大人の矯正

治療目的

矯正は子供うちに受けることが大切だと言われますが、大人でも矯正治療を受けている方は沢山います。特に大人の歯列矯正の目的は、審美の面で改善する方がいるのです。つまりは、外見を気にして歯列矯正治を受けている方が数多く要るということなのです。

子供の時期の矯正は、周りの希望で行なわれることが多いです。しかし、子供のうちに矯正治療を受けても治療の進み具合が遅い場合もあります。ですが、自分の歯並びを治したいという強い意志なら、綺麗な歯並びを目標に矯正治療に望むことができます。大人の矯正治療は、装置や歯磨きなど歯のケアに気を配る事ができ、治療がスムーズになります。

噛み合わせを治す

大人の歯列矯正治療は、噛み合わせを治すことが最も重要です。噛み合わせが良い歯並びを正常咬合と言います。また、噛み合わせが悪い歯を不正咬合といいます。この不正咬合を治さない限り、肩こりや頭痛などに悩まされる可能性があります。

歯並びが良くなると、歯磨きをする際にブラシが歯の全体に届くようになります。歯周病や虫歯を簡単に予防することが出来るようにもなります。最も良いことは、食べ物をよく噛みながら食べることが出来るということです。噛むことが体への吸収や消化の助けになるので、体の内側から健康を保つことが出来ます。

治療の計画

大人の矯正は治療に時間がかかりますが、歯の成長や移動することがあまりありません。そのような事が理由で、矯正治療の計画を立てやすくなります。そこが大人の矯正治療のメリットになります。

 

見えない矯正

舌側矯正

見えない歯列矯正装置の中に、舌側矯正というものがあります。その舌側矯正とは、歯の裏側にやる矯正の事を言います。歯の裏側に矯正をするので、周りに気づかれにくいです。結婚式や成人式などに参加する際に受けることができます。どんな噛み合せや歯並びにでも対応しているうえに、治療効果を確実に出すことができるので、安心して矯正治療を受けることが可能です。

また、金属アレルギーの方でもこの舌側矯正の治療を受けることが可能です。

マウスピース矯正

マウスピースを使った歯列矯正は、取り外しが可能となっています。食事をする際も邪魔になることがありませんし、歯を清潔に保つことが出来ます。また、金属アレルギーを持っている方でもこの矯正治療を受けることも可能です。

しかし、歯並びやかみ合わせの状態がとても悪い場合は、このマウスピース矯正の治療を受けることができません。そのような場合は、マウスピースではなく、一般的に行なわれている歯列矯正治療で治すことが出来ます。

レーザー

歯列矯正の治療を行っている歯科の中には、レーザーを使うところもあります。一般の矯正治療では、痛みを伴うことが多かったですが、このレーザーを使うと痛みを軽減することができます。

レーザーを使っての矯正の場合は、歯の血行を改善しながら治療を受けることが可能です。特に副作用が出てくることはないので、安全に治療を受けることが出来ます。このレーザーは痛みを取り除くことが目的で行なわれるので、矯正治療が楽になります。ですから、痛くない歯列矯正の治療を受けたい場合は、このレーザー使っての治療を受けましょう。

 

矯正のメリット

綺麗な噛み合わせ

歯列矯正治療のメリットは数多くあります。それは、噛み合わせが良くなるということです。歯列矯正装置に中には、どんな噛み合わせでも矯正治療を受けることが可能なものもあります。そのような装置を使って綺麗な噛み合わせを手に入れることができます。ですから、噛合せを綺麗にしたい場合は、歯列矯正を受けて笑顔でいられるようにしましょう。

歯と体の健康を維持

歯列矯正で歯並びを整えると、歯を磨くときも全体の歯を隅々まで綺麗にすることが出来ます。反対に歯並びが悪いと磨きにくくなり、歯周病や歯肉炎などの原因になります。ですから、歯肉炎や歯周病などを防ぐためにも、歯を磨ける状態の歯並びを歯列矯正で目指しましょう。

また、歯並びを綺麗にすることで、歯を健康に保つことができます。歯並びや噛み合わせは歯の健康や体の健康にも繋がるのです。

顎の関節が良くなる

消化器官の一つである歯は大事にしなくてはいけない存在です。歯がなくては、食事をすることができなくなってしまいます。それを防ぐためにも、歯上下のかみ合わせや顎の歪みを治す必要あります。

噛み合わせがずれていると、顎の関節の調子が悪くなってしまいます。ですから、噛み合わせのズレを治すことで顎の関節の調子を悪くすることはありません。

アンチエイジング

歯列矯正の治療を行うと、笑顔が綺麗になります。歯が綺麗になると、自信を持って笑うことが出来るようになります。笑うことで表情筋が活性化するので、アンチエイジングケアもすることができます。

 

良くない歯並び

歯の重なり合い

重なり合っている噛み合わせの状態を叢生と呼びます。この叢生は、日本人の人たちに多く見られています。叢生になる原因やいくつかあります。その中で最も多い原因があるのです。

その原因が、顎が小さすぎるということです。顎が小さすぎてしまうと、全体の歯がきちんと並べられなくなってしまうのです。子供のうちにこの叢生を歯列矯正で治療して治しておけば歯を抜かずに矯正治療だけですみます。ですから、叢生に悩まされている方は、早めに歯列矯正の治療を受けるようにしましょう。

前歯が目立つ

前歯が目立つ歯並びの状態を、上顎前突といいます。上顎前突は言葉のとおり、上顎が下顎よりも前面に出ています。この歯並びの治療をするときも叢生と同じように歯を抜く必要があります。

しかし、子供のうちにこの上顎前突を治すと、歯を抜かないで治療することが出来ます。歯を抜かないで治す方法は、歯列矯正で、顎を大きく広げていく必要があります。大きく広げていくと、歯並びを綺麗にする事ができます。上顎前突の方に多いのが、口呼吸を行っていたり、舌の位置がずれていたりする事が多いです。それを治すため、トレーニングを必要とする場合もあります。

反対咬合

反対咬合は受け口とも呼ばれていますが、下顎前突とも呼ばれています。この下顎前突は、上顎前突の逆のパターンになっている状態で、下顎が前面に突き出ています。これも上顎前突と同じように、歯を抜くことが必要になります。歯列矯正だけでは済まないので、外科矯正で治療を受けることになります。

 

治療の流れ

歯列矯正

初診の相談

歯列矯正治療を行う前に歯科では、診断が行われます。初めて歯科に通う方は、初診になります。その診断では、歯列矯正の治療に対する不安や質問を聞く事が出来ます。分からないことや気になることなどは、この診断が行われている時にたくさん聞いていきましょう。そして矯正治療費対する不安をなくすようにしていきます。なぜなら、安心して治療を受けられるようにするためです。歯科が苦手な方でも怖がらずに受けることが出来ます。

精密検査

診断が終わったら、精密検査を受ける必要があります。精密検査では診断で必要になる歯の写真や問診などが行なわれます。そしてその結果を元に、自分に合っている治療方法を計画していきます。
治療方法を計画しないと、どのような治療が行われるのかを知ることができません。治療方法を知るためにも、計画をたてる必要があります。

診断

この診断では、歯列矯正の治療の流れや、治療にかかる期間な知ることができます。

また、この治療にかかる、費用に関してのことも知ることが可能です。納得できるまで、説明が行われるので安心して治療に臨むことができます。治療方法を押し付けることもありません。自分のかみ合わせがどのようになっているのか知ることができる良い機会です。詳しく分析してもらうことができるので、自分にはどのような歯列矯正の治療が必要なのかも知ることが可能です。

治療と装着

診断終わったら、歯列矯正治療の開始です。治療の開始では、歯磨き指導や矯正装置の装着などが行なわれます。ただ、時間がかかるので、歯列矯正の治療が受けられるときに歯科にいきましょう。

Pick Up