ガムやサプリ、マウスウォッシュなど、口臭を防ぐ商品は数多くあります。
しかし、それらの商品を活用しても、口臭を予防する効果が全く実感できないという人もいるでしょう。
そういった人は、もしかすると歯磨きで歯垢を落としきれていないのが原因かもしれません。

口臭の原因は歯垢?

虫歯菌イメージ

口臭の原因といえば、多くの人は焼き肉やお酒など、臭う食べ物が原因と思われがちです。
しかし、実は口臭の原因のほとんどは口の中にあるとされています。
人の口の中にはたくさんの細菌が存在しますが、その中でも悪臭を発生するのが、虫歯菌歯周病菌などの有害な細菌。
これらの菌は歯垢を作り出し、そこを住み家として繁殖します。
歯垢1mg中の菌の数は、約10億。
これだけたくさんの細菌がいるわけですから、歯磨きで歯垢を磨き残してしまうことは、口臭対策として大きな問題となるのです。

実は歯磨きで落とせる歯垢は6割だけ

6割イメージ

誰でも最低1日に1回は歯磨きを行っているはず。
しかし、歯磨きで除去出来る歯垢は、たったの6割だけだといわれています。
歯垢は歯ブラシの毛先が届きにくい場所にも現れます。
奥歯の奥・歯と歯の間・歯と歯茎の間など、磨きにくい場所にも現れるため、歯磨きをしっかりしたつもりでも歯垢が残ることがあるのです。
また、歯磨きのしかた自体が間違っていたり、不十分だったりする人も多いため、歯垢が残る率はこの6割よりもさらに高いというのが実情です。
正しい歯磨きを実践すれば、歯垢の除去率を高められるため、口臭を防ぐことが出来るでしょう。

歯垢を落とす正しい歯磨き方法

前歯・歯の外側部分

前歯の磨き方

http://www.kao.co.jp/clearclean/oralcare/basic/11/

歯ブラシを横にして、歯並びに沿って細かく動かしながら磨きましょう。
特に、歯茎と歯の間に歯垢が溜まりやすいので、歯茎を傷付けない程度に優しく磨きましょう。
歯ブラシの毛先を45度の角度にすると、歯茎と歯の間をキレイに磨けます。

かみ合わせ部分

かみ合わせの磨き方

http://www.kao.co.jp/clearclean/oralcare/basic/11/

へこんでいる溝の部分を意識しながら、2本ずつ小刻みに動かしながら磨きます。

歯の内側

歯の裏側の磨き方

http://www.kao.co.jp/clearclean/oralcare/basic/11/

口を大きく開けて、ブラシを斜めにしながら歯を磨きます。
前歯の裏を磨く時は、歯ブラシを縦にして、毛先の下の方を使って磨きます。内側から外側へかきだすようにして磨きましょう。

奥歯の部分

奥歯の磨き方1

http://www.kao.co.jp/clearclean/oralcare/basic/11/

奥歯の磨き方2

http://www.kao.co.jp/clearclean/oralcare/basic/11/

歯ブラシをできるだけ口の奥へ入れて、前歯・かみ合わせ部分・歯の内側を磨きます。
歯ブラシを縦や斜めにしながら、毛先を奥歯にしっかり当てて磨くことを意識しましょう。

歯並びがデコボコの場合

奥に引っ込んでいる歯

歯並びの悪い歯の磨き方1

http://www.kao.co.jp/clearclean/oralcare/basic/11/

歯と歯が重なってしまい、奥側にある歯は、毛先が奥に届くように磨く必要があります。
歯の外側を磨く場合、歯ブラシを寝かせた状態では毛先がほとんど届きません。こういった歯はブラシを縦にして磨きましょう。毛先の大部分が歯に触れるので、キレイに磨くことができます。

引っ込んでいる歯の周り

歯並びの悪い歯の磨き方2

http://www.kao.co.jp/clearclean/oralcare/basic/11/

奥に引っ込んでいる歯があると、奥側の歯と両側の歯の間に食べかすが溜まりやすくなります。放置すると歯周病の原因となるため、この部分もしっかり磨きましょう。
奥側の歯を磨く時と同様に、ブラシを縦に持ち、隣の歯の側面を磨きます。
歯茎との境目を意識しながら磨くことで、汚れをしっかりかきだすことができるでしょう。

飛び出している歯

歯並びの悪い歯の磨き方3

http://www.kao.co.jp/clearclean/oralcare/basic/11/

八重歯など、他の歯よりも飛び出ている歯も、磨き残しが多いです。
こういった歯を磨く場合も、ブラシを縦に持ち、毛先をしっかり歯に当てることが重要です。
八重歯の全面、側面を磨くだけでなく、歯茎との境目も磨くことで、キレイに歯垢を落とせるでしょう。

デンタルフロスやタフトブラシも活用しよう

歯ブラシだけでは、歯と歯の間や奥歯のさらに奥を掃除することは難しいです。
そこでおすすめできるのが、デンタルフロスタフトブラシの活用です。
歯ブラシ以外にこれらのオーラルケア用品を使用することで、9割以上の歯垢を落とすことができるでしょう。

デンタルフロス

デンタルフロスのイメージ

https://www.lion-dent-health.or.jp/labo/article/tool/03.htm

デンタルフロスは、歯間を掃除するためのオーラルケア用品です。
形状が細い糸状なので、歯ブラシの届かない歯と歯の間までキレイに掃除できます。
国内では糸状のデンタルフロスはあまり主流ではなく、F字型やY字型のピック型商品がよく使用されています。

タフトブラシ

タフトブラシは、毛束が一本だけの小さい歯ブラシのことです。
たくさんの毛束が密集している歯ブラシとは違い、歯のかみ合わせのくぼみや、歯と歯の間、奥歯の奥までブラッシングすることができます。
通常の歯磨きを終えた後、仕上げとして磨き残しの多い場所へこのタフトブラシを使用すると効果的です。

口臭を防ぐためにはどんな歯ブラシを選べばいい?

歯ブラシイメージ

口臭を防ぐためには、より歯垢を落としやすい歯ブラシを選ぶ必要があります。
そこで、歯垢を落とすのに適した歯ブラシの条件をご紹介しましょう。

条件1:歯ブラシの硬さは「ふつう」か「やわらかめ」を選ぶ

歯垢をしっかり除去できそうだという理由で「かため」の歯ブラシを使っている人は多いでしょう。
しかし、「かため」の歯ブラシは歯茎を傷付けやすいのが問題です。歯茎へのダメージは歯周ポケットを広げてしまい、歯周病や口臭の原因になってしまいます。
正しい磨き方さえ心掛けていれば、「ふつう」や「やわらかめ」のブラシでも問題なく歯垢は除去できます。
特に歯茎に問題がなければ「ふつう」の硬さを選ぶとよいでしょう。
歯周病の人や知覚過敏の人、または歯を磨く力が強い人は「やわらかめ」を使うのをオススメします。

条件2:歯ブラシのヘッドが小さいタイプを選ぶ

歯ブラシのヘッドとは、ブラシの毛が生えている先端部分のことです。
ヘッドが小さければ、その分ブラシが奥まで入りやすくなるため、奥歯の歯垢も落としやすくなります。

条件3:ブラシの形は平らになったものを選ぶ

市販されている歯ブラシは、商品ごとにブラシの形状に差があります。
山切りカットにして歯と歯の間にフィットしやすくしたものや、先端の毛先を長くして奥歯に毛先が届きやすくしたもの、中央部分の毛先を長くして、かみ合わせ部分を磨きやすくしたものもあります。
しかし、これらの独特な形状をした歯ブラシは、歯の一部分の歯垢除去にのみ特化しているため、歯全体への歯垢除去率は低いのです。
ブラシが平らになったタイプは、ブラッシング時に毛先が寝てしまうことがないので、最も歯垢を落としやすい形状です。
小刻みに歯ブラシを動かすことで、歯垢を落としにくい歯と歯の間もしっかり磨き上げることができます。

条件4:毛束が細いものを選ぶ

ブラシに植えられた毛束の幅が大きいと、歯の表面についた歯垢を効率よく落とせます。
しかし、このタイプの歯ブラシは毛の量が多いため、毛同士がぶつかってしまい歯と歯の間が磨きにくくなります。
毛束が細いものは、幅が大きいものに比べ歯の表面の歯垢が落としにくくなりますが、その代わり歯と歯の間が磨きやすいのが長所。
そのため、毛束が細いものを選び、なおかつ一回の歯磨きの時間を長めにとれば、歯の表面や歯と歯の間をしっかり磨けます。

条件5:毛先が細くなったものを選ぶ

毛先が細くなった歯ブラシは、歯の表面の歯垢を落としにくいものの、歯と歯の間の歯垢を落としやすいという特徴があります。
条件4と同じように、歯磨きをする時間を長くすることで、歯の表面や歯間をキレイに磨くことができるでしょう。

口臭防止のために歯磨き粉にもこだわろう!

歯磨き粉イメージ

歯垢は歯ブラシで磨くだけでも除去できますが、歯磨き粉を使用することで、口臭の予防を始めさまざまな効果が得られます。
歯磨き粉には、

  • 口内の虫歯菌や歯周病菌の殺菌
  • 研磨剤による黄ばみの改善
  • フッ素による歯の再生(エナメル質の再石灰化)の促進
  • 抗炎症成分による歯周病・知覚過敏の改善
  • 香料による口臭の抑制

といった効果があります。
「歯磨き粉の泡は歯を磨いた気にさせるから、磨き残しが増える」
「歯磨き粉の中の研磨剤は歯を傷つける」
といった意見も見られますが、

  1. 磨く順序や時間を決めて磨き残しを防ぐ
  2. 研磨剤や発泡剤を使っていない液体歯磨き粉を使う

といった方法で問題なく対処できるのです。
ここで、歯垢除去や口臭予防に効果的な歯磨き粉をご紹介します。

gsk カムテクト

カムテクト画像

https://www.kamutect.jp/products/toothpaste/

カムテクトは、歯周病予防に重点を置いた歯磨き粉です。
歯茎への抗炎症作用が高いMAG(グリチルリチン酸モノアンモニウム)を配合しており、口臭の原因となる歯周病を予防することができます。
また、歯の再石灰化を促すフッ素や、歯垢を落としやすくするエクストラファインパウダーも配合されているため、口臭をもたらす虫歯や歯垢にもアプローチできます。

LION NONIO(ノニオ)

ノニオ画像

http://nonio.lion.co.jp/lineup

LIONが口臭科学の観点から開発した、口臭予防に特化した歯磨き粉です。
炭酸水素ナトリウムとポリリン酸ナトリウムが歯垢を除去し、さらに殺菌成分であるLSS(ラウロイルサルコシンナトリウム)によって、口臭の原因菌を除去します。
また、NONIOの特徴として、こだわりのミント成分が挙げられます。
従来の歯磨き粉はハーブの香りがキツく、苦手とする人も多いです。しかしNONIOは香料による清涼感を抑えているため、ハーブ類の香りが苦手な人も使用できます。
現在選べるタイプは、

  • 柑橘系の爽やかな香りが特徴の「スプラッシュシトラスミント」
  • ローズ&洋梨の上品でフルーティーな香りが特徴の「ピュアリーミント」
  • 清涼感が最も強く、口内をスッキリさせてくれる「クリアハーブミント」

の3つです。

シャリオン 美歯口(びはく)

美歯口の画像

https://bihaku.tokyo/

美歯口は、歯のホワイトニング効果を目的に作られた歯磨き粉です。
ホタテ貝由来の成分「ヒドロキシアパタイト」によって、歯の黄ばみの原因であるステインを落としやすくしてくれます。
また、美歯口には口臭を防ぐため、

  • 悪臭を打ち消すスペアミント油とハッカ油
  • 悪臭の原因菌をブロックするマスチックハーブ
  • 悪臭の原因菌の増加を抑制するキシリトール

を特別に配合。ホワイトニングだけでなく、口臭予防のために使用することもできるでしょう。

京都やまちや 薬用なたまめ柿渋歯磨き

https://www.yamachiya.co.jp/user_data/kakishibu.php

薬用なたまめ柿渋歯磨きは、歯茎の抗炎症作用の高いなた豆と、消臭効果の高い渋柿の成分が含まれています。
なた豆は、ドラマの「篤姫」で取り上げられたことで現在ブームとなっている健康食品です。
なた豆に含まれるカナバニンには、高い抗炎症作用があるため、口臭の原因となる歯周病の予防ができるでしょう。
また、渋柿には消臭効果の優れた「カキタンニン」が含まれており、口の中の不快な臭いを抑えてくれます。
毎日食後にこの歯磨き粉を使用することで、効果的に口臭を改善できるでしょう。

ウィステリア製薬 ブリアン

ブリアン画像

http://kodomohamigaki.com/

ブリアンは、虫歯予防に効果のある善玉菌を含んだ、パウダータイプの歯磨き粉です。
本来は子供向けに作られた商品ですが、大人にも効果があります。
ブリアンの最大の特徴は、虫歯菌の増殖を抑える善玉菌、「BLIS M18」が含まれていること。
虫歯になりにくい人から発見された菌で、この菌が増えることで口臭をもたらす虫歯菌を抑え、口臭を予防することができます。
お子さんがいる家庭なら、子供と一緒に使ってみてもよいでしょう。

まとめ

歯の健康を守ることと、口臭を予防することはほとんど同じです。
口臭を改善するには、悪臭をもたらす虫歯菌や歯周病菌を除去するのが1番。
それらの菌を除去するには、毎日欠かさず行う歯磨きが最も効果的です。
歯垢を除去しやすい歯ブラシと歯磨き粉を用意し、さらに正しい歯磨き方法を実践することで、歯の健康を守りつつ、口臭を予防することができるでしょう。

Pick Up