利用する際の注意点

最近では多くの歯医者が存在します。ごく一般的に歯医者さんでは虫歯の治療が多いと思います。虫歯になっても痛くなるまで歯医者さんに行くのはためらう方が多いと思います。しかし、虫歯の治療は早期治療が一番だからです。ほっておけばおくほど、治療期間も長引き、そして治療費もかかります。

虫歯治療にかかる金額ですが、軽症の場合はトータルで2千円から3千円です。中度の場合は2千円から1万円です。また重度の場合は7千円から2万5千円前後します。

健康保険であればどこの歯医者さんでもだいたい治療費は同じですが、治療で使う詰め物などを保険適用外であれば、歯科によってお値段はまちまちです。歯科によって症状によってお値段が違ってきますので、早めに歯科を受診が必要です。

最近では虫歯などの一般的な歯科だけではなく矯正歯科や審美歯科や口腔外科などもあります。トータルで診てくれる歯科はもちろんありますが、専門的に行っている歯医者さんが存在します。

咬み合わせや歯列矯正をしてくれる矯正歯科や審美歯科では健康保険適用ではなく保険適用外のいわゆる自由診療が主ですので、場所によってお値段が違ってきます。治療方法も医学の進歩により多く存在し、欧米の治療法を取り入れている歯医者もいます。美しさを追求が主の審美歯科ではホワイトニングや歯並びに力を入れています。

また失った歯を復活させる施術のインプラントの治療により劇的に私たちの生活が豊かになりました。しかし、治療によってトラブルもあるので、一番いい方法を見つける事も大事になっています。

インプラント治療

歯科医院では、入れ歯やブリッジに代わる歯が失った場合の治療法として、インプラントを行っています。この治療法は、歯がない部分に人工歯根を埋入し、その上に人工の歯をかぶせる治療方法です。あごの骨に埋め込まれたインプラントは、骨になじんでしっかりと固定されます。ですから、自分の歯のように違和感なく噛むことができます。

このインプラントを受けるには、骨の成長が終了する16歳以上である必要があります。逆に、受けられる年齢に上限はありません。ただし、あごの骨が十分発達していない場合は、治療を受けることができません。また、歯周病がある場合は、施術を行なうとインプラントが骨と馴染みません。よって、歯周病の治療を行ってから施術を行なう必要があります。

歯科医院では、歯を失った場合にインプラント施術を行っています。ここでは、施術における大まかな流れを説明します。まず、麻酔を行って、歯が抜けた所へ歯科インプラントを埋入します。その後、インプラントがあごの骨にしっかりと固定されるまで、3ヶ月から6ヶ月待ちます。そして、インプラントがしっかり固定されたのを確認したら、人工の歯を上にかぶせます。これで、歯科インプラント施術は終了です。

手術自体は麻酔をして行うので、痛みはありません。ただ麻酔が切れてから、痛み・腫れが出ることがあります。 施術後の注意点は、食事の時は硬い物は避けたほうがいいです。また、アフターケアとして、きちんと毎日のブラッシングを行うことが大事です。

定期的に通う

学生のころは毎年あった歯の検診も、卒業してしまうと自ら歯医者にいかなくてはいけないことになります。なにかと忙しい毎日を送るとついつい歯医者へいくのが遠のいてしまう方も少なくないと思います。 ですがほっておいて虫歯ができ実際歯医者に通ってみるとほかにも虫歯ができていた…などそう言った声も聞こえてきますね。

また、気づかぬうちに虫歯が進行しており治療するのも大掛かりになってしまったなど心配事は尽きないものです。 なので歯の治療ももちろんですが、歯石除去のような歯のメンテナンス、虫歯の早期治療のために定期的に歯医者に通うのもとても大切なことだと思います。 歯は一生のものであり、楽しい生活も送るために大切にしていきたいですね。

歯医者の利用を望む多くの人は口内に問題を抱えた人ですが、中でも一番望むのは重度の虫歯を持つ人です。 なぜなら、重度の虫歯はどう頑張っても自分で解決する事ができないからです。

虫歯は放っておくとどんどん悪化し、最終的に歯を失ってしまいますから、見つけ次第治療するに越した事はありません。多少の切り傷や風邪は人間が本来持つ治癒力で治りますが、一度悪化してしまった虫歯はそうはいきませんから、歯医者に診てもらう事が大変重要です。 また、歯医者を利用する事を望む人には、歯周病になってしまった人がいます。歯周病も放っておくと取り返しがつかない事になってしまうリスクがありますから、歯医者に治療をしてもらう事が大切です。

矯正をする

歯 サンプル

矯正歯科治療の中でも最新治療法とされているのが「マウスピース矯正」です。マウスピース矯正には大きく分けて二種類あり「インビザライン」と「アソアライナー」があります。 マウスピース矯正は本体が透明で薄いことから審美性に優れていると言われています。よって、実際に装着してみると周囲から全く気付かれません。

マウスピースは材質の弾性を利用して矯正し、アソアライナーについては治療の経過によって型を取り直すことで精密な矯正歯科治療が行えます。平均費用は100万円程度となりますが患者の症状によって治療費が大きく上下するため、まずは医師に診察してもらうことをおすすめします。また、歯科医院によって治療費も異なるので、事前に比較しておきましょう。

矯正歯科治療の費用については、矯正装置の種類によって大きく上下する傾向にあります。中でも従来の「メタルブラケット」は低コストであり、審美性に優れた「リンガルブラケット」は高コストとなります。審美性に優れているなど、患者の生活スタイルに合わせるとなると治療費は高くなるようです。

矯正歯科治療は金額だけで判断してはいけませんが、保険適用外ということもあり歯科医院選びは慎重に行いたいものです。歯科医院によって金額は大きな差がありますし、取り扱っている装置や医師の技術力も異なります。かかりつけだからという理由だけで歯科医院を選ぶのではなく、柔軟に選択していくことが大切と言えます。また、初診時に相談することもできるので、歯科医院で直接医師から話を聞くことをおすすめします。

専門的な歯科

矯正歯科の治療と聞いて、真っ先に矯正器具を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。矯正歯科の治療を受けること自体に、何ひとつ後ろめたい気持ちはないことでしょう。しかし、目立つ矯正器具を装着することに関しては、消極的に考える人が多いのではないでしょうか。

矯正器具は、非常に目立ちます。ですから、他人に注目されますし、そのことでストレスを感じたり、日常生活に支障をきたす場合もあります。ですから、矯正器具を装着すること、ひいては矯正歯科の治療を受けることに消極的になってしまうことは理解できます。 ただ、現在は目立たない、あるいは見えない工夫が施されている矯正器具も存在しています。ですから、従来に比べて患者の負担は大幅に軽減されているのです。

患者の負担を軽減させる取り組みは、今後も行われていくことでしょう。ですから、今後は矯正歯科の治療が今よりも、もっと身近になることが予想されます。

ただ、患者の負担は現在のところ、ある程度軽減されただけです。矯正器具が注目されるという負担はなくなったとしても、矯正歯科の治療には他にも負担があります。 例えば、治療期間です。矯正歯科の治療期間は、長期間に及びます。いくら見た目の抵抗がなくなったからといっても、矯正器具を長期間装着しなければならないことは負担です。そんな負担を強いられるのならば、少しぐらい歯並びが悪くたって良いと考える人もいることでしょう。

矯正歯科の治療が、見た目の改善をするための治療だと考えているのならば、それは大きな勘違いです。歯並びが悪ければ、噛む能力が不十分です。従って、しっかりと噛み砕かれないまま、食べ物は飲み込まれることとなります。そうなれば当然、胃や腸等に負担がかかりますし、胃や腸等に負担がかかれば、病気になる確率は高くなります。 このように、歯並びの良い悪いは体全体の健康に関わることなのです。ですから、見た目の問題に関わらず、悪い歯並びは、すぐにでも改善する必要があるのです。

適切な医師

インプラントとは、体内に埋め込む物体の総称で、心臓のペースメーカー等もこれに当たります。ここ数年の内に多くのデンタルクリニックで行われるようになったのは、デンタルインプラントと言って、歯槽骨に金属製のフィクスチャーを埋め込み、その上にアバットメントを装着して上部構造である人工歯を取り付ける治療法のことです。そして、最近ではインプラントと言えばデンタルインプラントのことを指して言うことが多くなりました。 この治療法は、歯科医師なら誰でもできるという施術ではありません。

要するに、インプラントには技術と経験が必要です。ですから、治療にかかる費用だけで決めてはいけません。十分に検討して信頼できる歯科医師を探すべきなのです。

インプラントの治療費がかかる理由について詳しく説明すると、第一に健康保険の適用外になるために、患者が治療費を全額負担することになるからです。また、高額な治療費はインプラントを行う歯科医師の自信の現れでもあるのです。そして、治療には特別な設備が必要で、骨再生のための施術が必要になる場合もあることから、どうしても技術料がかかってしまうのです。

さらに、インプラントに用いるフィクスチャーはチタン製で、人工歯はセラミックやジルコニア等でできており、とても高価な物なのです。 逆に、破格の治療費でインプラントを実施してくれるという歯科クリニックがあるならば、どうしてそれほど安くできるのか疑ってみる必要があります。

Pick Up