今まで行われてきた歯科治療

歯を失った後そのまま放置しておくと、抜けた場所に他の歯が倒れこんでくるなど、歯並びの悪化を招きますので早急に治療することが必要です。かつて、歯を失った場合の歯科治療としては入れ歯やブリッジなどの方法が一般的でした。しかし、歯ぐきの上に載せる構造である入れ歯には、長期の使用により顎の骨が痩せてくるという問題があります。また、ブリッジについても、隣の健康な歯を削らなくてはならないなどの短所があります。現在では、これらの治療法に加え、顎の骨に人工の歯を埋め込むことにより失った歯を再建するインプラント治療が行われています。インプラント治療では、入れ歯やブリッジよりもかみ合わせの安定性が高く、本物の歯と同じ感覚で使用することができます。神戸の歯科医院でも受けることが出来るんので、歯を取り戻すために多くの人が治療を受けています。

今後のインプラント治療は

インプラント治療は他の治療法に比べて治療後の満足度も高いのが特長ですが、自由診療なので保険が適用されず、費用が高額になる点に注意が必要です。また、治療には外科手術が必要となりますが、歯科医の技術によるところも大きいので、治療を受けるにあたってどこの歯科医院を選択するかも重要となります。インプラントの治療には期間がかかるのが通常ですが、その治療に要する期間も技術の進歩により、年々短縮されてきています。また、歯の土台となる骨を再生する方法も様々な技術が開発され、実施されるようになりました。再生療法については今まで以上に注目されることが予想されます。歯の健康を維持するためには予防が一番ですが、今後も質の高いインプラント治療技術が普及していくことが望まれます。

なぜ、インプラント治療が優れているのか

インプラントは、失った歯を補う最先端の治療法です。インプラントが秀でている点は、歯の噛む能力を天然歯と同等レベルで再現できることです。インプラントは、歯を失った部分に埋め込んだ人工歯根に人工歯を装着する治療法となるのですが、人工歯根は、しっかりと顎骨に固定されています。ですから、強い力を込めて噛んだとしても問題ありませんし、構造が天然歯に似ているので、天然歯に近い機能、及び感覚を再現できるのです。インプラント以外にも、失った歯を補う治療法はあります。それには入れ歯とブリッジが該当するのですが、入れ歯もブリッジも固定は不十分であり、構造も天然歯とは異なる治療法です。ですから、入れ歯もブリッジもインプラントには及ばない治療法なのです。このようなことからインプラントは最善の治療法であり、今後、歯を失った際には、真っ先に考えるべき治療法になることでしょう。

高額な治療費を安くすることは可能

ただ、インプラント治療は問題も抱えています。問題とは、治療費が非常に高額なことです。1本あたりの治療費の相場は、30万円程度なのです。治療費が高額な最大の理由は、大多数が保険適用外の治療だからです。もっとも、入れ歯もブリッジも、すべての治療が保険の対象になっているわけではないのですが、インプラントの場合、保険適用が認められているのは、ごく僅かなケースのみです。ですから、治療を受けるのならば、ほぼ間違いなく保険適用外だと考えておいた方が良いでしょう。せっかく優れた治療法なのに、治療費が高額であるために治療が受けられないのであれば、極めて残念です。但し、幸いなことに、治療費を安くする手立てはあります。医療費を1年間に10万円以上支払っている場合、所得控除の1つである医療費控除を受けることができます。医療費控除を受ければ、納める税金の一部が免除されますから、間接的ではあるのですが、治療費が安くなるのです。医療費控除は、確定申告の際に申請します。但し、医療費控除が受けられないインプラント治療もありますので、事前に確認しておくべきです。

Pick Up