人工的な歯を取付ける

歯 矯正

最近の歯科では、多くの専門歯科があります。一般的には虫歯を治療するときに利用されていますが、最近では、審美性を高める治療を行なうことが重要視されています。そのため、審美歯科や矯正歯科などを利用する人が増えてきています。審美歯科ではホワイトニングの施術を受けることができ、矯正歯科では歯並びを改善することが可能です。

インプラントには様々なメリットとデメリットがあります。メリットとして挙げられるのは入れ歯との大きな差があることであり、健康な歯を削る必要がない上に人工の歯と判断されづらいことです。デメリットとして挙げられるのは、やはり歯一本の値段が高く、手術回数も多くなりやすいことです。担当医の施術によって治療事故が起きる可能性があるだけでなく、定期的なメンテナンスが欠かせません。

従来のインプラントはチタンを使用していますが、それよりも高機能を持った順応性の高いハイドロキシ・アパタイトという成分を用いた治療法には様々なメリットがあります。従来の治療法も治療期間が短いのですが、この成分を用いた方法はその半分ほどの期間で済みます。さらに骨や歯の主成分でもあるだけでなく、本来なら手術を重ねなければならない方法を同時に行える為、治療事故が起こる確率も低いのです。

従来のインプラントであっても様々なメリットがありますが、ハイドロキシ・アパタイトを用いた方法ではさらに高機能が実感出来ます。治療が出来る範囲もグッと広がるだけでなく、非常に安定した効果を出せるのは素晴らしいことです。しかし、誰でもこの施術を行えるわけではないので、きちんと信頼出来る歯科を選ぶことが第一となることに注意しましょう。

虫歯予防にも効果的

審美歯科のホワイトニングは、歯を削らずに汚れた歯を真っ白な綺麗な歯にすることができます。ホワイトニングは、過酸化水素や過酸化尿素を含んでいるホワイトニング剤を歯に塗布して治療を行います。ホワイトニングは、薬剤の化学反応により、汚れの成分を溶解して歯を白くします。

審美歯科のオールセラミックスクラウンは、セラミックスで作られた被せ物を歯に装着することにより、歯を美しくします。オールセラミックスクラウンは透明感が強くて光沢があり、とても美しい素材です。金属を一切使用しないので、金属アレルギーの方でも治療が受けられます。

審美歯科のクリーニングは、比較的簡単な方法で歯を美しくすることができます。ホワイトニングのように真っ白にすることはできませんが、歯石や歯垢を除去することができますので、虫歯や歯槽膿漏の予防にもつながります。この治療法は、健康保険で治療することができます。

審美歯科の治療法のうち、ホワイトニングやオールセラミックスクラウンなどは、健康保険の適用を受けることができず、自費治療になります。治療には数万円から数十万円の費用がかかりますが、確実に歯を綺麗にすることができます。歯科医院によっては、医療ローンやクレジットカードで支払うことができる場合があります。

審美歯科では、治療を受ける前に、歯科医師とカウンセリングを行い、予算や目的に応じた治療法を選択することができます。オールセラミックスクラウンは完了するまでに少し時間がかかりますが、ホワイトニングは短時間で終わります。治療終了後も、定期的に受診することにより、長年に渡って美しい白い歯を維持することができます。

健康的な歯にする方法

生活をしていると歯の色が白くなくなっているときがあります。
とくに虫歯などの歯の病気を持っていなくても、タバコのヤニや茶渋で歯は徐々に黄色くなっていくものです。歯が黄色いと、見た目の印象が悪くなりますから、ホワイトニングをする人が増えています。歯科医院では手軽に歯をきれいにしてくれるので、健康な歯の人でも定期的に通う価値があります。ホワイトニングなら、それほど覚悟を決めなくても手軽に歯医者さんを利用できるのでおすすめです。ホワイトニングは審美歯科などで行なうことができます。歯科の中には、ホワイトニングを行なっていないこともあるので事前に確認しておく必要があるでしょう。

毎日ちゃんと歯磨きをしていても、歯石というのは溜まっていきます。そんなときにも、歯科医院は便利に使うことができます。専用の器具で歯石を完全に除去してもらえるので、虫歯や歯周病の予防ができます。歯石は口臭の原因ともなるので、定期的に取り除いてもらうのが一番です。歯が健康な人でも予防はとても大切ですから、十分に通う価値があると言えます。

歯が実際に痛くなる前から、歯医者さんには定期的に通うのがベストです。
定期的に通ってるのなら、ちょっとしたトラブルも早期発見できますし、何でも相談ができるので口内環境の維持に役立ちます。老後まで健康的な歯を持っていたいのなら、子供のうちから一定期間ごとに歯医者さんには通うくせをつけておくのが理想です。歯医者さんは歯が健康な人にも嫌な顔をすることなく、予防治療を行なってくれます。

装着しても違和感がない

インビザラインとは矯正治療の一つであり、検査で調べた最終的な歯並びを確認しながら治療を行います。しかし、未だ成長を続けている子どもの歯には治療を行うことは出来ません。自分自身でマウスピースの取り外しをコントロールしながら治療を行う為、メリハリが必要です。

インビザラインには様々なメリットがあります。自分専用のマウスピースをオーダーメイドで作ってもらえる為、装着してても違和感がありません。さらに透明感が高い為、人に歯を見られる機会の多い人でも問題ありません。

インビザラインで使われるマウスピースは取り外しが可能な点がメリットですが、デメリットにもなり得ます。取り外しが可能であるということは、つい外していることを忘れがちになる可能性があるのです。取り付けていることを前提としているので、外している時間が長いと治療期間も長くなります。

インビザラインには注意点があります。治療で使われるマウスピースは口内に装着し続けるのでケアが欠かせません。装着していると雑菌などが繁殖しやすい為、放っておくと虫歯など歯の病気になりやすくなるので注意が必要です。これらのことに気をつけてインビザラインを行なうことが大切になります。

インビザラインによる治療は余計な負担をかけずに歯の矯正が出来ます。マウスピースを取り外している時間が長いほど治療期間も長くなりがちですが、自分できちんとメリハリをつけることが重要になっていきます。特に手入れを怠らずに治療を行うのが大切です。

Pick Up