根管を治療する

歯医者さんで受ける事が出来る根管治療。根管治療に限らず、あまり馴染みのないような治療を受けなきゃいけないってなってしまうと、すごい大きな不安が生まれてしまいます。そうした不安を少しでも和らげるためにはどうすればいいのか?答えはとっても単純で簡単です!その答えっていうのは、治療をうける前にいろんな治療法について知っておく事なんです。どんな治療法があって、その治療がどんな風に治療をして、どんな効果があるのかがわかっちゃえば、不安も消えちゃうって事なんですよね。

根幹治療とは

歯 治療

歯医者さんで行っている根管治療は、その名の通り、根管と呼ばれる部分を治す方法です。根管っていうのは、顎の骨に埋まっている歯の根っこの部分の内側の空洞の事です。本来この根管には、歯の神経と呼ばれる歯髄で満たされているんですね。虫歯になってしまうと、最初に表面のエナメル質が侵され、次に象牙質、そして歯の神経という順に侵されていきます。そして、歯の神経まで侵されてしまうと、夜もねれないほどのすごい痛みに見舞われるわけです。歯髄は、根管を通って、歯の根っこの先まで満たされているので、歯の神経が虫歯菌に侵されてしまうと、侵された神経を歯の根っこの先まで丁寧に取り除く必要があるのです。そうした、歯の根っこの先まで丁寧に綺麗にするのが根管治療なんです。この根管治療は、非常に難しい治療で、治療をする歯医者さんのウデが大きく影響しちゃうんです。

歯医者のウデで結果が変わる!

 

根管治療が歯医者さんのウデが大きく影響する理由はとっても単純です。いわゆる歯の根っこというのは、人によって数が違いますし、前歯と奥歯でも根っこの数が違っています。また、根っこの形は、人によって全く違います。ですから、根管と呼ばれる神経が通る道の数や形も、人によって全く違っちゃうんですね。根管の入り口が一つでも、根っこの先に進むに連れて二股に別れてしまっているような場合もあるんです。更に、奥歯等の根管治療をするような場合、歯科医が視認出来る範囲も限られているので歯医者のウデがとても重要になるんです。

根幹治療の値段について

お金と置き時計

 

根管治療を始めとして、歯医者さんで現在受ける事が出来る治療にはとってもたくさんの種類があるんです。もちろん、それだけ沢山の治療があるっていうことは、治療の種類によって治療費も全く違ってくるんですよね。すごく安い料金で受ける事が出来る場合もあれば、とっても高い料金が必要になる場合もあるんです。歯医者さんですっごい高い治療費が必要になる場合と、すごく安く済ませられる場合の違いの秘密は保険です。歯医者さんの治療には、保険が効く治療もあれば、保険が効かない治療もあります。保険が効く場合と、効かない場合の一番の違いは、料金なんです。保険が聞く場合は、患者の治療費負担は3割程度で済んじゃいます。なので、同じ治療費が必要になる治療でも、保険が効く治療ならば3割の費用で治療が受けられるし、保険が効かない場合には、全額自己負担となるので、3倍以上もの差が値段に出てくるんですよね。

根幹治療は保険が利くの?

 

根管治療は、保険が利くのか利かないのか。眠れないほどの痛みが、根管治療で嘘のように消え去りますが、ものすごく高い治療費が必要になってしまえば、治療を受ける事が出来ても出費は非常に痛いですよね。また、治療費が高額過ぎて治療を受ける事が出来ないといったような人も出てくる可能性もあります。ですが、安心して下さい。現在、根管治療は保険が利く治療の一つとなっているので、眠れない程の歯の痛みが突然襲ってきても、非常に高額な費用が必要になる事はないんです。なので、根管治療が必要と言われても、お財布の心配をすることはありません。

Pick Up