歯科治療を受ける

歯科 道具

インプラントは、第二の永久歯という別名で呼ばれています。なぜなら顎の骨とガッチリとつながっているため、硬い物を噛んでもぐらつきませんし、歯磨きも通常の方法でおこなうことができるからです。もともとの永久歯と全く同じように使うことができるため、そのように呼ばれているわけです。もちろん虫歯になることもないので、その形や色合いは長期間持続します。しかしだからこそ昨今では、インプラント治療の前にホワイトニングを受ける人が増えてきています。インプラント治療では、その両隣の歯の色と同じ色合いの義歯が使われます。両隣の歯が黄ばんでいた場合、黄ばんだ義歯が使われるわけです。しかし先にホワイトニングで歯を白くしておけば、白い義歯が使われるようになります。長く使うことになる第二の永久歯を、より美しい歯にするために、ホワイトニングの需要は高くなってきているのです。

ホワイトニングにかかる費用は、白くする歯の本数によって異なっています。一般的には、笑顔になった時に特に目立つ上下の20本の歯にホワイトニングをすることが多いです。その場合の費用は、だいたい5万円前後となっています。歯1本につき、2〜3千円がホワイトニングの相場なのです。そしてインプラント治療の費用は、約30万円ほどとなっています。最近では10万円台でインプラント治療をおこなう歯科医院も増えていますが、その場合も術前検査費用などが別途加算されることで、支払い額のトータルは20〜30万円になることが多いです。したがってホワイトニングとインプラント治療の両方を受けた場合、トータルで30〜35万円ほどかかることになります。

歯の美しさ

歯の美しさは人間の見た目の美しさを左右するほど大きな要素です。例えば芸能タレントやモデルを目指している場合、オーディションを受ける前に必ず歯の治療を行なうようにしましょう。前歯に欠損がある場合、大きく見た目を損ないますので、それだけでオーディションに落とされる可能性があります。 インプラント手術を行なえば出っ歯から欠損した歯まで幅広い歯の治療をする事が可能です。 一方、インプラントは時間のかかる手術方法であり、全て終るまで一年ほどかかる歯科医院も珍しくありません。 間近に控えているオーディションや面接に合わせて早期にインプラント治療を行ないたい場合、短期間治療法を取り入れている歯科医院を選ぶようにしましょう。そのような医院であれば、通常より短い期間でインプラント手術を行なってもらう事が可能です。

一般的なインプラント治療を行なう歯科では、まず不必要な歯の抜歯を行ないます。そこから傷口が治癒するのを待つ必要がありますので、インプラント手術の終了まで長い時間を要します。 一方短期治療を取り入れている歯科医院では、抜歯と同時にインプラントを挿入している事がほとんどです。 そのような病院でインプラント治療を行なう場合、事前カウンセリングからアフターケアまできちんと考えている歯科医院を選ぶようにしましょう。安全性の高い短期インプラント治療を行なっている歯科医院は多様に存在していますので、患者様の評判を調べて確かな技術がある医院に足を運ぶ必要があります。 特にこうした治療を行なう場合、出来るだけ歯茎にメスをいれない治療を行なう必要がありますので、医師の腕を調べる事が大切です。

歯科の治療

現在では非常にたくさんの歯科が軒を連ねています。町を見渡してもあちこちにみつかるはずです。そして、老舗は器具が古いからと客足を減らし、若い歯科医には人気が集まってきます。割に人気の差が出やすい業種なのです。ネットで検索するとまことしやかに評価サイトでランキングが発表されていますが、これらが真実かどうかは実際に治療を受けてみなければわからないものです。それだけに一度いい歯科をみつけると少しばかり遠方でも通うことをためらいません。逆に近くにあっても、よくない歯科もたくさんいるということです。いまや、インプラントやホワイトニングは、広い世代の人たちに大人気ですが、技術面では差があることが知られています。

こればかりは技術が確かな人に限ります。後で悪化したり、結局前よりも改善が見られなくなったりすると、コスト分損した気持ちになります。実際、後になって、別の病院で、最初の診断と治療が誤りであったことが見つかることも珍しくありません。とにかく現在ではサービス向上にしのぎを削っている業界ですが、人気に裏打ちされた技術を持っているかは、みなさんが判断していくよりほかありません。けれども、地道にいい仕事を繰り返して、あまり知られていないよい歯医者さんは確かにいます。私の通っている歯科も住宅街の引っ込んだところにありますが、意外に評判がよく、親切です。逆に場所は良くても、という歯科もありますから、選択する方も難しい面があります。

インプラントの費用

みなさんはインプラント治療というものを知っていますか。これは歯の再生治療として入れ歯やブリッジに代わる方法として最近注目されている治療です。入れ歯やブリッジと違い周囲の歯に負担をあまりかけることなく、虫歯などの問題も引き起こしにくいです。また、一度治療してインプラントを取り付けると20年以上使い続けられる特徴があります。しかし、値段が高い傾向にあります。 一回の治療費は30万円を超えるのが平均的ですので、気軽にはこの治療を受けることは多くの人はできないと思います。なので、しっかりとした病院選びが大事になってくるのです。最近ではネットで、インプラント治療についての説明をしていたり、頻繁に説明会を開いている病院もあるのでそういう情報をしっかりと確認してから選ぶと良いでしょう。

インプラント治療は費用が高くなることで知られていますが、この金銭的負担を軽減する取り組みも行われています。 インプラント治療は自由診察という分類になるので、健康保険を使うことができません。なので、その場では全額自己負担となり多額のお金が必要となってしまいます。しかし、医療費控除という制度を使うことで後で負担した金額の一部が返してもらうことができます。医療費控除とは年間で十万円以上の医療費がかかった時に、患者さんの負担する金額を軽減するために治療費にかかった費用を証明できる領収書などがあれば、一部を返金してもらうことができる制度です。治療費だけでなく、病院までの交通費なども含まれるのでしっかりと領収書を保管しておきましょう。

歯科治療の今

歯並びはその人の顔の印象を非常に左右するものです。歯並びが悪いと、非常に下品で品位がなく悪い印象を持たれる可能性が高いのです。しかし逆に歯並びが綺麗であるだけで、品性や知性を感じさせるようになるのです。顔の中で歯は自分が思っている以上に最も目立つ個所でもあり、目や鼻よりも際立って見えるのです。そのため就活や婚活で少しでも自分の印象を良くしたいと考えているのであればまずは自分の歯並びを見つめ直し、必要に応じて矯正歯科治療を施した方がよいのです。矯正歯科治療は歯の表面にブラケットやワイヤーで微弱な圧力を加えて徐々に歯を動かしていくのです。顎のサイズが小さい場合は上顎、下顎二本ずつ抜歯して歯を動かし出っ歯などを治療するのです。

歯の表面にワイヤーやブラケットと言った装置をつけることは見栄えが悪く、非常に印象を悪くします。こうした見栄えの悪さを嫌がって、治療に二の足を踏む人も多いものですが、治療後は驚くほど口元が上品な素敵な笑顔を手に入れることができるのです。しかしどうしてもこうした歯の表面にワイヤーやブラケットをつけるのが嫌であれば、歯の表面に装置をつけなくても治療できる類似の治療法が存在するのです。それは裏側矯正と言うもので歯の裏側に装置をつけるので、治療中の見た目の悪さは一切ないのです。また類似の治療法にマウスピースを持敷いた矯正歯科治療も存在するのです。この矯正歯科治療は透明のマウスピースを用いて歯に圧力を加えて治療するものです。こちらも治療中の見た目の悪さが無く人気の治療法なのです。

 

Pick Up