歯の矯正方法

悩む人

歯並びが悪いと、笑顔に自信が持てないなど、自分の容姿にコンプレックスを感じてしまいがちです。また、それだけではなく歯並びが悪いと、歯は歯茎の隙間にプラークが溜まりやすく、歯周病の原因にもなってしまいます。ですので、そのまま放置するのではなく、矯正歯科で治療する事が精神面でも、健康面でも大切です。

矯正歯科は出っ歯や、乱ぐい歯、受け口など噛み合わせが悪い状態を、改善する治療の総称となっています。様々な治療法がありますが、現在矯正治療ではより器具や装置が、目立たない方法を行う歯科医院が増えているようです。ワイヤーなどが白や透明、また歯の裏側から矯正する矯正歯科は、大人に選ばれている治療法となっています。

歯並びの悪さに、コンプレックスを感じている方は、少なくありません。歯の矯正は子供が行う治療という、イメージがありますが、最近は治療法が多様になった事もあり、大人でも治療を受ける方が増えています。歯並びを改善する矯正歯科は、一般の歯科医院でも受ける事は可能です。

しかし、矯正歯科を専門としていない、一般の歯科医院の場合、治療法が限られているケースも、少なくありません。社会人の場合、目立つ矯正に抵抗を感じる方も多い為、ワイヤーが目立たない治療や、歯の裏側からの施術を行う治療を希望する場合、矯正専門の歯科医院でまずは相談してみましょう。矯正専門の歯科医院は、様々な治療法を準備している事がほとんどです。ですので、働いている方でも自分に合った治療法を、選択しやすいでしょう。

 

時間も把握

歯並びの悪さに悩んでいませんか。歯並びが悪いと人と話をしていても自分の口元が気になって、大きく口をあけて笑う事をためらうことがあります。また、噛み合わせが悪いと顔の骨格が歪んでしまったり、鏡に映る自分の顔が左右の非対称になっていることに気づく人もいます。矯正歯科ではそんな悩みを解消するために、歯列矯正を施します。

矯正歯科での治療には、時間と費用が掛かります。子供より大人のほうが歯列矯正に時間が掛かると誤解している人もいるかもしれません。成長途中の子供の場合5年以上も掛かることがあり、大人の場合で2年から3年の年月が必要となります。子供の矯正は、大人になってからコンプレックスにならないよう両親から勧めることもありますが、矯正歯科へ通う根気が必要な旨を良く相談しましょう。

矯正歯科では、ブラケットとワイヤーを装着して矯正します。歯の前面からワイヤーで収縮するように締めるために、見た目の悩みと痛みの悩みがあります。ワイヤー装着後、しばらくは噛み合わせの時に痛みを生じることがあり、特に食事の際の悩みが人によって多くなります。咀嚼するときの違和感や痛みは一週間を過ぎるとだんだん和らいでいきます。

最近では技術が向上し、ワイヤー痛を減少させる矯正治療が可能になりました。治療期間や通院数が短縮できる矯正器具が開発されています。また、矯正中の見た目の悩みを解消させる、裏側矯正ができるようになりました。従来歯の表側から留めていたワイヤーを歯の裏側に装着させ、歯並びを目立たせないで生活することができます。

 

歯医者選び

歯医者での虫歯治療の治療費を少しでも安くしたいなら保険を適用する治療費が少しだけ安くなります。軽度の虫歯治療の場合ですと保険を適用しないで治療を受けると治療費が最高で五万円にまでなってしまいますが保険を適用して治療を受ければ治療費は最高で三千円程度に抑えることが出来ます。 歯医者での虫歯治療を少しでもお得に利用するには保険を適用することが大切になってきます。

また、歯医者で快適に治療を受けたいなら痛くない治療を行ってくれる歯医者に行くことです。現在では歯医者が怖い人のために痛みを感じさせない様にして治療をしてくれる歯医者が多く存在しています。ですので、歯医者がという人は快適に治療を受けるためにも痛くない治療を行ってくれる歯医者に行くようにしましょう。

歯医者での治療の平均的な価格の相場はそれぞれの歯医者での治療方法にもよって異なってきますし、虫歯の本数や虫歯の進行具合でも大分異なってきます。虫歯が多いとそれなりに治療費も高くなりますし、虫歯が少ないと治療費も安くなります。また、保険を適用することによって治療費が安くなりますが治療方法の中には保険を適用することが出来ない治療もあるので治療してもらう前に予あらかじめ確認するようにしましょう。

歯医者で虫歯を治す際のだいたいの平均価格の目安として虫歯がまだあまり進行していないことを仮定すると歯医者での治療費の価格は約2000円から5000円前後になります。虫歯の進行具合が酷いとこの平均価格よりもさらに上回る平均価格となるので虫歯の進行が進んでしまう前になるべく早く虫歯を治すようにしましょう。

 

治療のトレンド

歯科治療の器具

虫歯治療といえば、あのいやなドリル音です。ガリガリ削られ痛い思いをして歯医者からすっかり足が遠のいている方も多いと思いますが、最近の治療のトレンドは無痛治療になってきています。 無痛治療を行う歯医者ではどのように施術を行うのでしょうか。

まず患者と歯医者のあいだでしっかりとしたインフォームドコンセプトをとり、治療に対する不安感をなくします。そして麻酔注射、ジェルでしっかり痛みを抑えます。それが持病で行えない場合は笑気ガス(医療用ガス)などでリラックスさせて鎮痛効果をねらいます。 また痛い場合に患者に手を挙げるなど合図をしてもらいながら施術をおこない痛みの軽減をはかります。歯医者に対する恐怖心を減らし、虫歯の早期発見ができればより痛みの少ない治療をすることもできます。

ネットなどで無痛治療を行っている歯科医をみつけて虫歯の時以外も定期的に通い早期発見早期治療を心がけましょう。

歯医者は街中に溢れているような状態です。 今は歯医者も飽和状態にあるので、自分に合うところを探して定期的に受診をしたほうが良いのです。 何かあってからでは遅いですし、意外と初期症状に気付かないということもあるので、早期発見をして治療を行っていくことにより、痛みも緩和されますし、治療に掛かる時間も短縮させることが出来ます。

歯医者を利用する際には、クチコミサイトを利用して評判をチェックしてみると良いですし、参考になることも多いのです。また最近では矯正や審美など専門的な分野の歯医者も多くなってきているので、色々選択をしながら通い分けるという方法もあるのです。 実際にカウンセリングを受けてから通うところを決めるのも良いです。

 

選び方のポイント

現在、全国の歯科医院は6万件以上あり、コンビニよりもその数が多いです。歯科医院にも、患者の歯の健康を第1優先にする良心的な歯科医が経営しているクリニックもあれば、利益を優先して、雑な診療を行う質の悪い歯科医も存在しています。そのため、新しい歯科医院を探すときは、事前に歯科医の技術や性格について確認しておいたほうがよいです。

1回の治療にかかる時間が短い場合、担当した歯科医の技術が高いと判断することがよくありますが、治療の時間の短さではその歯科医の腕のよさは判断できません。本当に技術が優れているため、診察や治療が早いこともありますが、なかには1日に診察できる患者数を増やすことで利益をあげるために雑に治療している場合もあるからです。

逆に、丁寧に診察をするために時間がかかることもあります。 次に、診察するときに患者に対して、治療の方針や仕方について十分な説明を行っているかどうかも大事なチェックポイントになります。良心的な歯科医ほど、治療について丁寧に説明してくれるからです。

虫歯が出来てしまうと痛みを感じたりして食事も出来なかったり、夜中に歯が痛み出して眠れなかったりしてしまいます。虫歯を治すためには必ず歯科に行って虫歯を治してもらう必要があります。虫歯は自然に治ることもなければ薬などで治ることもありませんので、虫歯が出来てしまった人は必ず歯科に行って虫歯を治してもらうことになります。

歯科での治療技術が進化している現在は昔とは違って痛みを感じない治療というのが可能になっています。痛みを感じない治療は無痛治療といって治療中の痛みを感じることがないので歯医者が怖い人でも安心して治療を受けられる治療になっています。 歯科での治療が怖いという人でも現在は無痛治療という治療があるので歯医者が怖いという人には特に最適な治療で安心して治療を受けることが出来ます。

 

矯正歯科のこれから

矯正歯科は今までは審美的な意味合いが強いと感じている人が多かったのですが、健康にも直接的に影響があると認知されてきています。要するに歯並びが悪いと髪合わせが悪いわけです。そうなりますとどうしても胃腸への負担が大きくなります。それを避けるため、防ぐために矯正歯科に通っている人もいます。

もちろん、今までの認識通り、見た目的な問題で矯正歯科に通っている人もいますから、一概にはいえないのです。それでも矯正歯科は自己負担であることには違いないのです。何しろ、病気ではないので、保険が適用されないのです。 これが大きなハードルであり、審美的な問題でやっていると思われている理由の一つでもあります。保険が適用されないから、病気ではないと思われており、体への意味もないと勘違いする人がいるのです。

矯正歯科で歯並びを治すために矯正器具を取り付けてもらう場合、銀色の矯正器具が目立ってしまってその目立つ矯正器具が嫌で歯並びが悪くても矯正歯科で歯並びを治すことをためらってしまう人がいます。 最近の矯正歯科では歯並び矯正をしていることが目立たない矯正器具を取り付けてもらうことが出来ます。歯の裏側に取り付ける矯正器具だったり、歯と同じ色をした矯正器具などいろいろな矯正器具を取り付けてることが一目見ただけではわからない矯正器具が増えてきています。

今現在でも歯の矯正器具を取り付けていることがわからない矯正器具が増えてきているので今後もさらに歯の矯正をしていることがわからない矯正器具が増えていくと予測することが出来ます。 目立たない矯正器具は普通の矯正器具とは違って少しお金もかかりますが今後何年後かしていくうちに矯正歯科で取り付けてもらう矯正器具は歯の矯正をしていることがわからない矯正器具が一般的になる時代がくるかもしれません。

Pick Up