インプラントとは

インプラントとは簡単に説明をすると歯並びを治す治療法であり、病院探しをする際に口コミを参考にすることがあります。口コミなどを参考にすることも重要ですが合わせて治療費についても知っておくと良いため、矯正歯科で手術を受けた時にかかる金額の傾向を調べていきます。厳密にいうとインプラント治療に関してはクリニック側で自由に設定することが出来ますが、口コミなどでは以下の金額となっていることが多いです。1回のインプラント治療ではおおよそ40万円以下となっており、けっして安くはないという評判が多いのが特徴です。実際に多くのクリニックでは、インプラントの治療費をこれくらいの値段で設定していることが多いです。理由としてインプラントは高度な技術が必要なため、それに見合った価格を設定している傾向があります。

歯科治療の一環として歯並びを治すためにインプラントという手術を行うことがあり、すきっ歯などを改善させることが出来ます。今でこそ口コミなどで多くの方に人気がある治療法となっていますが、このように認識されることになった歴史のきっかけについて説明をします。

最初にインプラント技術が発見されたのは紀元前3世紀ごろだと記録されていますが、治療法として確立したのは20世紀半ばごろとなります。このころ研究の一環で骨の中に金属のチタンを埋める実験が行われており、それによって骨と結合することが判明します。これによってチタンの研究や開発が進んでゆき、後にスクリュー形状の品が完成します。こうした実験の繰り返しによって少しずつ医学界にも浸透していく形となり、そして歯科治療の一環としてインプラントが認識されることとなります。

歯医者を選ぶ

車で町を走ると必ず身に入ってくるのが歯医者です。コンビニよりも多くなっていると言うのは言い過ぎですが、確かにどんどん増えているような気がします。これだけ多いと、すべての歯医者が儲かっているかというと、どうやらそうではないみたいです。よほど特徴を出さないと患者を引き付けることは難しいのではないでしょうか。それは医者の腕の良さであったり、最新式の設備が整っていたり、スタッフの応対も含めて病院の雰囲気が良かったりとか患者を引き付ける要素が欲しいところです。患者が自分の目的を持って歯医者に行く場合、例えば単なる虫歯の治療だけでなく、ホワイトニングをしたい、歯の矯正をしたいというような目的がある場合、それに対して十分満足できる治療を得られる歯医者が患者にとって良い歯医者と言えるでしょう。

歯の治療費は高いというイメージがあります。確かに結果的に満足できる治療を必要とするなら高くなってしまうようです。歯科治療には保険の範囲内で行える治療と保険外で自費で行う治療があります。保険がきくのときかないのとでは治療費に大きな違いがあり、患者にとっては大きな問題ですね。保険がきく保険治療では非常に安く治療を受けることが出来ます。しかし、保険内では歯の治療に使う材料や治療法などに制限があるとのことです。時間的な制約もあるようで十分に満足できる治療は保険内で行うことはできません。保険外の自費治療では時間制限もなく、時間をかけて高価な材料を使用します。治療の質は上がりますが、かなり高額になるうえに、歯科医によって治療内容も金額も大きく異なるようです。歯医者で治療を行う場合は信頼のおける歯科医と十分に相談のうえ行うことをお勧めします。

検診について

歯医者にいくのは虫歯になったときや痛みが出てからだと勘違いをしている人が多いです。痛みが出る前に行くことによって、早期発見と治療を行うことができます。また、早期発見のサインが出ていても放置する人もいます。このような状態にならないためにも定期的に検診をおこなうクセをつけておきましょう。虫歯が見つからなくても歯石除去を行うことができます。歯石除去は歯医者のレベルをはかるのにも役立ちます。技術が高いほうが痛みを感じることなく治療を行ってもらうことができます。定期健診にいって、歯石除去をしてもらって通うかどうかを決めましょう。治療のレベル以外でも確認しておくべきポイントは、病院内の全体的な雰囲気です。

病院での治療はみんなが避けていたい道になるでしょう。しかし、実際には治療が必要なケースが多いです。痛みを感じる前に歯医者に行くようにしましょう。歯医者を選ぶときのポイントは病院の雰囲気とスタッフの雰囲気です。両方の雰囲気が重要になってきます。暗いよりも明るいほうが利用者に安心感を与えることができるからです。そのほかのポイントとしては、治療内容が説明されているかです。また、治療の内容によって料金がことなるので、料金のことに関しても説明がされているといいでしょう。保険外の治療法もあり、こちらの予算などを考慮してすすめる歯医者は優良の場合が多いです。無理やり高額治療にしようとする歯医者には気をつけましょう。

定期的に歯科に通う

歯のアイコン

歯は人にとってかなり重要な部分です。かみ合わせが悪くなったり、虫歯になったりすると食べ物をたべることが難しくなります。痛みが出てから歯科医院に行く人がいますが、これでは遅いです。痛みが出てきてからいくと虫歯の進行が進んでいることがあるからです。

そうなる前に定期的に歯科医院に通っておくのが一番いいです。虫歯の発見を早期にすることができたり、歯茎の状態を調べることができます。専門家に見てもらうことによって、素人では判断ができない部分を判断してもらうことができます。歯石の除去をすれば、白い歯を保つことにつながったり、虫歯の予防にもなります。定期的に通うことはそれだけでたくさんのメリットがあるのことを知っておきましょう。

歯科医院に行くときには、虫歯のケースが多いです。歯が痛み出したり、しみるようになって病院に訪れる人も多いでしょう。中には、インプラントの治療を受けたり、矯正の治療を受ける人もいます。歯科医院によって得意分野が異なるので、症状によって歯科医院を使い分けるのもひとつの方法です。虫歯の治療が得意なところとインプラント治療が得意なところが異なるからです。テレビで紹介をされているような歯科医院にいくと予約がいっぱいなこともあります。有名ではないけどサービスの質がいいところを狙うのがいいでしょう。痛みがひどくなったり、しみたりするまえに定期的に検診をしておきましょう。病気の早期発見をすることができるといったメリットがあります。

被災地と歯科

被災地では水が足りない、口腔ケア用品を失ってしまった、などの原因で、口腔ケアが不十分になります。 これは特に阪神淡路大震災の時には大きな問題になったことで、そのために高齢者の誤嚥性肺炎が増えたと言われています。 誤嚥性肺炎というのは、飲み込んだものが誤って肺に入ってしまい、炎症を起こすことです。それだけではなく、細菌やウィルス性の誤嚥性肺炎もあり、これは口腔内の細菌が肺に侵入してしまうことで、炎症を引き起こします。 被災地では歯磨きが十分に出来ない、何日もそのまま同じ入れ歯を使い続ける、などの状態に陥ったために、この誤嚥性肺炎にかかる人が増えたと言われています。 これに対して、歯科関係者が中心に正しい指導を行うことで、その後の災害時の被害率を下げたという報告もあります。被災者にとって歯科医は必要な存在です。

物を食べるのに大きく貢献しているのが、歯で噛むという行為です。歯で噛むことは当たり前のように思われていますが、高齢になると虫歯や歯周病などが原因で歯の本数が減っていきます。今では8020(ハチマルニイマル)運動という、80歳で20本健全な歯を残すという取り組みがありますが、実際に80歳で20本全て健康な状態の歯が残っている人は少ないでしょう。自力での歯磨きでは、どうしても歯石を完全に除去することが出来ません。これには歯科の力が必要です。実際、歯石とりをしっかり指導するようになったら、口内疾患が減ったという歯科医もいます。 歯が残っていることで、噛み合わせがしっかりとして健康的な生活が保てるようになります。

高齢者と歯科

虫歯というと、甘いものばかり食べている子どもがなるもの、というイメージがあります。 確かに子どもは歯磨きの重要性を意識していませんし、歯そのものが脆弱なので虫歯になりやすい傾向があります。 しかし、子どもだけではなく高齢者も虫歯になりやすいということを理解しておかなければなりません。 高齢者の虫歯は、子どものそれとは異なり、歯根から症状が出てくるケースが多いです。歯科で診てもらうと「歯周病」などを指摘されることが多いですが、歯周病に伴い歯の根元が露出してしまうことで虫歯ができやすくなります。その理理由は、歯の根元は酸に弱い性質を持っているからです。 高齢者の虫歯予防は歯周病を歯科治療することがまず必要になることが多いです。

自宅で寝たきりになってしまうと、歯科に行くことが出来なくなります。 すると口腔ケアが不十分になり、虫歯や歯周病ができて噛む力が弱くなり、ますます起き上がる力がなくなっていきます。そのような寝たきりの状態に対しては歯科衛生士などが行う、在宅の口腔ケアを受けると良いです。これは医療保険・介護保険が適用されるため、費用的にも安心して受けることが出来ます。歯科衛生士は患者の状態をみて、介護士たちと連携して口腔ケアを行っていくこともあります。単に正しい歯磨き方法を指導するだけにとどまらず、その人の体の状態を見ながら口腔ケアプランを作成してくれるのです。 口腔ケアを行うことで、高齢者に多い誤嚥性肺炎も少なく出来ると期待されています。

 

Pick Up