矯正の治療で通う

歯医者を利用する目的には、虫歯の治療だけでなく歯の矯正のために通う人も多くいます。全ての人が悩んでいるわけではありませんが、歯並びの悪さは生まれつきのものや、幼い頃の習慣等が影響しているため、いつの時代にも存在する消えることのない症状となっています。そのように、代わることのない需要に対し、近代医学の進歩によりその供給、つまり矯正歯科の技術が目覚ましく変化していきています。

現在の矯正歯科治療は、従来のイメージを覆す内容に生まれ変わりつつあります。新しい技術を導入する矯正歯科を扱う歯科医院も増えてきており、倉敷にも幾つも存在します。特に市外や県外に出ることなく、倉敷市内で優れた治療を受けることができるのです。

特に、倉敷駅周辺には利用者も多いことから、そういった矯正歯科医院が多く存在しています。その中の一つの例で言うと、治療内容の特色はまず「治療期間が短いこと」が挙げられます。歯医者というと、痛みも伴うことから1回の治療時間が短いために、何度も足を運ばなくてはならない、というイメージがあります。

特に歯の矯正には時間がかかるため、時間の融通が利かない人にとってはなかなか治療が進まない、などの悩みが出てきます。しかし、痛みも少ないうえに、治療期間が短いことで随分と精神的、体力的な負担が軽くなってきていると言えます。また、倉敷には大人向け、子供向けときちんと区別した治療を行う歯科医院が多いです。様々なアイテム、治療法を提案し、その人に合った方法で実践してくれるのです。

 

矯正歯科の価格を知ろう

矯正歯科治療の費用は歯科医院によって異なります。国立大学付属病院であれば費用は全国均一となりますが、歯科医院は基本的に自由に料金を設定することができます。よって、治療する医院によって矯正歯科治療の費用に差が生まれているのです。

歯科医院にもよりますが、料金プランは大きく分けて2つに分けられます。1つは治療費+通院回数というプランで、もう1つは通院回数によって費用が変わらないプランです。 矯正歯科治療は患者の症状によって治療期間が異なり、治療中であっても1か月に一度は通院することになります。

つまり、治療期間が長くなればなるほど費用が増していくということになります。料金プランを確認し、適切なほうを選ぶようにしましょう。

矯正歯科治療の歴史は、最古のものでは紀元前まで遡ると言われています。矯正装置なるものが出土したようで、当時から矯正に対する関心の高さが伺えます。 矯正学において、矯正器具や装置の存在というものは必ず話題に上がるものです。それは矯正学の発展とともに矯正装置が進化していったいうことにも繋がります。

現代の矯正装置にはさまざまな特性や長所が存在します。審美性を追求したもの、矯正力が増したもの、着脱可能となったものなどさまざまです。これらは患者の症状や生活スタイルに合わせて適合したものを選ぶことになります。長期間装着するものですから、最後まで妥協しないで選択したいものです。 矯正治療は今後もさまざまなタイプの装置が開発されると思われます。歯列矯正が当たり前となるような日も近いかもしれません。

 

昔から日本に存在している

歯のイラスト

矯正歯科治療とは昔から日本に存在する歯科治療です。しかし非常にその治療を受けている人が少ない現実があるのです。それは欧米諸国とは違って、治療費が健康保険適応外の自費治療であり、非常に高額な治療費を必要とするからです。そのため余程咀嚼や発音に障害が見られる子供にしか治療を施さない傾向にあるのです。

そのため日本では矯正歯科治療は15歳のまでの子供が受ける歯科治療との見方が長きにわたってあったのです。しかし最近では審美的観点から大人になってからも矯正治療を始めようとする人も多くなっているのです。そのため社会生活を営む上で、支障をきたさず安心して治療できるような方法を矯正歯科クリニックではたくさん用意するようになっているのです。

現代は従来の歯の表面に装置をつける矯正歯科治療のほか、マウスピース矯正や裏側矯正治療などもあり、その人のライフスタイルや職業にあわせて治療法を選択できるようになりました。またプチ矯正など短期間で歯の並びだけを綺麗にする低価格の矯正治療も現れているのです。

また矯正治療とは単に歯並びを整えるだけでなく、虫歯や歯周病の抑制の観点でも実は非常に重要な治療でもあるのです。歯並びが悪く、八重歯や出っ歯であると歯ブラシが隅々まで届かずに虫歯リスクを高めるのです。しかし歯並びを綺麗に矯正するだけで歯磨きが徹底でき、虫歯の発症を抑制できるのです。そのため厚生労働省が今後虫歯抑制のために矯正治療の重要性をさらに啓蒙すれば、尚一層治療の低価格化が推進されることが予測されるのです。

 

矯正歯科の専門家

矯正歯科の歯医者さんでは、学会や研究会などを通じて、全国の歯医者さんと意見交換を行っています。情報を共有することにより、治療技術の向上に結びついています。学会や研究会は、京都や大阪、東京などで開業をしている、矯正歯科の歯科医が参加しています。

矯正治療中は原則として虫歯や歯槽膿漏の治療を行うことはできません。矯正歯科では、虫歯や歯槽膿漏を治療してから、矯正装置を取り付けるようにしています。矯正治療中に虫歯や歯槽膿漏にかからないようにするため、歯科衛生士による歯磨き指導などを行っています。 矯正歯科では、治療方針や治療内容などを、患者さんにわかりやすく説明するための取り組みを行っています。治療中も、治療の進み具合についての説明を行っています。

矯正歯科での歯列矯正の治療は、矯正治療専門の歯医者さんが担当します。矯正歯科の歯医者さんには、認定医と専門医が存在します。認定医や専門医は、矯正歯科の学会で認定を受けることによって、認定医や専門医になることができます。

京都の矯正歯科の医院には、数多くの認定医や専門医が在籍しています。京都で矯正治療を行っている認定医や専門医は、学会が発行している名簿に、氏名や医院名などが掲載されています。 京都の矯正歯科の認定医や専門医は、矯正治療に関する学識や経験が豊富で、優れた治療技術を体得しています。認定医や専門医の治療を受けると、精度の高い歯列矯正が可能になります。認定医や専門医の中には、名医と呼ばれているカリスマ歯科医も存在します。

Pick Up