インプラント

人気がある治療

インプラント治療の今後について

インプラント治療とは、歯茎を切って顎の骨にインプラントと呼ばれる根を植え込み、義歯をつける治療方法です。近年、社会全体の高齢化、長寿化が進んでいます。そのため、年をとっても物をしっかりと噛んで食べられるようになりたいと願う人が増加しています。インプラントによって、自然な噛み心地を得られるため、治療を求める患者の数は、年々増加傾向にあります。

しかし、インプラント治療は全ての人が成功するわけではありません。人によって症状や状態は異なるため、条件が悪ければ失敗、あるいはインプラントを諦めざるをえない人もいます。今後のインプラント治療では、このような悪条件とされる場合でも、成功率を高めることがポイントとなってきます。

手術後の注意点について

インプラント治療では、手術後、歯茎が治るまでの間に、歯茎から異物が入り込んで炎症を起こしてしまうことがあります。このようにならないために、インプラントを埋め込む手術をした後で注意しなければならないことがあります。まずは、舌や指などで手術した箇所を触らないようにすることです。傷口を気にするあまり、触ってしまうと炎症を起こしたり、インプラントに負荷がかかってしまうので注意しましょう。

そして、処方された内服薬は医師の指示通りに服用するようにしましょう。抗生剤は、指示通りに服用しないと効き目がありません。服用によって、下痢や発疹、喘息などの症状が出た場合は、すぐに担当医に連絡し、服用について相談しましょう。

 

インプラントを利用

インプラント治療を受ける患者が増えていますが、今でもインプラント治療は熟練を必要とする施術です。

元々インプラントとは、体の中に移植される医療器具の総称で、歯科医療に限った言葉ではないのです。しかし今では、インプラントと言えば、デンタルクリニックで移植される医療器具という意味で使われることが多くなってきました。 この場合のインプラントは、どこに移植するのかと言うと、歯が生えている歯槽骨に移植するのです。 そしてこの場合、歯槽骨に十分な骨実質がないと、インプラントが外れてしまう原因になるのです。ですから、移植する前に骨移植や骨の造成術が必要になり、この施術には歯科医師の治療経験と技術力が必要になるのです。

 

インプラント治療を安心して受けるために必要なことは、腕の良いデンタルクリニックを探すことです。 そのためには、インターネットの口コミ情報サイトにアクセスして、いろいろなデンタルクリニックの情報を取集してみましょう。口コミ情報サイトの中には、デンタルクリニックの治療実績から治療に必要な料金に至るまで、事細かに表示されていますから、デンタルクリニックを探す時には大変役立つはずです。

また、インプラント治療を受けたことがある、元患者の方々が寄せた口コミ情報を読めば、デンタルクリニックの評判も分かってきます。 後は、通いやすさ等も考慮しながら、自分でデンタルクリニックを決めることになります。また、不明な点については、デンタルクリニックに直接問い合わせてみると良いでしょう。

 

体力と厚さ

インプラント手術の基本的な流れ

インプラント手術をするには、最初にインプラントを埋め込むだけの骨の厚さがあるかどうかをチェックをする必要があります。あごの骨の厚さが不十分な場合は、骨を作り出す装置を使って骨の量を増やすこともできます。 また、インプラントを埋め込むには外科手術が必要なので、外科手術に耐えられるだけの体力がないと手術ができないこともあります。

手術をする前には、埋め込むインプラントの種類を決めます。手術ではまず局部麻酔をしてから歯茎を切開し、あごの骨にドリルを使って穴を開けていきます。そしてそこにインプラントを埋め込みます。 3ヵ月〜半年ほどしてインプラントとあごの骨が癒着したらその上からセラミックなどの人工歯を被せて完成です。

入れ歯との大きな違い

インプラントは入れ歯のように金具で一時的に固定するのとは違い、一度あごの骨に埋め込んでしまえばずっとそのままなので、まるで自分の歯のように使用できます。入れ歯は安定性にかける上に固い食べ物が噛みづらいことがありますが、インプラントは天然の歯のようにしっかり食べ物を噛めるので、よく味わって食べることが出来ます。

また、入れ歯は専用の薬剤を使用しての毎日のメンテナンスが大変ですが、インプラントは普通の歯のように食後にブラッシングをするだけでOKです。 このように入れ歯のデメリットをすべてカバーしてくれるのが歯科インプラントです。生まれた時からある自分の歯のように使用でき、見た目も自然なものになります。

 

歯の治療方法

歯を失うことで見た目の問題以外にも、正しく発音が出来ずにきちんと話せなくなってしまったり、食べ物をしっかり噛めなくなり胃腸に負担がかかり胃腸の疾患を招いてしまうこともあります。 このようなことから、歯は健康で快適な生活をおくる上で非常に重要な役割を果たしています。

それでは歯を失ってしまった場合の治療方法についてみていきます。 主な治療方法は「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3種類になります。 入れ歯は昔からある最も一般的な治療になります。入れ歯は保険適応が可能な場合もあり、比較的安価で治療が出来るうえ健康な歯を削ることがなく治療が出来ますが、見た目の問題や、固いものが噛みにくかったり発音に問題が出る場合があります。

 

ブリッジは固定式ですので違和感ない着け心地ですが、健康な歯を削ったり発音に問題が生じる場合があります。 最後にインプラントによる治療です。このインプラントによる治療が近年最も人気の治療方法となっています。 インプラントは天然の歯に近い仕上がりで、天然の歯と同じような噛み心地を味わえ、健康な歯を一切削らずに治療が行えます。 したがってインプラントによる治療は、入れ歯やブリッジのデメリットをカバーした現在の歯を失った場合の治療方法として最もレベルの高い治療法と言えます。

インプラントの治療方法ですが、基本的には2回に分けて治療を行います。平均的な治療期間は3ヶ月〜10ヶ月となっており、治療費の相場は32万円となっています。

 

検査を行なう

プロフェッショナルケア

歯を健康に保つためには個人によるセルフケアも大事ですが、プロの歯科医による検診、いわゆるプロフェッショナルケアも必要になります。 歯医者では一度でも来院した患者には定期歯科検診を勧めるケースが多いです。その理由は、定期的に検診を受ける事で虫歯が出来る確率を大幅に減らしてくれるからです。

定期歯科検診では、虫歯の有無やその進行段階、歯肉、歯茎の腫れ、歯周ポケットの有無、歯並び、あごの関節など細かな所までチェックします。歯と歯の間の汚れや歯と歯茎の境目の状態など、セルフケアでは見落としがちなポイントもしっかりチェックします。口腔内の状態は個人差があるので、その人に合った保健指導や予防処置が採られるのです。

定期検診は虫歯の早期発見が可能

定期歯科検診の1回あたりの料金は歯医者ごとに若干の差はありますが、だいたい2000円前後が相場と言えるでしょう。所要時間は20分から30分くらいが一般的です。 専門の機械を用いて歯垢、歯石の除去を行います。これは口の中に留まっている細菌の量を減少させて虫歯や歯周病を事前に予防するためです。日々の歯磨きではどうしても磨き残しが生じる部分があるため、このようなケアが必要になるのです。

定期的に検診を受けていれば、万が一虫歯が見つかったとしても、初期虫歯である場合が多いのでその治療は早く済みます。当然の事ながら、耐えがたい痛みに苦悶することもありません。被害は少なくて済むのです。 虫歯は早期発見が治療のカギであり、それを可能にするのが定期歯科検診なのです。

Pick Up