失った歯を取り戻す

お手上げ状態の女性

体内に埋め込む医療機器や材料を総称してインプラントと言っていますが、その中でも、「人工歯根」という意味のある歯科インプラント治療は、簡単に言いますと、失ってしまった歯を元の自然に近い状態に歯を戻す治療法のことです。インプラント治療法の手順は、まず、顎の骨の中に、強固なチタン、あるいはチタン合金の人工歯根を埋め込み、その後に、その歯根上に人工の歯をかぶせるだけです。

ただ、顎の骨の形が人によっては、区々なので、患者に応じて治療法を選択する場合もあります。そして、入れ歯との大きな違いは、入れ歯のように取り外したりする必要がないことです。その一方で、リスクもあります。たとえば、格安のクリニックで治療を受けますと、インプラントの脱落などの不具合が発生する場合もありますので、コストだけで歯科医を決めるのは、危険が伴うことを認識しておく必要があります。

まず、いきなりインプラント治療法といったものではなく、それ以外の治療法についても検討してくれる歯科医であることが必要です。たとえば、取り外しが可能な入れ歯治療や、ブリッジによる治療といったものを挙げることができます。インプラント治療は、健康保険が適用できないため、全額患者負担となります。

そして、その治療費が比較的高額なものになりますので、その他の治療法に関する説明を受けることが重要な点です。たとえば、歯周病や、顎関節症といった歯のかみ合わせと関連のある疾病などについての説明を受けることも必要です。

また、インプラント治療後における注意点についても認識しておく必要があります。これは、インプラントが骨と結合はしますが、自然の歯と比較しますと、粘膜との結合が弱いため、感染しやすいという短所がありますので、毎日の口腔手入れが重要です。また、定期診断も欠かせないことで、いつまでも安心した第二の永久歯が食生活を豊かにしてくれます。

治療について知る

最近の歯科でよく行われている治療の中のひとつにインプラント治療があり、インプラント治療を行うことで、今まで生活しにくかった食生活がかなり改善されますので、健康的にも良いものです。とても画期的な治療といえるでしょう。

ただ、インプラント治療を行う場合には、かなりの費用が必要です。では具体的にどれくらいの費用が発生するかというと、初診料を支払った段階から一本のインプラントを入れた段階までで考えた場合、約30万円の費用が発生すると言われており、これはかなり高額です。 ただ、インターネットの口コミ等を確認すると安いところであれば10万円台で行うことができるところもあれば、もっと高額のところもあり、歯科によってさまざまです。

我が国にインプラント治療技術が入ってきたのはまだ歴史的には浅いです。ということは、当初はまだ実績のないドクターばかりだったことは当然です。やはり、この治療を行うにあたっては先生の腕はとても重要です。 ですから、これからインプラント治療を行おうと考えている人はひとまず口コミで情報を収集しておくのが良いです。

口コミなら実際に今までにインプラント治療を行ったことがある人の感想になるので、評判が良い口コミになっていれば、そこで治療してもらって問題ないでしょう。 安いところと平均的なところ、さらには高いところとありますので、このような料金体系の情報もできれば、インターネットの口コミ情報で確認しておくとよいです。

変化している治療

歯並びが気になったら、一度矯正歯科医院に相談してみましょう。歯列矯正治療は、特殊な治療になるため、矯正歯科医院での治療が必要になるのです。 最近は、目立たない治療法が人気があります。今までの治療法は、話したり笑ったりすると矯正器具が丸見えになり、それを気にする人が多かったのですが、矯正器具が透明タイプのものが登場してから、そちらを利用する人が多くなってきました。

また、取り外しができるマウスピースタイプのものは、食事中や歯磨きの時に外すことができるので、大人になってから治療する人には便利でしょう。 普通、矯正器具は、歯の表面に取り付けるのが一般的ですが、歯の裏側に取り付けることにより、器具が目立ちません。

歯列矯正治療は、早めに始めた方が良い場合があります。なぜなら、大人になってからではすでに手遅れの場合があり、治療できないことがあるからです。 例えば、受け口とよばれる反対咬合の場合、上あごより下あごが出ている状態ですが、そのままにしていると下あごがどんどん成長してしまい、手術をしなければならなくなる場合もあるのです。

ですから歯列矯正治療は、子どものうちから始めた方がよいのです。 また、目立たない歯列矯正治療は、普通の治療に比べて数万円から数十万円程度、治療費が上乗せされますから、目立たない治療を希望する場合は、事前に費用を確認しておく必要があるでしょう。 どちらにせよ、治療をするときは矯正歯科医とよく話し合うことが大切です。

取り入れている歯科

オッケーポーズをする女性

インプラント治療は新しい義歯の一種として、近年特に注目を集めています。顎骨に歯根となる金属でできたインプラント体を埋め込む外科手術が必要ですが、治療法の普及とともに、街中の一般的な歯科医院でも利用可能となりました。特に、審美歯科を抱えるクリニックでは力を入れているというケースも目立ちます。 インプラントの利用を検討しているという方は、まずはかかりつけの歯科医院に相談してみるとよいでしょう。

当院で取扱いがない場合でも、信頼のおける歯科医師を紹介してくれる場合があります。一から歯科医院を探す場合は、医師の実績に注目するとよいでしょう。というのも、インプラント手術は相応の技術が必要ですが、まだまだ症例数の少ない医師が多いからです。まずはホームページなどで医師のこれまでの実績や年間症例数などを参考にしてみる方法がおすすめです。

インプラント治療が外科手術を必要とするのにも関わらず人気であるのには理由があります。まず、埋め込んだ金属が骨と結着するため、入れ歯やブリッジとは噛み合わせや安定感が異なるのが大きな特徴です。しっかりと力を入れて噛むことができるため、日常生活での不自由が軽減されるのです。

また、実用面でのメリットのほかに見た目の良さを理由として挙げる方も増えています。インプラントは歯肉に金属を埋め込むため、口腔内に金属が見えることはありません。そのため、見た目にはほかの健康な歯と全く変わらないのです。こうした見た目のメリットは特に対人関係の職業の方や若い女性に人気となっています。最近では審美歯科でより精巧で上質な義歯を用いたインプラント治療も人気です。

歯はとても大切

欧米などでは、歯並びの大切さについて、子供の頃から教育されています。どうして歯並びが大切なのかと言うと、歯並びが悪いと多くの障害をもたらす可能性があるからです。例えば、歯並びはその人の姿勢までも変えてしまうと言われているのです。 姿勢というのはとても大切で、姿勢が悪いと肩こりや頭痛、さらには腰痛の原因にもなるのです。 また、歯が重なっていると、歯磨きをしても磨き残しが起こりやすく、虫歯の原因にもなるのです。

さらに、歯並びが悪いとそのコンプレックから、消極的になったり、歯を見せて笑うこともできなくなってしまうのです。 ですから、早いうちに歯列矯正を行うことが大切です。そして、歯列矯正をすれば人生が変わります。

歯列矯正をする場合の注意点とは、どのようなことが考えられるのでしょうか。それでは今から、歯列矯正に関する注意点についてお話しします。 歯列矯正は、長い時間をかけて、徐々に歯を動かして行き、歯並びを整えていく施術です。また、歯列矯正を実施する前に綿密な計画を立てて行わないと、最終的に美しい歯並びができないことも考えられるのです。

ですから、歯列矯正を実施する歯科医師の経験と実績が問われるのです。また、歯列矯正は、自由診療になることから高額な治療費が必要で、歯科医院によっても料金に大きな開きがあるのです。 ですから、歯科医院選びは本当に大切な作業なのです。そこで、インターネットを使い評判の良い歯科医院を探してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pick Up