歯列矯正の魅力

歯と歯科医

歯並びが悪い状態であると、歯を毎日磨き手入れを行っていたとしても、磨き残しなどが原因で歯周病にかかるリスクが高くなる場合があります。従来のワイヤーを使用する矯正方法では、ワイヤーがある事によって歯を隅々まで磨く事ができず、矯正を行っている期間中に歯周病にかかる場合があります。
このようなリスクを高める事なく、矯正を行う事ができる歯科治療方法がインビザラインです。インビザラインの最大の特徴は取り外す事ができる点です。この特徴は、歯周病を予防するためには重要な事です。歯を磨く際、矯正器具を取り外し、口内を常に清潔な状態に保つ事で歯周病を防ぐ事が可能です。

また、矯正器具を外し食事をするとさらに衛生的です。矯正を行う前に歯周病にかかっていないかの検査が行われ、歯周病にかかっている場合は歯科治療が完了してから矯正が始められます。
一般的な歯列矯正方法と比較してインビザラインは、矯正期間中に歯周病にかかるリスクは低いとされています。
万が一、矯正期間中に歯周病にかかったとしても、この矯正方法は器具をとりはずして治療を行う事ができます。インビザラインは透明で薄いマウスピースのため、装着をしていてもあまり目立つ事がないというメリットがあります。
また、歯周病にかかりにくい口内環境を保ちながら、少ない違和感で快適に矯正を行う事ができる治療方法です。
さらに、痛みをほとんど伴う事がなく治療を行う事ができるなど、いくつものメリットがあり、優れた歯列矯正方法として広く知られています。

歯を綺麗にする為に

ホワイトニングは、知覚過敏を起こしやすい場合が多いです。歯周病があると、さらに引き起こしやすくなってしまうため注意が必要です。そのため、医師の診察を受けた際に、歯周病が重度だと診断された場合は、まずこの治療から始める場合が多いようです。
もし、歯周病の存在を放置したまま漂白剤や歯を削るなどの行為をすると、場合によっては眠れないくらい痛むこともあるのです。歯周病は、歯がある限り誰もがなる可能性がある病気です。現在では、9割以上の人が歯周病ではないかという見解もあるのです。
歯のホワイトニングに関わらず、他の治療にもこの歯周病の存在は、治療の妨げになってしまうため適切な処理が必要になります。

まずは、歯の違和感やなどがある場合は、歯科医に相談して治療をしてもらうことが大事です。ホワイトニングをすることで、清潔なイメージが出すことができます。相手からの印象が良くなりますし、自分にも自信が持てるようになるでしょう。しかし、歯の健康状態が良くなければ、治療の意味がなくなってしまいます。
まずは、歯周病の治療をして、日頃の歯のメンテナンスを定期的に行う必要がありますので、日頃の生活の中で心掛けるようにしましょう。

インプラントは顎の骨が安定していないとできません。そのため、顎の骨の状況を確認しながら行なわれるのです。
その場合、歯周病は顎の骨を溶かしてしまう恐れがあるため、この存在は非常にやっかいになってしまうのです。歯周病があまりにも多いと、インプラントの治療ができなくなってしまいます。そのため、最初にやることは歯周病の治療から始めることになるのです。
これをしなければ、埋め込んだ人工歯がとれてしまうことにもなるので早めの治療は欠かせないのです。インプラントができない場合は歯周病意外にもあります。虫歯の存在も治療をしないとできない場合もあるのです。

虫歯の治療

虫歯が原因で、人工歯にダメージが出てしまうこともあるため、歯周病と同様に厄介な存在になっているのです。"歯のぐらつきや口臭が歯周病の合図歯周病は歯のぐらつきや痛み、そして口臭といった症状を引き起こします。
インプラントを考えている場合、まずこの症状改善しなくてはいけなくなります。
早期発見が、治療をスムーズにしてくれるので、不快さを感じたらすぐに治療しましょう。インプラントはこのように歯の健康状態によって治療できない場合もあるのです。ですので、常に日頃から歯のメンテナンスは欠かせないのです。
毎日の歯磨きや食生活など、改善できるようにすることが必要になります。

虫歯が進行して治療を行うと、抜歯の必要性が出てくることがあります。この歯を取り戻すための治療を行ったときに保険の範囲内の治療を行えば、失った歯の両隣を削ることになります。その削った部分に金属をかぶせたり、つめたりして、義歯を固定します。
しかし、一見、保険治療の範囲でおさまりよさそうに見えますが、本当はリスクを背負っているのです。義歯を固定するために、削った箇所に、金属や詰め物をしますが、口内にいる細菌は、5ミクロンの隙間があれば容易に侵入することができます。
残念ながら、詰め物や被せ物はどう精密に作っても、5ミクロン以下にすること困難なため、虫歯の再発を防ぐために、定期的にかぶせものなどの境目に予防処置を繰り返し、つなぎめの清掃が常に必要になります。
どんなに予防処置を続けても、健康な歯に比べて、治療のために削られた歯は菌が侵入しやすいというリスクを抱えています。削った歯は虫歯になりやすいというリスクを背負うとともに、失った歯の仕事分も支えとなった歯が受け持つことになるため、残された歯の過重負担が生じます。
そのため、歯周病になりやすくもなります。
このようなことを防ぐには、インプラント治療をおこなうことで、歯を削ることなく、歯周病も含めた、リスク回避をおこなうことができるようになります。ほかにも、抜歯をおこなわない治療の選択肢などもあります。

予防することが大事

歯周病予防において最も大切なことが、プラークコントロールであるというのは歯科医の間でも共通認識になっています。
ですから歯医者さんに相談をしても、適切にプラークコントロールをしてくれる歯磨き粉をすすめられます。適切な歯垢を除去できれば、歯周病になる確率は低いです。歯周病の予防には、原因菌を殺菌することが効果的であると分かっています。ですから、そういった表示のしてある歯磨き粉を選ぶと健康な歯を維持することができるようになります。
最近では効果の高い商品が多数売られているので、以前よりは対策が取りやすくなっています。歯磨き粉のなかには、フッ素を配合しているものがあり、人気になっています。

フッ素には、歯のエナメル質を保護する役割があります。
こういった成分が含まれている歯みがき粉なら、効果的に歯をばい菌から守ってくれます。歯周病にかかってしまうと歯や歯茎が溶けていくことになりますから、できるだけ保護はしておくべきです。歯周病の予防には、歯科医院に行くのももちろん大切なことですが、それと同じぐらい自宅でのケアも大事になってきます。自分の口内環境に合った最適な歯磨き粉を選択して、賢く予防につとめるといいです。
歯周病は一度なると完治させるのがたいへんですから、できればなる前にしっかり予防しておきたいものです。歯周病は健康な歯まで抜けてしまう恐ろしい病気です。普段の歯のケアはもちろん大事ですが、歯医者に行って適切な治療を受けることが必要になります。早めに治療すれば完治しますので、空いた時間を利用して通ってください。

Pick Up