「臭い」について厳しい現代。
特に口臭に関しては、「きちんとケアをするのがエチケット」という風潮があるため、口臭がきつい人は毎日しっかり対策しなければなりません。
ところが、こうした口臭対策をしているのに、周りから「口が臭い」といわんばかりの反応をされて悩んでいる人もいます。
「いったいどうすれば口臭が治るの?」
と思い悩み、苦しい思いをしている人もいるのです。
そういった人は、もしかすると自臭症である可能性があります。

自臭症ってなに?普通の口臭との違いは?

疑問のイメージ

自臭症とは

自習症は、簡単にいうと「自分が臭いと“思い込んでいる”」症状です。
例えば、
人と話をしている時、相手が顔を背けた=私が臭いから
誰かが急に部屋の窓を開けた=私が臭いから
といったように、周囲のちょっとした行動や表情の変化を、「自分の臭いが原因」と思い込んでしまう症状なのです。
「でも、私は実際に臭いを感じるから、思い込みなんかじゃない」
と考える人もいるでしょう。
そういった人は、自分自身から発せられるわずかな体臭にも、敏感に反応してしまっている可能性があります。
口臭や体臭は、どれだけ消臭対策をしても完全に消し去ることはできません。
特に口臭は、毎日しっかり歯磨きをしてもある程度の臭いは現れてしまいます(専門用語で生理的口臭といいます)。
自分で自分の臭いを感じたとしても、相手も必ず感じているとは限りません。
自分自身で臭いを感じていても、周りの人が「別に臭わない」と言っているなら、自臭症を疑ったほうが良いかもしれません。

自臭症になる人は増えている!?知られざるスメルハラスメントとは

スメルハラスメントとは、臭いによって相手に不快感を与えてしまうことを指します。
バスや電車に乗ると、体臭や口臭がどうしても受け付けられないという人がいた経験は誰しもあるでしょう。そういった臭いの人が、学校や職場にいると、学業や仕事も集中できなくなってしまいます。
スメルハラスメントは、このように体臭や口臭のケアをしていない人を非難する言葉です。
ところが、この言葉によって自分自身の臭いに敏感になりすぎてしまい、「もしかすると、私がスメルハラスメントを起こしているんじゃないか」と心配になる人が増えているのです。
近頃は香水や柔軟剤などの香りも、人によってはスメルハラスメントとなる場合もあります。
自分の口臭や体臭への対策に、香りの強いデオドラント製品を使いすぎてしまい、かえってスメルハラスメントを増長させることもあるのです。
「口臭や体臭に気を使うことはエチケット」という認識が浸透していますが、やり過ぎも注意が必要ということです。

自臭症に悩む人は意外に多い!

▼口コミ

・口を開けるのが怖くて、人と会話もできなかった

20代女性
中学の頃、仲の良かった友達から口臭のことを指摘され、それから自分の口臭を気にするようになりました。毎日3回の歯磨きはもちろん、お菓子を食べたらすぐに口臭を抑えるサプリやガムを食べましたし、舌ブラシも毎日欠かさず使っていまいした。それでも自分の息を嗅ぐと、なんだか生臭い感じの臭いがするんです。人と話すと「今私の口の臭いが相手に届いてるんじゃ」と思い、人との会話をできるだけ避けていました。そのせいで高校や大学で友人や恋人ができず、暗い青春を送ることになりました。
自臭症という症状を知ったのは最近のことです。「もっと早く気づいていれば、こんなに苦しい思いもしなかったのに」と思いますね。

・人の混雑した場所にいくのが怖い

10代女性 
以前クラスで席替えをした時、わたしの隣だった子が「席替えマジ助かったよーアイツめっちゃ口臭いでしょ?」と小声で友達と話しているのを聞いて、初めて自分が臭いんだということに気が付きました。
ネットで口臭対策のことを調べて色々実践したんですが、わたしがクラスの席に座ると、近くの人が窓を開けたり、いきなりクシャミやせき込んだりするんですよね。
それからは人と接することが怖くなって、電車やバス、エレベーターなどの人が多く密集しているところは避けるようになりました。
「みんなわたしの臭いに迷惑してる」
そう思うようになって、最近では趣味だった雑貨屋めぐりもできず、近所のドラッグストアや、美容室に行くのもつらくなってきました。
自臭症のことを知るまでは、「ずっとこんな臭いを出し続けることになるなら、いっそ自殺したほうがいいのかな」とか考えたりしてて、かなり追い詰められていたと思います。

・自分の臭いが原因でひきこもりになった

20代男性 
「ていうか、お前息臭くね?」友人にいきなりそういう風に言われたので、僕は「別にそんなことねえし」と軽く受け流したんですが、その時の友人は全然笑っていなかったんです。それが口臭に気付いたきっかけですね。友人は合うたびに「ちゃんと歯磨いたか?」「ガム噛めよ」としきりに口臭を指摘してくるので、僕も次第に彼と会うのが嫌になってきて、それから友達付き合いが減っていったんです。
彼以外にも友達は何人かいたんですが、「あいつらも僕の口臭を内心嫌がってるんじゃないか」と疑ってしまい、自分から離れていってしまいました。友人を失った孤独はつらかったですが、追い打ちをかけるように、クラスでのイジメも始まったんです。
僕が自分の席に行くと、必ずトイレ用の消臭剤が机の上に置かれていました。机からどかそうとすると、「やめろよ。臭えんだよ」という声が必ず掛けられます。
学校に通うのもつらくなり、かといって学校を辞めて働こうにも、必ず自分の口臭でトラブルが起こる。どれだけ口臭対策をしても口臭は消えない。どこにも行き場所がない・・・人に会うことが怖くなり、今でもずっと引きこもり状態を続けています。
幸いにも、カウンセリングで自臭症のことを知ることができたので、今では定期的にカウンセリングを受けながら、徐々に治療に向けてカリキュラムをこなしています。

自臭症となるきっかけ

自臭症となるきっかけの多くは、他人からの言動です。
誰かから「口が臭い」と指摘されたり、話をしている時にいきなり顔を背けられたりしたため、心に深いキズができてしまったことがきっかけとなるのです。
また、本人の性格も原因の1つです。

  • 几帳面な人
  • 潔癖症
  • 完璧主義
  • 神経質
  • 内向的
  • 感受性が強く、他人からちょっとしたことを言われても傷ついてしまう人
  • 自分に強い劣等感がある人
  • 常に周囲に気を使いすぎてしまい、八方美人的に振る舞う人

以上のような性格の人は、自臭症になる可能性が高い人といえます。

自臭症チェック表

  • いつも自分の臭いが気になっていて、1日になんども嗅いで確かめている
  • 電車・バス・エレベーターなどで、せき込んだり鼻を覆ったりする人を見ると「自分のせいだ」と思い込んでしまう
  • 人と面と向かって会話することが怖い。相手が近づくと、自分から離れようとする
  • 常にマスクをしていないと不安
  • 誰かに近づかれたり、すれ違ったりすると不安になる
  • 自分が部屋に入った時、いつも誰かが窓を開けて換気をしている気がする
  • 人の輪の中に入れない、話しかけてもらえないのは、自分の臭いが原因だと思う
  • 他の人同士が話しているところを見ると、自分の臭いの悪口をいっているのでは、と不安になる
  • 外に出るのが面倒なので、なるべく外出したくない。または外出することが怖い
  • 運動後に息切れをしても絶対に口で呼吸しない。
  • なるべく人前で息をしない。人が近くにいると、無意識に息を止めて息苦しさを感じる

当てはまる項目が多いほど、自臭症の可能性が高くなります。
「もしかしたら自臭症かもしれない」と不安になった場合、社会不安障害などに対応できる心療内科で治療を受けると良いでしょう。

自臭症かどうかを見分けるには?

チェックをするイメージ

客観的に臭いがあるかを調べるのが1番

自臭症かどうかを調べる1番の方法は、実際に口臭があるかどうかを調べること。
自分で嗅いで確かめる方法もありますが、自臭症は強い思い込みが原因となる症状です。他人が感じ取れないわずかな口臭を気にしすぎてしまったり、実際にはない臭いを感じたり(幻臭といいます)することもあります。
そのため、自臭症を調べるには客観的な評価が必要なのです。

自臭症かどうかを調べる方法

口臭チェッカーで調べる

口臭チェッカーとは、自分の口臭を0~5までの段階で評価してくれる口臭対策グッズです。
口の中にある臭い成分を、センサーが感知することで、口臭がどの程度あるかを調べてくれます。
正常な範囲は0~3まで。
口臭は、どれだけケアをしても多少は現れるものです。レベル3までなら、気にする必要はないでしょう。
レベル4以上の場合、強い口臭が現れている可能性があります。歯磨きをするか、ガム・サプリを食べるなど、口臭ケアをしたほうがよいでしょう。
気をつけたいのが、口臭チェッカーは口内の臭いだけでなく、香料にも反応すること。
歯磨きをした後や、ガムを食べた後などに、数値が高くなることがあります。
口臭などの臭いの感じ方は人によって異なります。口臭チェッカーの数値はあくまで目安なので、調べる時も参考程度に留めておきましょう。

【メリット】

  • 口臭について人に打ち明けられない人でも、自分の口臭を確かめられる
  • 持ち運びやすいので、口臭が気になった時いつでも調べることができる
  • 口臭のレベルが低ければ、自分に自信が持てる

【デメリット】

  • 歯磨き粉やガムなどの香料にも反応する
  • 精度があまり高くないので、チェックの結果と他人が感じる口臭が合致しているとは限らない
  • 価格がやや高い(2,000円~4,000円)

親しい人に確かめてもらう

自分でわからない口臭を調べるには、実際に他の人に嗅いでもらうのが1番です。
家族や友人、恋人に息を嗅いでもらい、口臭がするかどうかを訊いてみましょう。
1~2メートル離れた場所から息を吐き、それでも「強い口臭を感じる」というのであれば、実際に口臭があるのだと判断できます。

【メリット】

  • 口臭チェッカーよりも的確に調べられる
  • お金がかからない

【デメリット】

  • 家族や友人、恋人に口臭のことを打ち明けられない人だとハードルが高い

クリニックに相談する

口臭について相談できるクリニックは、「口臭外来」のある歯科です。
口臭外来では、口臭専門の測定器や唾液の検査、尿検査などを行い、口臭の有無を客観的にデータで表してくれます。
強い口臭が現れる原因のほとんどは、虫歯や歯周病です。
もしも口臭の原因が歯の病気だった場合、すぐに歯科での治療を行ってくれます。
歯の病気が原因でない場合は、耳鼻科や消化器内科など、別の病に対応ができるクリニックを紹介してもらえるでしょう。
口臭があるかどうかを調べるだけでなく、口臭の原因へのアプローチも行ってくれます。口臭について強い不安や悩みをもっている人は、一度診察を受けてみても良いでしょう。

【メリット】

  • 質の高い検査によって、本当に口臭があるか詳しく調べてくれる
  • 何らかの病からくる口臭だった場合も、しっかり対応できる
  • 専門家に任せるので、結果もかなり信頼度が高い

【デメリット】

  • 口臭外来では保険が適応されないため、1回の診察料が高い(1回につき2~4万円)
  • 1回の診察に時間がかかる

自臭症を治すにはどんな治療が必要?

治療イメージ

まずは歯科で口臭があるかどうかを調べる

自臭症の治療の第一歩は、本当に臭うかどうかを客観的に知ることです。
これは、「自分が自臭症か、それとも本当に臭うのかがわからない」という人や、「自分は自臭症だと思う」という人にも当てはまります。
自臭症の問題は、「相手にどう思われているか」という不安感が根源にあります。その相手から「臭くない」と診断されれば、不安感を軽減させることができるのです。
また、実際に口臭があったとしても、きちんと治療を受けることで、不安感が解消され自分に自信が持てるようになります。
口臭のほぼ8割は、口の中に原因があります。
そのため、ひどい口臭に悩まされている場合は、まずは歯科で原因を探ってみる方法が1番なのです。

口臭専門の病院がある?口臭外来とは

口臭外来とは、特定の歯科や大学病院などに併設されている科目です。
口臭に関する検査と原因の特定、さらに治療まで行ってくれます。
この口臭外来へ受診できるクリニックは全国的に存在するため、口臭に関して深刻な悩みを持つ人は、一度地元の口臭外来へ受診してみましょう。

口臭外来の検査内容

  • 口臭測定検査・・・専用の機器を使用して、口臭を数値にして正確に測定します
  • 官能検査・・・医師が直接患者さんの口臭を嗅ぎ、臭いがあるかどうかを調べます
  • 唾液検査・・・唾液の量や質から、口臭の原因を調べます。
  • 口腔内検査・・・舌や粘膜の異常を調べるほか、虫歯の有無、問題のある銀歯があるかどうかなどを調べます。
  • 歯周病検査・・・歯茎の腫れや膿の有無を調べるほか、歯周ポケットの深さも調べます。

口臭外来の治療方法

  • 虫歯・歯周病の治療
  • 歯石除去・歯のクリーニング
  • 抗菌薬の処方
  • 口呼吸の改善指導
  • 唾液腺へのマッサージの指導
  • 歯垢を正しく除去するための歯磨き指導

精神科や心療内科での治療

自臭症は「社交不安障害」にカテゴライズされる精神的な病です。
自己意識が確立してくる10代の頃に発症しやすいので、10代であれば「思春期妄想症」と診断されます。しかし、10代以降もこうした症状が続く場合は、社交不安障害と診断されるのです。
社交不安障害および思春期妄想症は、軽度であればカウンセリングによって改善されます。
カウンセリングによって「自分の考えは思い込みだった」ということに気付き、少しずつ思い込みや妄想を自分で修正していくことができます。
しかし重度になるとうつ病などの症状も併発してしまい、カウンセリングだけで改善するのは非常に困難です。
精神科や心療内科などで、しっかりと治療プログラムを受ける必要があります。

精神科・心療内科での治療内容は主に3つ

【精神分析療法】

患者さんとの問診で、自臭症を発症した原因を突き止め、患者さん自身に自分のトラウマを認識させる治療法です。
自分のトラウマを冷静に受け止めることで、誤った考えや妄想を自然に修正させられます。

【認知行動療法】

患者さん自身に、症状に関する状況を把握してもらい、思考・行動を変化させるための具体的な目標を立てる方法です。
毎日の行動や考えを日記のように書き、自分自身を客観的に見つめ直すことで、次第に症状を改善できます。

【薬物療法】

SSRIと呼ばれる抗うつ薬を処方し、症状の悪化を防ぎます。
この薬は副作用が比較的に少なく、依存性もないため、うつ病を始めさまざまな精神疾患に用いられています。
注意してほしいのが、SSRIは自臭症自体を治療することはできず。あくまで一時的な不安感を改善するための薬だということ。こういった薬は、うつ病発症のリスクを下げるなど、重症化を防ぐために処方されます。
精神疾患を治すのは、あくまで患者さん自身の力なのです。

クリニック以外に相談できる場所は?

「自分が自臭症かもしれない」と思った場合、まずは口臭外来や心療内科で問診を受けることをオススメします。
しかし、
「自分に口臭があるか確かめたいだけなのに、クリニックへ行くのはちょっと・・・」という風に、クリニックへ行くことに抵抗がある人もいるでしょう。
そういった場合は、以下の場所へ相談してみましょう。

臨床心理士への相談

臨床心理士とは、簡単にいえば学校や企業などに在籍する「カウンセラー」のことです。
精神科医や心療内科医とは違い、薬の処方などは行わず、あくまでカウンセリングのみを行ってくれます。
在籍している学校や企業にカウンセラーがいない場合、地域に心理相談室を開放している大学や、個人でカウンセリングルームを開業しているところへ行くとよいでしょう。

交流サイトやSNSの利用

口臭や体臭に悩む人は、世間にたくさんいます。
そういった悩みを持つ人が交流できるサイトや、SNSを利用することで、悩みの共有や具体的なアドバイスなどを得ることができるでしょう。
また、こういったサイトではオフ会も開かれています。実際に悩みを持つ人同士が会い、お互いに臭いがあるかを確かめることもできるのです。
ほかにも、臨床心理士や精神科医が運営しているサイトで、電話やメール相談をするのもオススメです。
実際に会ってカウンセリングをする場合とは違い、メールや電話で正確な診断をするのは難しいです。
しかし、専門家に話を聞いてもらうことで、悩み解消へのアドバイスを得られることや、精神的な負担を軽減することができるでしょう。

おすすめのクリニック

バイオクリニック東京

バイオクリニック東京_画像

http://bioclinic.jp/breathcare/

◆所在地:東京都渋谷区渋谷3-16-2 ニュー三水ビル4F
◆受付時間:月~金曜日・・・10:30~20:00 土日祝・・・9:00~18:30
◆休診日:隔週の水・木、水・日
◆電話番号:0120-860-086
◆治療内容:口臭治療・歯周病治療・審美治療・バイオプレート治療など
◆特典:1日10名に限り、口臭測定が無料
◆おすすめの理由
バイオクリニック東京は、口臭の検査や治療だけでなく、心理的なカウンセリングも行っています。
通常の口臭外来ではこうしたカウンセリングは行われませんが、バイオクリニック東京ではしっかりと対応してくれるため、自臭症のことについて相談したい人にオススメです。
初診のカウンセリングは無料なので、お金の心配をせず気軽に相談ができます。

 

信愛クリニック

信愛クリニックhttp://shinai-clinic.com/about/

◆所在地:神奈川県鎌倉市大船2-26-10
◆受付時間:月~金曜日・土曜日・・・9:00~20:00
◆休診日:日曜・祝日
◆電話番号:0467-48-6678
◆治療内容:心療内科・一般内科・消化器内科・在宅医療

◆オススメの理由
信愛クリニックは、内科での身体面への治療のほか、カウンセリングによる精神面への治療も行ってくれます。
一部の精神科では、ろくにカウンセリングもせずに薬を処方するだけの治療を行っていますが、こうしたやり方では精神面へのケアが十分に行えません。
信愛クリニックは、カウンセリングでの精神面へのケアを重視しているため、投薬のみの治療を避けることができます。薬の処方をできるだけ避けたいという人にもオススメです。

 

使えば安心できる!口臭対策グッズ

口臭対策グッズ

自臭症だとわかり、自分の口臭が思い込みだと分かっても、外に出るとやっぱり自分の口臭が気になるはず。
そんな時は、心を落ち着かせる方法として、口臭対策グッズを使ってみるのも効果的です。
「グッズを使ってるから大丈夫」だと考えることで、外出時の不安感を軽減できるかもしれません。

コンビニでも買える!フラボノイド入りのガム

クロレッツhttp://www.clorets.jp/products/gum/#products__title

クロレッツXPには、フラボノイドの1種である「カテキン」が含まれています。
カテキンにはさまざまな健康効果がありますが、高い抗菌作用から、口臭にも効果があると注目されています。
口臭の原因は、ほとんどが口の中の菌類が悪臭のガスを作ってしまうせいです。カテキンは、そんな悪臭を作り出す菌類の働きを抑え、口内の環境を良くするといわれています。
また、ガムを噛み続ければ唾液の分泌も良くなるため、唾液の効果によって口臭の原因菌の増殖を抑えることができます。

 

食後に飲んでケアできる!口臭対策サプリ

デオラボ_ハーバルスタンダードhttp://deo-lab.com/deo06_a.html

デオラボのハーバルスタンダードは、桑の葉からとれる葉緑素、「Feクロロフィリンナトリウム」を豊富に配合した口臭サプリメントです。
Feクロロフィルには、臭いの成分を酸化・分解する作用があるため、服用することで胃腸からくる口臭を改善することができます。
また、デオラボのハーバルスタンダードにはペパーミント成分も含まれています。Feクロロフィルによって消臭し、ペパーミントによって口臭をリフレッシュさせることができるのです。

歯周病対策にも効果的!口臭マウスウォッシュ

シシュテック_価格http://bianca-f.com/sysyutech_a01/

シシュテックは、口内の悪臭菌の殺菌・歯周病予防・口臭予防効果の3つの効果が得られるマウスウォッシュです。
殺菌効果の高い「イソプロピルメチルフェノール」によって殺菌すると同時に、抗炎症成分である「グリチルリチン酸2K」が歯周病による歯茎の炎症を抑えてくれます。
口臭の多くは歯周病が原因ですから、歯周病へのケアができるこのマウスウォッシュは、口臭予防のための商品として高い効果があります。
また、悪臭を打ち消すローズマリーやカモミールなどの香料や、消臭効果のある茶エキス、悪臭菌の増殖を抑制するキシリトールなども、口臭の予防に高い効果を発揮します。

気になる時に使える!口臭予防ができる洗口液

ルブレン_商品の画像https://lubren.jp/partner/

ルブレンは、歯磨き後に口の中を殺菌する洗口液です。
ルブレンの特徴は、高い抗酸化作用を持つ「フランスカイガンショウ樹皮エキス」が配合されています。
抗酸化成分は、口内の雑菌の繁殖を抑える効果があります。
フランスカイガンショウ樹皮エキスの抗酸化力はレモンの数十倍と言われているため、高い口臭改善効果が期待できるのです。
また、ルブレンには口の中の乾燥を防ぐセージローズマリーなどの成分も配合。シークワシャー果実水を使用しているため、使用すると爽やかな味と香りが広がります。

心の負担と体の臭いを抑える!生活習慣の改善も効果的

腸内環境改善イメージ

ストレスも口臭の原因に

口臭の原因として挙げられるのが、ストレス。
強いストレスを感じると、口の中の唾液が少なくなり、その結果悪臭を放つ菌が増えやすくなります。
自臭症に悩む人の場合、「誰かが自分の口臭を迷惑に感じているかも」という不安から強いストレスを感じ、本当に口臭が現れることもあるのです。

自臭症を悪化させるセロトニン不足

セロトニンとは、別名で「幸福ホルモン」と呼ばれるホルモンです。
このホルモンは、脳内で分泌されると精神を落ち着かせる作用があります。
逆に不足すると、不安や恐怖感が増えてしまい、自臭症などの社交不安障害の症状も悪化してしまうのです。
セロトニンを増やす生活習慣を行うことで、精神を落ち着かせ、自臭症の症状を和らげやすくなります。

腸内環境の改善で自臭症の予防・改善ができる?

セロトニンは、腸からトリプトファンと呼ばれる成分が吸収されることで、合成されます。
腸内環境を良くすれば、このトリプトファンの吸収率も上がるので、セロトニンが作られやすくなるのです。

実際の口臭も抑えられる!腸内環境改善のメリット

便秘などが原因で腸内環境が悪化すると、悪臭を放つ悪玉菌が増加します。
悪玉菌の出す腐敗したガスは、腸に吸収されると血液の中に溶けてしまいます。すると、その腐敗ガスを含んだ血液が肺にまで到達し、吐く息の中に腐敗ガスが混じってしまうのです。
腸内環境を改善すれば、こうした腐敗ガスを発する悪玉菌が減少します。
善玉菌が増えることで、反対に悪玉菌の数が減少していき、腐敗ガスが発生しにくくなるのです。

口内環境も良くなる

口内環境とは、腸内環境と同じく、口の中の善玉菌・悪玉菌のバランスのことです。
悪玉菌である虫歯菌や歯周病菌が増えると、口臭もひどくなるため、これらの菌の増殖を抑えてくれる善玉菌を増やす必要があります。
腸内環境を整える食べ物の中には、口内環境をよくするものも含まれているので、腸内環境を整えれば口内の環境も自然と良くなるでしょう。

腸内環境・口内環境を整える方法

食物繊維や発酵食品を食べる

食物繊維は、腸内の善玉菌のエサとなる成分です。
毎日の食事にこの食物繊維を取り入れることで、腸内環境を整え、悪玉菌を減らすことができるでしょう。
特に意識的に摂取してほしいのが、海藻や大麦に含まれる水溶性食物繊維
不溶性食物繊維は、大量に摂取すると便秘の原因となりますが、水溶性食物繊維は便通を良くしてくれます。
さらに、善玉菌は水溶性食物繊維の方を好む傾向があるため、水溶性食物繊維を多く食べれば、効率よく善玉菌を増やせます。
納豆やヨーグルトなどの発酵食品も、腸内環境を改善させる食べ物として有名です。
特にオススメできるのが、ロイテリ菌やLS1などの乳酸菌を含む食品です。
これらの菌は、口臭の原因となる菌を抑え込む力があるため、摂取することで腸内・口内の環境を改善させられます。

緑茶やココアを飲む

緑茶に含まれるカテキンには、虫歯菌などの繁殖を抑える力があります。食後に飲むことで、口臭の原因となる菌を抑制し、口臭を改善することができるでしょう。
また、ココアに含まれるカカオポリフェノールも、口臭の原因菌を抑制する成分として有名です。
ただし、緑茶に含まれるカフェインには利尿作用があるので、飲みすぎると口の中を乾燥させ、口臭が現れやすくなります。ココアに関しても、たくさんの糖分がふくまれているため、飲みすぎるとかえって虫歯や歯周病のリスクを増やしてしまいます。
1日2~3杯までにするなど、きちんと飲む量を制限することで、こうした問題を避けられるでしょう。

規則正しい生活習慣を行う

運動習慣の実施や、十分な睡眠時間を確保するなど、生活習慣を改善することも腸内環境を良くする上で重要です。
運動や睡眠は、自律神経を整える大事な要素です。自律神経が正常化すると腸の動きも良くなり、便秘の解消や腸内環境の改善に繋がります。

まとめ

自臭症の診断・治療は簡単に行うことはできません。
口臭を消すため、さまざまな口臭ケア用品を乱用し、結果口臭がひどくなる場合。
ストレスを感じると特定の口内細菌が増殖し、急激に口臭が悪化する場合。
PATM(パトム)と呼ばれる、他人に悪臭やアレルギーなどの影響を与える原因不明の症状の場合。
または、臭いに対して非常に敏感な人が近くにいたことで、自臭症に陥ってしまった場合も考えられます。
臭いについての定義は非常に曖昧なので、自臭症なのか、それとも本当に臭いがあるかは自分で判断することは難しいでしょう。
どれだけ口臭ケアをしても改善しない人、そして口臭によって苦しい状況におかれている人は、決して自分ひとりで抱え込まないでください。
まずは、本当に口臭があるかどうかを客観的に調べるため、歯科や口臭外来などに相談しましょう。

Pick Up