自然な仕上がり

綺麗な歯

セラミックは、歯の白さを保持します。そして、ずっと装着したままでいても変色しません。勿論、あまりにも長時間装着し続けた場合に、多少の落ち込み模様が見られる場合はあるかもしれません。けれども、常識レベルでしたらキレイなままです。衛生的で、虫歯を再発させる可能性は殆どありません。

歯肉に、セラミックの色素が移ってしまう事も殆どありません。審美歯科に於いて施術がなされるセラミックは、最近になるまで、それ程までにはメジャーでありませんでした。けれども、テレビやインターネット上で女優さん達が醸し出す美しさの内に、セラミックの歯が出現しました。女優さん達は(男優さん達も勿論)、白くてピカピカの歯を維持しています。セラミックによるピカピカも、数多く見られます。そして、セラミックは一般の人々にとっても、日常的になりつつあります。

審美歯科は、虫歯や歯周病等の治療のみならず「口腔内のトータルケア」を志します。ツルツルでピカピカの歯や歯並びは、芸能人だけではなく、一般の人々にとっての憧れでもあります。勿論、歯の白さや歯並びだけではなく、口腔内全体のバランスが考慮されるので、健康的でチャーミングな笑顔が手に入ります。

審美歯科の施術によって、笑顔に対しての自身までも取得が可能な訳です。健康的でチャーミングな笑顔は、人を惹き付けます。「素敵な歯だな。」と思って貰えれば、自身のイメージアップに繋がります。例えば、営業の仕事をしている人にとってのイメージアップは、収入アップにも繋がります。サービス業に於いては、信頼アップに繋がります。人間性が非常に重視される現代社会ですから、審美歯科の「口腔内全体のトータルケア」を必要とする人数は、増加の意図をたどります。

仕上がりに満足

審美歯科があるクリニックでは黄ばんだ歯を白くしたり、金色の詰め物を白いレジンに変えたりといった治療ができます。審美歯科は美容目的で行う治療のため、ほとんどの治療は自由診療になります。そのため医療費が高くなることもありますが、上手にクリニックを選ぶことで相場よりも安く治療を受けられることもあります。

歯科クリニックを選ぶ場合は料金の手ごろさもさることながら、通いやすい場所にあることも重要なポイントです。審美歯科は通院が必要となる場合が多いため、定期的なペースで足を運べる、自宅の近所か会社の近所にあるクリニックを選ぶのがベストです。また、雰囲気も大事なので何件かでカウンセリングを受けてみてから決めるのをお勧めします。

審美歯科クリニックを後悔しないように利用するなら、料金の相場を知っておくことも重要です。人気のオフィスホワイトニングはおよそ5万円〜10万円位でできます。10万円以上するクリニックもあるそうですが、10万円を超えたらかなり高額になります。

ホームホワイトニングは2万円〜8万円位がおおよその目安です。ホームホワイトニングで8万円を超えたらかなり高額になります。 またラミネートべニアという歯を削ってセラミックを貼り付けるホワイトニングもあります。ラミネートべニアは一本あたり10万円〜20万円ぐらいで出来ます。何本もやると50万円〜200万円くらいの費用がかかります。しかし、ラミネートべニアは一度やると長期間白さが持続するというメリットがあります。

早期の治療

「噛み合わせ」と全身の健康の相関関係について、多くの研究が行われてきました。その結果、「歯並びの悪さから引き起こされる噛み合わせ」は、様々な症状を引き起こすことが分かってきました。

全身の健康状態につながるものとして、近年、多くの方が関心を寄せるようになっきた症状として、「不定愁訴」があります。適切な検査を行なっても原因がはっきりしなかったり、上手く説明できない身体症状のことです。このような症状の場合は、矯正歯科で「正しい噛み合わせを」にすることで、症状に改善が見られます。

歯並びの異常から「頸椎」が歪み、肩こりやめまい、耳鳴りや吐き気を引き起こします。この症状を放置しておくと、血管障害や神経障害を引き起こす原因にもなりかねません。  身体に何らかの異常を感じているのならば、「矯正歯科」での治療を1つの選択肢として考慮することが必要だと言えるでしょう。

「矯正歯科」で歯列矯正を受ける目的は、多くの方が「美しい口元」を手に入れたいと考えるからでしょう。しかし、今日では「歯並びを綺麗にして、全身の健康を維持したい」と望む方が増えてきました。

「正しい噛み合わせ」が必要な理由としては、噛み合わせが「ストレス」をコントロールすることに役立つ、ということが挙げられます。緊張や不安を感じたとき、無意識のうちに「歯」を食いしばったり、全身に力を込めます。このように「歯」を食いしばることで、ストレスを解消しているのです。また、「歯ぎしり」もストレスを解消するために行なわれていると言われています。正しい歯並びを持ち、「歯ぎしり」が行なわれることで、「ストレス」が改善されるのです。  このように、「矯正歯科」治療とは、見た目の「歯並び」を綺麗にするでけではありません。全身の健康を維持するためにも、必要な治療だといえるのです。

歯を白くする

歯の黄ばみが気になる場合には歯医者でホワイトニング治療を受けるようにしてください。ホワイトニング治療は、歯の本来の色を取り戻す治療になります。例えば、茶渋などで黄ばんでしまった飯を白くします。特殊な薬剤を使って茶渋をとっていくのです。普段の歯磨きをするだけでは茶渋の黄ばみは取れません。

歯医者でホワイトニング治療を受けることによって、簡単に黄ばみを取り、歯が持っている本来の白さがよみがえるのです。ホワイトニングの治療は程度にもよりますが、1回あたり数千円程度かかることがあります。ホワイトニング治療を受ける歯医者によって、実際にかかる価格や治療内容が異なりますので個別に問い合わせるようにしてください。

ホワイトニング治療をける場合には必ず治療スケジュールを歯医者に行くようにしてください。治療スケジュールとは、どのくらいの期間、歯医者に通えば良いかということです。もちろん、一回のホワイトニング治療で完了すれば良いのですが、必ずしも一回で全ての治療が済んでしまうと言う事は無いのです。

少なくとも複数回、歯医者に通うことになるはずです。歯医者に問い合わせることによって今後の治療スケジュールが分かるはずですので、まずは問い合わせてみることをお勧めします。そうすれば、ホワイトニング治療にかかる費用のおおよその目安が分かります。それに合わせて費用を準備しておくと良いでしょう。一回の治療費用ではなく、全体で考えることが重要です。

事前に確認する

矯正歯科では歯並びの悪い状態をきれいな歯並びにするための治療をする歯科で、矯正器具を歯に装着して徐々に歯並びをきれいにする治療を行います。 現在は痛みや不快感の少ない矯正器具を装着する矯正歯科がほとんどで、体に負担の少ない治療が受けられますが健康保険が使えない自由診療となるため高額な治療費がかかってしまいます。

表側に器具を装着する治療は、100万円前後の治療費が平均的で、歯並びの状態や透明や白い見た目に目立たない器具の装着は約10万円程度追加の値段がかかる事もあります。ただ、美容目的でも噛み合わせの向上目的になるため、医療費控除が大人でも子供でも適用されるため、治療の際の領収書を提出して申請する事が可能です。

昔の矯正歯科では矯正器具を装着するために健康な歯を抜いたり、装着する器具は不快感や痛みも出る事もあり、見た目に金属部分が目立ち体や精神的にも負担がかかる治療でしたが現在の矯正歯科では状態があまりにも酷い場合でなければ健康な歯を抜く事は無く、使用する矯正器具も痛みが少なく歯磨きしやすく虫歯の原因になる事はなくなってきており、大人の方が矯正する事が増えたため歯の裏側に矯正器具を装着する治療を行う矯正歯科も増加しています。

歯の裏側に器具を装着すると見た目は器具が見えないため、働いている方でも抵抗無く治療ができ、人前やフォーマルな場所では自分で取り外せる矯正器具もあり、大人の方でも抵抗なく治療できるため人気です。

Pick Up