歯の美と健康

自らの美のために多くの人が様々な努力っていうのをしていると思います。そうした努力の積み重ねによって美しさっていうのは実現するんですよね。ただ、そうした努力積み重ねた美しさを台無しにする原因となることっていうのは結構沢山あります。その中でも、歯の美しさっていうのは非常に大きなポイントになると思います。見た目もキレイでスタイルも凄くいいのに、歯がものすごく汚かったり、歯並びがガッタガタなんていう事になっちゃうと、やっぱりダメだと思うんですよね。でも、美しさもスタイルもいい人が歯並びも良くて真っ白で凄くキレイな歯をしていたら、美しさは何倍にも引き立つと思うんです。歯っていうのは気にならないようで、かなり気になってしまう部分だと思います。気にしないようにっ普通に話をするだけでも必ず眼に入ってくる部分ですから、その歯の印象っていうのが悪くなれば、自然とその人に対する印象っていうのも悪くなっていくと言えます。審美歯科では矯正から親知らずのケアまであらゆる歯科に関する治療を受けるという事が出来るだけでなく、美しさという事に重点を置いた治療を行ってもらう事も出来ますからね。

ここではそんな審美歯科での歯列矯正や親知らずのケアについて紹介していきます。審美歯科っていう名前は知っているけど、どんなところなのか知らない人も多いと思います。矯正や親知らずについてもなんとなく知っているってだけで、詳しく知らない人も多いでしょう。矯正や親知らずについても詳しくなればさらなる美しさを手にすることが出来ますからね。歯科の中でもその名前からちょっと特別な感じのする審美歯科。この審美歯科では一体どのような治療が行われているのでしょうか。歯には大きく分けて2つの側面が存在しています。1つが物を噛み切り、砕いて消化し易い様にするという機能的な側面ですよね。美味しく食事をする上で歯っていうのは欠かせない存在であるとともに、その人の見た目や美しさというのを向上させるといった審美的な側面という2つを持ち合わせています。

歯並びをキレイにする

歯列矯正では歯にプレッシャーをかけて、徐々に移動させて適切な位置で固定するという歯列矯正によって、キレイな歯並びっていうのが実現するわけですよね。この歯列矯正の方法っていうのも昔はよく目立つ矯正器具を装着するという方法しかなかったのに対して、今では新たな矯正法や目立ちづらい矯正器具っていうのが登場しているんですよね。こうした目立ちづらい矯正器具っていうのは審美性の損失というのを最小限に抑えつつ、矯正をおこなう事が可能になって審美性を向上させるっていう事が可能なんです。歯列矯正というと、銀色で凄く目立つ矯正器具を付け続けなければならないというイメージがあるので、矯正への一歩を踏み出し辛いという問題があったんですよね。

しかし、こうした目立ちづらい器具の登場によってそのハードルというのを一気に下げることに成功したと言っても過言ではないでしょう。さらに、今では透明なマウスピースのような矯正器具を利用する事で矯正しているという事自体を周りに気が付かれずに歯列矯正が出来る様になっていたりもするので、昔矯正を考えたけど矯正器具がネックで諦めたという人も今ならそうした見た目的な問題を解決した上での矯正っていうのが可能ですよ。審美的側面に重点を置いた治療っていう風に言われてもいまいちピンと来ない人も居ると思いますが、こうした歯列矯正やホワイトニングや特殊な素材を使った人工的な歯をもちいた治療です。自らの美しさを向上させるための歯科治療をしたいという風に考えた場合には、通常の歯科での治療を受けるよりも審美歯科での治療を受けるという方が適しているというわけですね。

早期の治療が肝心

腕相撲

審美歯科では様々な審美的な面に配慮した治療を行うという事が可能ではありますが、どんな場合においても重要になるのは早期に治療を行うっていう事に他なりません。コレは歯科に限らずどんな病気においても同じことが言えるでしょう。早めに治療を行う事で、その分治療にかかる期間や手間っていうのを最小限に抑える事が出来るわけです。特に歯科の場合には、再生する事のない歯を削って治療を行うわけですから、削り取る部分っていうのは最小限に抑える方がよいに決まっていますよね。なので、歯に異変を少しでも感じた時は早急に治療をしてもらうという事が肝心です。ちょっとした異変があったけど、今はもうなんともないから大丈夫なんていう風な油断はとっても危険ですからね。

そうして何もないと思っている間にも虫歯などは進行していくわけですし、大きな痛み等が出てからでは治療も大掛かりな治療が必要になりますからね。そうした事にならないようにする為には、ちょっとした異変があっても早めに治療をするという心がけが大事です。歯列矯正なども、子供頃に行うほうが大人になってからするよりも矯正にかかる期間が短くて済むなんていう風にも言われていますからね!通常の歯科では審美的な側面にはとらわれず機能的な部分を正常に戻すための治療っていうのがメインに行われているので、歯科での治療を受ける事で審美性が損なわれるということもあるわけです。しかし、審美歯科では上記にもある審美的側面に重点をおいて治療を行うのです。

親知らずの抜歯

親知らずっていうのは、抜かなければならないという人もいれば、抜かなくてもいい人がいたりするんですよね。逆に絶対に抜かなければならないなんていう風に考えている人も中には居るかもしれません。でも親知らずっていうのはどうして抜いたりするっていう必要があるのでしょうか。親知らずの抜歯っていうのは、凄く痛いなんていう風に聞いたりもするので、ちょっと怖いっていう風に思っている人も多いんですよね。なので、ここでは親知らずについてちょっと話をしておきましょう。親知らずは、最後に生えてくる一番奥の歯の事を言います。上下ともにキレイに生えていてしっかり噛むという事が出来る場合には、抜歯っていう必要はありません。

しかし、親知らずが横向きに生えていたり、きちんと生えずに歯の一部だけが見えていたり、上下どちらかの歯だけが生えていたりなんていう場合には抜歯が必要です。横向きに生えたりしている場合では、親知らずの前にある歯に悪影響を与えたりなんていう危険性があるんですよね。中途半端に生えていたりすると、歯磨きが上手く出来ずに虫歯のリスクは高まるし、上の親知らずだけ生えているなんていう場合には、親知らずが下がってきて下の歯肉にあたって痛みの原因となったりなんていう事があります。抜歯は口内トラブルにまつわる治療の中でも最終手段と言われています。抜歯はどのような器具を使っても多少の痛みは伴うと言われています。しかし、歯科の中には無痛治療を行なっているところも多く、こうした歯科だと痛みもほとんどありません。

Pick Up