これから歯科でホワイトニングを受ける方のために「歯科選び」のポイントをご紹介します( ・∀・)♪

 

「納得のいくホワイトニングを受けたい」方は必見です!!

1 歯科選びは大切!!・・・

なぜ歯科選びが重要なのか、それは”施術を受けたことを後悔しないため”ですΣ(゚Д゚)

 

ホワイトニングは、虫歯や歯周病などの他の治療(施術)と比べて、歯科によって仕上がりに差が出ることはほとんどありません( ・∀・)♡

なので、気にするのは「歯科ごとに異なるホワイトニングの料金」だけで大丈夫です。

少し安心しましたね♪

 

ですが、もしホワイトニングを受ける前に「虫歯治療」「歯周病治療(根管治療)」「インプラント」「歯列矯正」を行なう必要があり、その上で”良くない歯科”を選んでいたら、、、健康的な白い歯になれないかもしれません(T_T)。。。

 

その理由を見ていきます!

 

・・・歯科選びを間違えると・・・

※ホワイトニングを受ける前に他の治療の必要がある場合

 

リスク1 虫歯治療で歯を削りすぎてしまう

基本とも言える虫歯治療が上手ではないところを選んでしまうと、肝心の歯を沢山削られたり、まだ残せる歯の神経を抜かれたりするなど、ショッキングなことが起こるでしょう。

「歯を削る」「歯の神経を抜く」このどちらも歯質の低下に直結します。

歯を沢山削った場合、残された方法は通常のホワイトニングではなく「セラミッククラウン」簡単に言うと、セラミック製の”差し歯”になってしまいます><
虫歯を治療した上で、できるだけ自前の歯を白くしたいという方は、技術力の高い審美歯科を選びましょう。

 

リスク2 歯周病が悪化して歯自体を失う

歯周病の方は、そのままではホワイトニングを受けられません。
まず歯周病治療を優先させる必要があります。

その場合は、歯周病治療(根管治療)を専門としている信頼できる歯科を受診してください。

歯周病治療の知識や実績のない歯科を選んでしまうと、歯周病が進行し(※治療しているつもりで、治療できていない)その結果、歯を残せなくなります(TдT)。。。

 

リスク3 インプラントやセラミッククラウン(差し歯)の白さと馴染まない

インプラント、セラミッククラウン、銀歯やセラミックインレーなどの詰め物は、ホワイトニングでは白くなりません。

これを踏まえた上で、歯全体の色調が自然になるように、詰め物や被せ物を取り替えるなどの施術が必要になります。

なので、通常のホワイトニング専門歯科ではなく、ホワイトングも行なっている審美歯科を受診しましょう(^^)

 

リスク4 知覚過敏だからホワイトニングは無理と断られてしまう

知覚過敏の方は、ホワイトング用薬剤の刺激に敏感です。

なので、知覚過敏の方は、歯科でホワイトニングを受けられないことが多いです。

しかし、最近は過酸化水素の他にポリリン酸ナトリウムなどを配合して薬剤の濃度を調製し、知覚過敏の方でも受けられるホワイトニングを行なう歯科も出てきています。

こうした歯科を選べば、知覚過敏の方でもホワイトニングが受けられます(^^)

 

リスク5 歯の神経が死んでいる(ない)歯に適さないラミネートベニアを勧められる

ラミネートベニアは歯の表面を薄く削り、セラミックの板を貼り付けて歯を白く見せる方法です。

この方法は歯の神経が死んでいる、あるいは治療で歯の神経を抜いた歯には適しません。
抜歯が必要であればインプラント、そうでなければウォーキングブリーチというホワイトニング方法で歯の内部を白くしていきます。

専門知識や実績に乏しいところを受診した場合、自分に適さない施術が行なわれる可能性があります(ノД`)。。。

ザッと見てきましたが、いかがですか?
歯科選びの重要さがお分かり頂けたかと思います><

2 歯科選びで押さえたいポイント♪

先述したことを踏まえて、歯科選びのポイントをまとめます(^^)

 

実績

多くの症例に携わった歯科なら「この歯には、この施術が必要」ときちんと判断できます。

また、実績が豊富だからこそ「この施術は、うちでは難しい」と判断した場合、無理な施術を行なわず、対応できる他の歯科を紹介してくれます。

 

教育体制

通常、ホワイトニングの施術は歯科衛生士が行ないます。
歯科医師はカウンセリングと検査、薬剤処方にその他必要な治療などを行ないます。

有名な人気歯科の中には、歯科医師と歯科衛生士の両方に施術やサービスに関する専門教育を実施しているところがあります(^^)

なので、教育体制がしっかりしている歯科を選べば、快適かつ安全な施術が受けられるのです。

 

技術・設備・衛生

お口の中はデリケートです。

そこに、歯科医師や歯科衛生士の指、器具、薬剤などが入ってきます。

もし、技術・設備・衛生のいずれかに不足があれば、施術の仕上がりがイマイチになるどころか、感染症や歯質低下をも招いてしまうでしょう。

なので、この3つが万全な歯科を選びましょう。

 

料金

安心・丁寧な歯科は、はじめの検査とカウセリングの時点で「明朗会計」を行なっています。

「最初に提示された金額と違う」ということがなく、当初の予算内で希望した施術を安心して受けられます(^^)

 

自分に合ったホワイトニング専門歯科をお探しの方は、以上の4つのポイントを押さえて最適な歯科を選びましょう( ・∀・)☆

3 まとめ(^^)

ホワイトニング専門歯科の選び方について見てきましたね。

上述したポイントを押さえれば、自分に合った歯科を見つけやすくなります(^^)

満足のいく施術を受け、理想の白い歯になりましょう♪

Pick Up