健康的な歯

歯ブラシ

毎日の生活を送る中で歯を健康に保つことは大切なことです。
私達は歯磨き粉や歯ブラシを使って歯を磨いていますが、毎日行なうことで歯の隙間にある汚れを取り除くことができます。
歯に少しでも菌があるとそれが少しずつ繁殖してしまい、それが歯の病気に繋がってしまいます。
虫歯や歯周病などの歯の病気は子どもから大人まで様々な人が発症しやすい傾向にあります。
日々の生活で一本一本の歯に気をつけていれば、初期の段階で歯を治療することができます。
医療福祉施設や歯科では一般歯科や小児歯科、審美歯科や矯正歯科などがあります。
それぞれ歯の診療内容が異なっていますが、医療福祉施設や歯科に通うことで歯の悩みを改善することができます。
治療を行う前にまずは専門医に歯の状態を診てもらい、必要であればレントゲンなどを撮影して状態を詳しく観察していきます。

歯の状態を把握することによってその人に合った最適な歯科治療を提案できます。
現代医学は少しずつ進歩してきているので、昔よりも痛みの少ない歯科治療法を行なっています。
これなら痛みが苦手なお子さんでも安心して医療福祉施設や歯科に通うことができます。
健康的な歯を保つためには普段から歯ブラシや歯磨き粉を使ったケアが大切です。
歯磨きの方法を知りたいときは、医療福祉施設や歯科に行くことで正しい歯磨きの仕方を教えてくれます。最初は自分で磨いていきますが、その後は専門医が解説をしながら磨いてくれるのでその指導を続けていれば少しずつ丁寧に歯を磨けるようになります。

歯並び改善

歯並びをコンプレックスに感じている人は多く、そのため笑顔で笑うことができない人もいます。
歯の並び方が悪いだけで第一印象を大きく変えてしまいます。自然には歯の形を変えることができないので、歯の悩みを改善するためには矯正歯科へ行く必要があるでしょう。

矯正歯科では歯並び改善のための治療を行なうことができ、この治療をすることで少しずつ歯を元の位置に戻すことができます。

歯並びの状態は見た目が悪くなるというだけではなく、今後虫歯や歯槽膿漏などの状態にもなりやすくなってしまいます。歯並びが悪いと隙間ができやすいので、そこから食べかすや菌などが侵入する可能性が高まるのです。

毎日の歯磨きを行なっても菌や食べかすが落としにくいため、歯並びを改善することによって歯の病気になりにくくすることができます。

歯並びを改善すれば歯の隙間がなくなり、毎日の歯磨きで全ての汚れや菌を落とすことができるようになります。日本全国に多くの歯科がありますが、矯正歯科の診療をしているところも年々増えてきていますよ。

矯正歯科では無料相談も行なっているので、歯の悩みを抱えている人は専門医と相談することにより治療の決断をすることができます。歯並びが良くないことから噛み合わせも悪くなってしまい、こうしたことから顔の形も歪んでしまうことがあるのです。
この状態を放置していると顔だけではなく全身のトラブルにも発展してしまうかもしれないので、早めに治療をしておくことが必要です。

矯正装置

矯正歯科では歯並びの改善をすることができますが、その治療には矯正装置が使われます。
矯正装置を使うことにより、歪んだ歯を元の正常な位置に戻すことができます。しかし矯正装置を初めてつけるときは痛みが発生してしまうこともあり、この痛みは数日間続くこともありますが少しずつ痛みに慣れてくるでしょう。

矯正歯科では矯正装置をつける前に専門医から注意事項をいくつか聞いていきます。
まず食生活をするときには固い食べ物や粘着タイプのものは控えるようにしなければなりません。
固いものを食べるときは大きいものを一気に食べると歯の負担を与えてしまいます。なので歯の負担を与えないためには、なるべく小さく砕いてから少しずつ食べるようにすることが大切です。
また粘着の状態を引き起こす食べ物にはキャラメルやガムなどが挙げられます。これらは歯ではなく矯正装置についてしまうので、サビを引き起こす原因にもなってしまいます。

矯正歯科で治療をするときには注意事項を把握した上で慎重に生活をしていく必要があります。
治療中はなるべく食生活に気をつけることで、順調に歯を正しい位置に持っていくことができます。
矯正装置はメタルブラケットやセラミックブラケット、リテーナーが使われています。
患者の歯の状態に合わせてこれらの装置を変えていきますので、矯正歯科の専門医と相談してからその人に合った治療を行ないます。
どの矯正装置にもメリットとデメリットがあるので、それを把握した上で使用していかなければなりません。

治療の流れ

歯並びが悪いときには矯正歯科で治療をする必要がありますが、初めて矯正歯科へ訪れる人は治療前にカウンセリングをしていきます。
カウンセリングではこれからの矯正治療の進め方や、その人に使用する矯正装置の説明、治療にかかる期間などを詳しい説明を行ないます。
また患者に不安や悩み、希望の治療があるのかを詳しく聞いていき、それらの情報をまとめてから治療の提案をしていきます。治療に納得すればこれから専門医とともに治療計画を進めていき、日程を組んで矯正歯科の治療を始めることが出来るのです。

歯並びは人によっても違うので、カウンセリングのときに歯の状態も詳しく見ていきます。目視でしか確認できないので、細かく歯の状態を知るためには精密検査を行なう必要があるのです。
精密検査でレントゲン撮影をすればその患者の歯を見ることができ、そのときに歯の異常も発見することも出来ます。歯並びが悪いことによって噛み合わせがおかしい人は顎関節のレントゲン撮影をすることもあるでしょう。

矯正歯科の治療では基本的に矯正装置を使って治療を行ないます。生活の中で常に矯正装置がついていることになるので、普通の歯磨きをしただけでは汚れが残ってしまうこともあるのです。そのため矯正歯科では正しいブラッシング方法なども指導してくれるので、虫歯や歯周病などのリスクを抑えることができます。

矯正装置で少しずつ歯を正常な位置にすることができますが、治療完了した後もメンテナンスが必要です。定期的にメンテナンスをすることで歯に何かトラブルがあってもすぐに専門医が対応できますよ。

Pick Up