完全予約制のことが多いものですが装置の不具合や外れた際に予約に関係なく臨機応変に対応してくれるクリニックを選ぶべきなのです。

医院選びについて

様々な治療方法がある歯科ですが、虫歯の予防対策と美容目的の診療が存在するため、どの目的で医院を選ぶのか知っておくと得できます。虫歯の予防対策では一般歯科を利用しますが、進行する虫歯の治療と発生を抑制するための対策を行う事で、満足いく治療を受ける事ができます。美容目的の治療は矯正歯科を利用しますが、歯並びを綺麗にするための治療であるため、保険適用外となり高額になります。 これらの歯科を使い分ける事で、毎日を快適に過ごす事ができるため、治療の目的や将来の事を考え、治療の使い分けを行うのが有効です。悩みや不安は気軽に相談できるため、電話や窓口を利用し悩みを打ち明ける事で、長年の悩みから解放される事もあります。

虫歯は無いのに何だか歯が痛い、歯周病や歯肉炎でもないのに歯茎がはれている、こんな症状が見られる場合は口腔歯科を受診します。歯の痛みや歯茎の炎症は、全てが虫歯や炎症が原因により引き起こるものではないためです。歯科医師による考察をもとに治療方針が伝えられますが、中には上下歯の噛み合わせが原因というケースがあります。 噛み合わせが原因の場合は口腔歯科で専門医による治療を受ける事になるため、設備が揃った医院を受診する必要があります。顎の位置バランスと歯の状態を同時に見ていく必要があるため、長期的な治療となりますが、確実に体の不調を改善する事ができます。改善する事で長年悩まされた肩こりや腰痛、頭痛や歯ぎしり、いびきや鼻詰まりが無くなるため、早期対処が必要となります。

Pick Up