歯の状態を良くする

 

審美歯科とは、口腔内の見た目を良くするための治療をおこなっている歯科です。歯の色合いはもちろん歯茎の色合いも美しくする治療や、欠けた歯の補修などをおこなっているのです。主な治療内容は、ホワイトニングや、銀歯や欠けた歯を白く丈夫な材質の歯に変えるセラミックインレーなどです。審美歯科で治療を受けることで、歯も歯茎も、美しい状態になります。見た目が良くなるだけでなく、治療の際に歯垢や歯石をしっかりと除去することになるので、衛生面においても良い状態になります。それにより、虫歯や歯周病になるリスクは下がりますし、口臭のトラブルも改善する場合が多いです。審美歯科で口腔内の状態を良くしてもらうことで、日々を一層快適に過ごすことができるようになります。

 

審美歯科での治療には、基本的には健康保険が適用されません。健康保険が適用される治療もおこなわれるのですが、限られた方法となります。たとえば銀歯を白い義歯に変える治療の場合、プラスチック製の義歯なら、健康保険適用内となります。しかも前歯の場合、表面のみプラスチック製にすることが認められています。裏面もプラスチック製にすると健康保険が適用されなくなるので、裏面は金属にする必要があります。健康保険適用内なら、支払いは3割負担の場合5000円程度で済みます。セラミック製やジルコニア製の義歯を使う場合や、ホワイトニングの場合は、健康保険は適用されません。そのため審美歯科が独自に料金を設定しています。相場としては、セラミック製の義歯は1本7万円ほど、ジルコニア製なら10万円ほどです。ホワイトニングは、前歯を中心に上下10本ずつにおこなった場合、5〜7万円となっています。

 

費用に見合った効果

お金を持ったぬいぐるみ

審美歯科という診療科があるのをご存知でしょうか。 審美歯科というのは、見た目の美しさに重点を置きよりきれいで美しい口元にすることを目的とした歯科治療です。近年は美に対する意識が高まっている背景があるのかもしれません。 審美歯科の治療費はその治療内容によって大きく変わってきます。 ホワイトニング治療では20000円から50000円位かかるようです。 セラミック治療ではその治療内容で値段に差がありますが、大きくくくると50000円から180000円位かかるようです。 歯科矯正では矯正の内容によって差がありますが大きくくくると700000円から1500000円位かかるようです。 このように高額な治療費がかかるので担当医とよく相談して治療することをおススメします。

 

審美歯科は見た目の美しさを重きを置き口元をきれいにする治療を行います。 その歴史をさかのぼってみるとそう長くはないことがわかります。1990年代にアメリカの歯科医から起こったのが由来とされています。それが現在では世界に広がってきたようです。 そもそも「審美」という言葉の意味は何でしょうか。これは「エステティック」を日本語に直したものです。つまり美容のための歯科治療ということになります。近年では美容に対する意識が高まっている背景があり広がってきたのではないでしょうか。また社交の場において口元から見える歯がきれいにそろっていると相手に与える印象が良くなる傾向があるようです。また本人も口元がきれいだと自信を持って口を開けるということもあるのかもしれません。

 

歯の健康のため

 

多くの人にとって、「歯」の健康とは、虫歯や歯周病のない状態を意味するのではないでしょうか。一昔前までの「学校歯科検診」では、虫歯の有無だけが検査され、「歯並び」や「噛み合わせ」は重要視されていない時期がありました。「虫歯」や「歯周病」さえなければ「健康な歯」であると、考えられていたのです。  しかし、このような風潮も「歯並びの重要性」が認められると共に変化してきました。今日の学校歯科検診時では、「歯並び」の状態も積極的に検査するようになってきました。「歯並び」や「噛み合わせ」等に異常が認められた場合は、矯正歯科での治療を提案するようになっています。「歯並びの良し悪し」は、他の口中トラブルと同様、歯の健康に大きな影響を与えると判明してきた結果なのです。

 

「歯並び」が良くないことを気にする一番の原因としては、「見た目」の問題が大きからでしょう。他人に与える印象も悪くなり、多くの場面で不利に働く可能性も否定できません。口元は視線が集まりやすいので、「歯並びの悪さ」悩みの種になります。  「歯並び」への意識が年々高まりをみせ、矯正歯科で治療を受ける方が増えています。この傾向は児童だけでなく、大人の方にもあてはまることです。今日では、「歯並び」の良さが、1つのステータスとなってきた感があります。「悪い歯並び」を放置しておくことは恥ずかしいことだ、という認識が高まり、矯正歯科での治療を受けるようになってきた方が増えてきたのです。  更にまた、「歯並びが」全身の健康に大きな影響を与えると判明してきました。この事実は、あらゆる年齢層に「歯並び」への意識を高める結果をもたらしました。矯正歯科での歯列矯正を、多くの方が認めるようになってきたのです。

 

見た目を良くする

モノクロの女性

容貌を美しくするために美容整形手術を受ける人がいますが、いくら顔立ちをキレイに整えることができたとしても、笑った時に見える歯の状態が悪くなってしまっていては、魅力が半減してしまいます。たとえば歯並びがガタガタになってしまっていたり、歯の色が黄ばんでしまったりしている人がいますが、そのような人は審美歯科クリニックを受診してみることをおすすめします。審美歯科では、歯の見た目をキレイにするための、様々な治療を受けることができます。矯正治療を受ければ歯並びをキレイにすることができますし、ホワイトニングやセラミッククラウン、ラミネートなどの治療を受ければ、変色した歯を白くすることができます。口元から見える歯の状態によって顔の印象が大きく左右されてしまう可能性が高いので、気になっていることがある人は、審美歯科クリニックで相談してみることをおすすめします。

 

審美歯科クリニックを受診すると、歯の機能面よりも審美面が重視された特別な治療を受けることができます。どの治療も健康保険の適用を受けることができませんので、高額の費用がかかりますが、その費用に見合うだけの改善効果を得ることができるため、多くの患者が満足しています。審美歯科で行われている一般的な治療としては、クリーニングやホワイトニング、セラミック治療、歯列矯正、インプラントなどをあげることができます。歯並びが悪いだけではなく歯の表面が着色されているとか、一部の歯を失ってしまったなど、複数の悩みを抱えている人が少なくないため、最近ではいくつかの治療が並行して進められるケースが多くなってきています。複数の治療を同時に進めるようにすれば、通院期間を短縮することができます。

 

歯科の検討ができる

 

神戸には矯正歯科がたくさんあります。どこの矯正歯科にも特徴があり治療を受ける人が納得して受けられることが大切です。 最近の矯正歯科医院は土日に開院していたりといろいろなサービスが見られます。矯正がすべて自費治療ということでサービスの一つというのも理由のひとつです。 そして、人口も多い神戸のような場所がら、サービスも充実している矯正歯科もあります。 矯正の手法が多いことはもちろん、本来は有料の初診料、検査料、矯正治療中に装置の調整をするときにかかる料金、歯を動かし歯並びが決まった後におこなう保定処置のリテーナーなどが無料というサービスをおこなう矯正歯科も神戸には数か所あります。 そういった矯正歯科が上位にあります。 矯正歯科は歯科というよりもサービス業に近いものとなりつつあります。

 

神戸のなかで人気のある、ある矯正歯科は矯正専門のドクターが常勤で4名ほどいますが、グループ歯科では30名以上の歯科医師がおり、あるとあらゆる相談治、治療が可能なようです。 本来言われている矯正のみならず最近ではインプラントなどで修復する場合も増えているので、矯正、インプラント、歯周病と幅広いドクターがいることは患者としては大いに安心できます。 矯正の手技も普通の金属ワイヤーを用いたものから透明ワイヤー、裏側に器具を付ける裏側矯正、マウスピースで行うインビザライン、歯を抜かずに削って行うスライス、などなど、見た目や口の中に負担のすくない手技も多数行われています。 後、高額になりがちな費用に関しても完全固定制で最初に設定した料金に追加料はかからないことも人気の理由です。

Pick Up