注目されている治療

人間は第一印象が大切だと耳にすることが多いのですが、第一印象で最も重要視されているのが顔です。特に歯は笑顔を見せたときに美しく輝いていれば相手に自分の魅力をたくさんアピールすることができるでしょう。美しい歯を維持するためにはきちんと歯のケアを行わなければいけません。

人間の歯はコーヒーや紅茶などによってできる色素が原因で歯の美しさを失ってしまう危険性があります。特に大阪は美味しい食べ物が多い人気の地域ですので油断しているとすぐに歯の美しさを維持することができなくなってしまいます。歯を白く美しく維持するために大切なのがホワイトニング治療です。ホワイトニング治療は全世界で注目されている歯の美しさを維持するために欠かせない治療法とされています。

歯の美しさを維持するために多くの人が行なっているホワイトニング治療ですが、ホワイトニング治療は基本的に自分の歯を削ることがありませんので、歯にダメージを与えること無く治療を進めることができるとして注目されています。ホワイトニング治療を行なう前にできればやって欲しいのが虫歯の治療です。実は虫歯がある状態でホワイトニング治療を行なってしまいますと、薬剤が虫歯の中に入り込んでしまい痛みを感じてしまう可能性があります。また、治療の前に歯の表面に付着した無駄な汚れを落とすことによってホワイトニングで使用する薬剤の効果を最大限に活用することができるようになりますので、事前にしっかりと汚れを落としておきましょう。

自由診療の増加

歯医者さんの治療には保険が適用される保険診療と、保険が適用されない自由診療があります。これまでの歯科医院は保険診療が一般的でしたが、最近は患者さんにとってベストな治療を行うことを目的として、自由診療を行う歯医者さんが増えてきています。このように自由診療が増えてきた背景には、歯科治療が進化して保険制度が適用しずらいといった現状もあります。

とくに、新たに登場した審美歯科の場合は、保険が適用されずに自由診療となる場合がほとんどです。自由診療は、患者が治療費を全額負担しなければなりませんが、その分、高度で安心できる治療を受けることができるともいえます。まずは歯医者さんに相談して、最適な治療方法を紹介してもらいましょう。

自由診療を行う歯科医院が増えていくとともに、今後は利用者にとって歯医者さんの選択肢が増えていくことが考えられます。自由診療によって、歯医者さんごとに費用は異なってくるので、どこの歯医者さんを利用したらいいか、利用者の選択にゆだねられることになります。今後は、自由診療を扱う歯医者さんが増えるとともに、金額と治療内容が適した満足度の高い歯医者さんが選ばれていくのではないでしょうか。それとともに、保険診療の方向性の変換も求められていくと思います。利用者は自由診療の相場を把握して、自分にとってベストな治療をおこなってくれる歯科医院を選ぶことが求められていきます。歯科治療の自由診療は医療費控除が適用されるので、高い治療費がかかる場合は医療費控除を活用すると良いでしょう。

矯正治療の基本

矯正歯科医院で用いられる治療方法にはさまざまなタイプが存在していることを知っていますか。例えば、一般的とされている歯の表面に器具を装着することをマルチブラケット法と呼びますが、表ではなく歯の裏側に装着する方法もあるのです。この方法のことをリンガルブラケット法と呼び、周囲の人に矯正器具を装着していることを気付かれにくいという特性を持っているのです。

また、器具自体が異なるものもあります。一般的なものは金属で出来たブラケットですが、クリアブラケットと呼ばれる透明のブラケットも存在します。これもリンガルブラケットと同様に周囲に気づかれない工夫が施されているということになります。 このように、患者の要望により矯正器具や治療方法を選ぶことができるのです。

従来の矯正歯科ではワイヤーとブラケットにより歯を正常な場所まで矯正する治療方法が主流とされてきました。しかし、近年では全く違った方法で治療するものも誕生しています。 例えば、矯正用のマウスピースがそうです。矯正したい歯列の形に造られたマウスピースを装着することにより、正常な位置まで歯を動かすことが可能となっています。また、ワイヤーやブラケットを必要としないこと、着脱可能ということから今まで大変だった歯磨きが容易となりました。それに、食事中に伴う痛みや不快感から解放されるため、今まで通りの食事を楽しむことが可能となっています。

このようにして矯正歯科は年々進化を続け、より治療しやすい方法が確立しています。近い未来、日本での矯正歯科の受診率も上がるのではないかと思われます。

歯を白くする

笑う人

歯を白くしたいとお思いの方は、歯科医院でホワイトニング治療を受けることができます。ホワイトニングとは、専用の薬剤を使用し、レーザーなどをあてることで歯を白くする方法です。歯科医院で使用されている薬剤は、市販のホワイトニング剤よりも濃度が強いため、数回の施術でも白さを実感できるのが大きなメリットです。 歯科医院で受ける場合は、施術前にカウンセリングが行われます。カウンセリングでは歯の状態や着色度合いを見ながら、どれくらいの期間でどの程度白くしたいかなどの希望が聞かれます。

歯科医院ではそのカウンセリングをもとに、希望する白さまで施術を行ってくれるというのが最大のメリットでしょう。就職面接や結婚式など明確な期日のある方にもおすすめです。

歯科医院でのホワイトニングでも、白さが永続的に続くというものではありません。残念ながら、ある程度の日が経つと、色戻りしてしまいます。そのため、ホワイトニング効果をより長持ちさせるためにはいくつかのポイントがあります。 まず、歯に着色しやすい食品は控えめにすることでも違います。コーヒーや紅茶、煙草は歯を着色しやすいものとして有名です。ウーロン茶や赤ワイン、ブルーベリーなどでも歯が変色しやすいので注意しましょう。 定期的なメンテナンスも効果があります。ホワイトニングだけでなく、定期的にクリーニングを受けることで、着色を落とし、色戻りを確認することができるのです。ホワイトニングに比べ、歯のクリーニングは低価格です。何より、歯のクリーニングは歯周病などの予防にも効果があるとされているため、口腔内の健康維持にも役立ちます。

勤務する人物

歯科で働く人のなかで一番に考えられるのが歯科医師です。歯科医師はまさに歯科の中心的な役割をになっています。また医師ではほかにも口腔外科の医師も同様に専門家としてあげることができます。 次にあるのが歯科衛生士です。主な仕事は予防措置、つまりブラッシングの指導や診療補助や保健指導などを行っています。多くの場合歯科医師とコンビでその治療にあたっておりかかせない存在です。 そして技工士の存在もわすれることができません。これは医師の指示した作成書をもとに、入れ歯や銀歯などを作成します。また歯ぎしり防止用のマウスピースなどの作成も手掛けています。 医院ではこのように医師だけでなく様々な専門家が一丸となって治療にあたっています。

歯科で受けるサービスというまず思い浮かぶのが虫歯の治療や、歯列矯正、ほかにも入れ歯の作製などがあると思いますが、ほかにもブラッシングの指導や、かみ合わせ矯正なども行っています。 歯と顎、そして頭蓋骨は密接な関係にあり、歯を治療することで頭痛の改善につながることがよくあります。

まず自分の歯の状態をよく見てもらい、頭痛の原因となるような症状がないかどうか確かめてみるのもいかと思います。 歯科でみつかる頭痛の原因で多いのが親不知と歯ぎしりです。 親不知は隣の歯を圧迫しそれが原因で顎のゆがみや歯痛などが生じてしまい、頭痛の原因となっていることがあります。 また歯ぎしりは寝ている間に歯と顎にものすごい強い力が加わっており、顎の疲労やこめかみの痛みから頭痛の原因になっていることもあります。 これらを歯科で治療して取り除き頭痛の解消に努めましょう。

Pick Up