最新の治療

コンビニの数より多いといわれる歯科医院ですが、私たちの生活にとっては、欠かせない存在でもあります。数が増えている現状においては、私たちも自分自身で医院や医師を選択する必要性などもあります。

現在では歯科医師の数も多く見られる様になっていますが、その始まりについては、日本では、明治時代に国家資格を取得した一人の人物の存在が広く知られています。

それ以前には、外国人医師を招聘するなどが行われていましたが、明治時代に歯科が専門の医療として認められる様になってからは、知識や技術を専門的に学ぶ機関もできる様になりました。現在に近くなるほど、海外での最新の歯科技術を学ぶ医師も多くなっており、日本の歯科技術も世界に誇れるほどになっています。

歯科医師になるためには、専門的な知識や技術を学ぶために、大学で学び、研修医として経験を積み、国家資格を有する事が求められます。

専門的な知識を学ぶには、まずは歯科専門の大学などが第一ステップになります。それだけ、大学等における専門知識や技術が重要な役割を占める事になります。これから医師を目指す場合にも、歯科医院を開業するためにも、大学での勉強を重ねる人は多くなっていくと考えられます。

また付随して、今後は医師としての技術力、あるいは資質を高めるために、海外で研究に携わるケースが増えていく事も予想されます。歯の治療に関する先進国もありますので、そこでの知識や技術を学んだ医師が日本で活躍する可能性は大きくあると考えられます。

向上するインプラント

歯科ではインプラント治療を行っているところがあります。インプラントは自分の歯と同じように噛む力や味覚や間隔を取り戻せたり、顎の骨がやせるのを防げるといったメリットが挙げられます。逆に外科的手術が必要であったり、治療に長い時間がかかったり、手入れをしっかりしないと歯茎に炎症が出来て抜けてしまったりなどのデメリットも存在します。

そして、一番気になるのが価格でしょう。保険がきかない自由診療であるため歯科クリニックによって値段は変わってきます。ですが相場としては歯1本当たり15万から50万円と差がかなりあるようです。

インプラントは最近良く聞くので比較的新しいものと思われていますが、その起源はかなり古いものであります。

ヨーロッパでは上あごに鉄製のインプラントが埋まっている紀元3世紀頃のローマ人の人骨が見つかったという報告がありますし、中南米では貝で作られたインプラントが下あごに埋まっていた紀元7世紀頃の人骨が見つかったとの報告があります。 ただしこれらは確実な治療法として確立されたものではありませんでした。

確実な治療法として確立され始めたのはこの半世紀位になります。最初は金属チタンを骨に埋めると骨に結合する性質が発見されてから応用が広まったとされています。骨と結合するインプラントの登場によって臨床成績は向上してきました。 現在でも改良を重ねることで臨床成績がますます向上されているようです。

高額な治療

インプラント治療には、健康保険が適用されません。その為、治療費用が高くなるでしょう。一部の治療に健康保険では認められていない材料を使い、その差額分を自己負担するという方法もあります。

保険診療の場合は、治療費のうちの3割を自己負担することになりますので、わかりやすい例をあげると、1万円の治療を3000円で受けることができるということになります。ただし、保険でできる歯科治療の範囲や内容が細かく決められていますので、受けたいと希望している歯科治療全てに保険を適用してもらえるわけではありません。

たとえば総入れ歯を作る場合、保険診療であれば1〜2万円前後で済ませることができますが、自由診療であれば15〜30万円前後かかるのが普通です。

先ほど入れ歯の平均的な価格相場を述べましたが、あれは単純に義歯の値段だけを述べたものです。あの価格に、入れ歯を組み込むためのアタッチメントの値段が加わることになりますので、実際に歯科医院で支払う金額はもっと高額になります。

保険診療で用いられる義歯と全く同じものを自由診療扱いで使用した場合、義歯の値段は5〜6万円前後ということになります。しかし、実際には、保険診療では用いることが認められていない高価な材料で義歯を作る人が多いです。

義歯に用いられる素材には様々な種類があり、値段もピンからキリまでとなっています。人気の高い義歯は、薄くて軽く、なおかつ生体親和性の高い素材で作られているものです。アタッチメントの値段も5〜20万円と幅が広くなっていますので、医師とよく相談して、良い入れ歯を作るようにしたいものです。

¥マーク 立体

気になる相場

無くなった歯を取り戻す治療法があります。その治療法となるインプラントは、ボルト状の義歯を歯茎に直接埋め込むという、新しいタイプの義歯になります。 インプラントが注目される理由にはいくつかありますが、口を開けた際、一見すると義歯とは分からないほどの、自然な仕上がりと、咀嚼の際も不自然さを感じない点を、挙げることが出来ます。

また、入れ歯や差し歯などと違い、保険が適用されない自由診療のみでの治療となることから、高額な費用が掛かることでも知られています。

そのため、インプラント治療を検討する際には、歯科医師との十分な意思疎通が必要とされています。 特に治療費については、事前に見積書などを提示してもらうことにより、金銭面における思わぬトラブルを回避することが可能になります。

治療費の相場についてですが、治療部位や口腔内の状態、義歯の素材などにより金額が大きく左右されることから、一概に言うことは出来ませんが、治療費と義歯代で、数十万円ほどが掛かるケースが多くなります。

治療費の支払い方法ですが、こちらも歯科クリニックにより若干の違いはありますが、現金払い、分割払い、クレジットカードによる支払いが主流となっています。 支払方法についても、事前に確認することが勧められます。

子どもの歯の治療

赤ちゃんからでも通院することができる歯科として小児歯科があります。小児歯科は、子供の歯を中心に虫歯の治療や歯並びをお母さんといっしょに診ていくところなのです。

特に、子供の場合は歯並びが悪くなったり、顎の大きさが小さい子供もいるので経過観察はとても大事なこととなるのです。与える食べ物や歯磨きの磨き残しがあれば乳歯のうちから虫歯を作ってしまうこともあります。乳歯だから虫歯が出来ても抜ければ大丈夫ではないか思ってはいけないのです。

後から生えてくる永久歯に影響を及ぼす可能性もあるのです。小さいうちから小児歯科に行き、歯の状態を見てもらうことはとても大切なのです。

子供のうちから虫歯を作ってしまうと大人になってから、虫歯が大きくなってしまったり、歯を抜くことになったなどとても影響が強くなってしまのうです。そのためにも、子供のうちから歯の健康については神経質になってもいいくらいなのです。

赤ちゃんや幼児のうちであれば、親が特に歯磨きをしてあげることに注意を払うことが大切となります。歯の生え方や並び方についても普段からよく見てあげるようにします。

定期的に小児歯科に行けば、口の中のケアをしてもらうことができます。また、口の中の写真を撮ることで今後の歯並びについてもどうなっていくか予想することができるのです。

歯並びが悪くなるようであれば、そのための治療をすることになるかもしれないのです。

子供 口

Pick Up