目指すこと

歯医者さんの目からは、歯の治療には二つの側面があります。咀嚼などの機能的な面の修復・維持に関わるものと、歯の白さなどの美的な面の維持・向上に関わるものです。これまでは、主に機能的な面についての治療が重視されてきました。健康保険の適用もこちらに偏りがちでした。

しかし現代は、歯や口元の美しさを気にかける人達も増えています。この歯の美的な面に着目して、ニーズに応えようとするのが審美歯科です。だからといって、審美歯科で機能的な面の治療が疎かにされるわけではありません。各年代や性別などそれぞれの個性に対応した歯の美しさと、健全な食生活を送るには欠かせない歯の機能を維持するための治療。両者のトータルケアを目指すのが審美歯科の特徴といえるでしょう。

審美歯科には、大きく分けて5つの治療メニューがあります。1つ目はホワイトニング、2つ目はオールセラミッククラウン、3つ目はラミネートベニア、4つ目はメタルボンド、5つ目はクリーニングです。1は、コーヒーやお茶などによる着色を歯を削らずに落とすものです。専用の薬剤を使い少しずつ白くしていきます。歯科医院で行うものと家庭で行えるものがあります。2ですが、歯を大きく削ったあとに被せるものをクラウンといいますが、その材質が全てセラミックで出来ているもののことです。プラスチック製のものと比べて自然の歯に近い美しさが出せます。3は、前歯に使います。歯の表面を少し削って薄いセラミックを貼り付けるものです。ホワイトニングの効果が出にくい場合などに使います。4は、2と同じクラウンの一種ですが、金属のフレームにセラミックを焼き付けているところが違います。オールセラミックより美しさは劣りますが、コストダウンされているので予算によっては選択肢となります。5は、ブラッシングでは落としきれない歯の汚れを、医師や歯科衛生士が丁寧に清掃してくれるものです。

 

歯をきれいにする

歯科医療は、人間には欠かすことのできない「食」につながる大切な医療分野です。人間は生きていくために、食物を摂取して栄養をとり生きています。その時に必要となるのが「歯」です。この歯があることにより食物をかみ砕くことが可能となるのです。細かく砕かれた食物は、身体の中に取り込まれ消化されていくのです。

この歯が虫歯や痛みがあると食物を噛み砕いたり摂取する事が、困難となります。そうならないためにも歯の異常を感じた時には、歯科医を受診しておく事が必要となります。 歯科医療の分野には、美容に関する分野もあります。歯科医においても歯の「ホワイトニング」や「再生させる医療」もあるのです。 再生させる医療とは、「インプラント」や「入れ歯」などです。

歯科医療では、健康保険が適用されるものと適用されない治療があります。適用されないともなると、もちろん全額自己負担となるので、どうしても高額の費用がかかってしまいます。これらは、金額により医療控除を受ける事が出来ます。

保険適用される治療の代表として虫歯などの軽微な治療では、治療費も一般的な価格で3000円前後となりますが、インプラントともなると、保険が適用されないために十万円単位の治療費がかかります。 インプラントでは、上部の構造の料金は使用される素材により金額が異なりますので、実際に施術する際には、医師と予算とをよく考えておく必要があります。 また、「ホワイトニング」は、即効性のある治療は価格が高く、時間のかかるものは、一般的に費用が安いという傾向があります。

 

自分に合った所で

横浜歯科に通っている方のお話を聞くと、とても親切な医者がいる病院があると評判です。看護師の方や医者の方など丁寧な方が多いクリニックだと安心して通うことができます。中には態度も悪く腹の立つぐらいの対応のクリニックもありますが、選び方を工夫することで、親切なクリニックを見つけることができます。歯医者も数多くの場所がありますが自身にあった歯医者にいくべきです。口コミなどよく聞いてからいき、自身にあうかどうか判断して最終的に通うか決めましょう。きちんと見つけられるよう、行く前から下調べをしていきましょう。ちゃんとしたところに行かないと自分のことなので後悔することになります。

横浜歯科では、医者も特に問題なく診察をしてくれて、ホワイトニングがどういう意味か聞いたら丁寧に説明してくれたという口コミもあるほどです。また、横浜歯科の中にはホワイトニングにもコースなどがあって、選べるようになっています。そして診察予約もスムーズだと評判です。地元でも評判がいいみたいで、通っている人も多いみたいです。歯医者といっても色々ありますが自身にあったところに行くべきです。人の評判を聞いてから行くようにしましょう。

 

インプラントをする

最近では、インプラント治療を行う歯科クリニックが増えています。それだけインプラント治療の需要が高いということですが、インプラント治療にかかる治療費は、とても高額になることでも知られています。 これは、この治療法が健康保険の適用外になってしまうためで、歯科クリニックの自由判断で料金設定ができるためです。

また、インプラント治療には専用の設備や器具等が必要になり、さらに、治療に用いる人工歯根等の材料も高価なことから、どうしても治療費が高くなってしまうのです。 ただし、高額医療控除の対象になっていますから、インプラント治療に用いた治療費や、交通費のレシート等は申告時まで大切に保管しておくようにしましょう。

インプラント治療は決して簡単な施術ではありません。やはり、歯科医師の技術や経験が不可欠なのです。実際にこの治療法によるトラブルも毎年発生しているのです。特に多いトラブルとしては、取り付けたインプラントがすぐに外れてしまったというものです。これは、やはり歯科医師の治療ミスと言わざるを得ません。ですから、失敗しないためにも歯科クリニックは十分に検討して選ぶ必要があるのです。

そこで、歯科クリニックの選び方についておススメなのが、インターネットを使った方法です。インターネットを検索すれば、歯科クリニックのホームページや歯科医師が書いているブログを見つけることができるはずです。そして、これらを読めば、信頼できる歯科医師かどうか判断できるはずです。

 

歯科で矯正

歯並びをなおす矯正歯科が注目されています。八重歯などが持てはやされた時代もありましたが、健康面や見た目などの理由から矯正を受ける人が増えつつあります。 さて、この矯正を始めるのは早ければ早いほどよい、というのが一般的です。それは、顎の成長に伴い、より治療が難しくなるからです。その分、治療期間も長くなり、費用もかさみますので、身体的・経済的負担も大きくなります。

また、歯並びの悪さは見た目や、歯垢がたまりやすくなるといった口腔衛生の問題だけではありません。発音が悪くなってコンプレックスとなったり、噛み合わせに影響し、身体に不調が出たりします。こうなりますと、様々な観点から成長によくないです。矯正は、必要と思ったらすぐに歯科医に相談した方がよいでしょう。

矯正歯科で使う器具といって思い浮かべるのは、金属製のブレースでしょう。歯に固定された、ワイヤーを見たことがある人も多いのではないでしょうか。目立つために、これで矯正を敬遠してしまう人もいます。 こうした悩みを解決するために、外見に影響しない器具が出てきました。代表的なのは、白や透明色のものです。歯の色にとけこむため、従来のものより目立たないのが特徴となっています。 また、歯の裏側に取り付けるものもあります。こちらは、外からは器具をつけていることすらわかりませんので、より抵抗なく治療を受けることができます。

裏側を使った矯正は、虫歯の可能性も低く、衛生的です。 この他違和感なく治療を続けられる、マウスピース型のものなどもあります。費用はそれぞれ違いますので、歯科医と相談しながら、自分にあった方法を選びましょう。

 

予防をする

歯を磨く子ども

歯科クリニックは、例えば虫歯になった、歯周病が気になるなど何かしらの症状が、現れてから行くのが一般的でした。 しかし、最近はより歯の健康をキープする為に、問題が起こってからではなく、予防の為に歯科クリニックを訪れる方が増えています。

予防歯科の種類は色々とありますが、今注目を集めているのが「PMTC」という治療です。 PMTCは歯磨きでは落とせなかった、歯に付着した汚れなどを落とす、クリーン具治療となっています。 このPMTCを受ける事で、歯石がつきにくくなり歯周病予防に効果的です。 また虫歯の予防にも有効と言われています。 PMTCにかかる費用ですが、30分あたりで約3000円から5000円程が、相場となっています。

歯科クリニックでは、様々な治療が行われています。 その中でも、今話題となっているのが「PMTC」です。 PMTCは歯周ポケットなどに、残っている汚れや細菌を取り除き、歯のトラブルを未然に防ぐ効果があります。 「毎日、しっかり歯磨きをしているから必要無い」と、感じる方もいるかもしれませんが、歯磨きではどうしても落とし切れない、汚れなどは出てきてしまいます。 その汚れをそのまま放置してしまうと、歯石となり歯周病の原因となってしまうのです。

また細菌が増えやすくなる為、虫歯も出来やすくなります。 今まで、歯周病や虫歯になってから、治療を行うというケースが大半でした。 しかし、何等かのトラブルが起こってから、治療をしても改善するまでに、時間がかかってしまいます。 PMTCは事前に、このようなトラブルを予防する効果がある為、歯に対して意識が高い方が、多く施術を受けています。

Pick Up