日頃から自分の口臭に悩まされている人は多いはず。
自分では気づかない内に悪化しているので、慌てて口臭サプリなどを飲んでケアをすることもあります。
しかし、ここで気になるのが、こうしたサプリを飲まなくても口臭が強くならない人の存在。
口臭が現れている人と、そうでない人との差は一体なんなのでしょうか?

口が臭い原因は?

ショックを受ける女性

口臭の9割は口の中が原因

口臭ケア系のテレビCMの影響で、「口臭は胃腸から上がってくる臭い」だと考える人も多いでしょう。
しかし、口臭の原因はほぼ9割が口の中にあるのです。
不快な口臭を作り出すのは、口の中にいる虫歯菌歯周病菌といった細菌。
食事で歯に付着した食べかすを虫歯菌はエサとしますが、食べかすを食べた後、悪臭のガス(揮発性硫黄化合物/VSC)を作り出します。これが口臭の原因となるのです。
これらの細菌は普段の歯磨きで100%根絶することはできません。そのため、どんな人にも少なからず菌の発する口臭がみられます。
ただ、オーラルケアを怠っている人や、虫歯や歯周病になっている人ですと、一般の人に比べて菌の数が非常に多いため、より口臭を強く感じてしまうのです。

毎日のオーラルケアは歯磨きが基本。
使用する歯ブラシや歯磨き粉にこだわることで、より高い効果が期待できます。
詳しくは、以下のサイトを参考にしてみて下さい。

口臭の原因1:歯垢が多く残っている

歯垢は、虫歯菌などの有害な細菌が作り出す物質です。
この歯垢には1グラム中、約1,000億もの細菌が潜んでいるといわれています。
たとえ少量の歯垢でも中にはたくさんの悪臭菌が潜んでいるため、歯の磨き残しで歯垢が残っていると、口臭も悪化してしまうのです。
また、この歯垢は虫歯菌などの菌を保護するバリアのような役割があります。
口の中には非常にたくさんの菌が住み着いていますが、これらの菌はわたし達の口が分泌する唾液によって洗い流されています。
しかし、歯垢はこの唾液の洗浄力を弾き、さらに殺菌成分のある歯磨き粉や洗口液もブロックしてしまうため、大量の菌が口の中に住みついてしまうのです。

歯垢を除去するには?

歯垢を除去するには、毎日歯のすみずみまで歯磨きをするのが1番です。
歯垢はブラシの毛先で簡単にこすり落とすことができるので、正しい歯磨きをしていれば、悪臭の元である歯垢を問題なく取り除くことができます。
また、歯のくぼみや歯と歯の間、歯肉と歯の間など、歯ブラシだけでは磨きにくい場所の歯垢も落とさなければなりません。
そういった箇所の歯垢を取り除くには、タフトブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどの道具も使いましょう。
歯磨きでは、毎日どんなに入念に行っても7割程度の歯垢しか落とせません。
しかし、デンタルフロスなどを使うことで、残る2~3割の歯垢も除去することができるでしょう。

口臭の原因2:虫歯

虫歯は、虫歯菌によって歯に穴が開いてしまった状態の歯です。
歯に穴が開くと、その溝の中にたくさんの虫歯菌が住み着いてしまいます。
歯ブラシの毛先は虫歯の穴まで届かないため、毎日歯磨きをしていても口臭が現れてしまうのです。
虫歯を放置すると、表面のエナメル質から象牙質まで溶かされ、さらに歯の神経にまで影響を与えます。
虫歯が歯の神経にまで到達すると、強い痛みが現れるようになり、さらに歯肉にも膿が現れることで口臭がきつくなってきます。
こうした虫歯の治療が遅れてしまうと、歯の神経が腐ってしまい、口臭に腐敗臭が混ざるようになるのです。
虫歯による口臭は、症状がかなり進んだ時に現れます。初期の状態で治療をすることで、口臭の予防と虫歯によるリスクを回避できるでしょう。

口臭の原因3:歯周病

歯周病は、歯と歯茎の間で歯周病菌が増加することで発症します。
長い間歯と歯茎の間の歯垢を除去できずにいると、繁殖した菌の刺激によって歯肉に炎症が起こります。
すると、歯肉の炎症によって歯との間に隙間(歯周ポケット)ができてしまい、その中で歯周病菌が増加。歯ブラシでは磨けない場所で歯周病菌がどんどん増えてしまい、最終的には歯が抜け落ちてしまうのです。
この歯周病が起こると、歯茎へのダメージによって膿が発生(歯槽膿漏といいます)し、強烈な口臭が現れます。
特に歯周病になると、「メチルメルカプタン」と呼ばれる悪臭成分が多く発生するため、腐った玉ねぎのような刺激臭がするのが特徴です。

口臭の原因4:舌の汚れ

口から現れる口臭で大部分を占めるのが、歯周病と舌の汚れです。
舌にある白っぽい汚れは専門用語で舌苔(ぜったい)と呼ばれ、食べかすや粘膜の欠片、細胞の死骸などでできています。
悪臭を放つ菌も大量に潜んでいるので、舌の汚れが多いと口臭がきつくなりやすいのです。
舌苔が増えた時、舌ブラシなどで取り除くことで、口臭を改善することができるでしょう。

口臭の原因5:食べ物や嗜好品

食事によっても口臭は悪化してしまいます。
ニラやネギ、ニンニクなど臭いの強い食べ物を食べると、その食べ物の臭いが口の中に移ってしまい、口臭の原因となります。
また、タバコやお酒なども口臭の原因となるため、口臭が気になる場合はこれらの食べ物や嗜好品はできるだけ口にしない方が良いでしょう。

口臭の原因6:銀歯などの詰め物

歯科での治療で、銀歯やレジンなどの詰め物をかぶせてもらった人は多いはず。
しかし、この治療による詰め物も、口臭の原因となることがあるのです。
銀歯やレジンを歯にかぶせると、元々の歯との間にわずかな隙間ができてしまいます。その部分で口臭の原因となる虫歯菌や歯周病菌が増殖してしまうのです。
また、レジンは固まると収縮する特性があるため、治療後の接着が完全でなかった場合は歯に隙間ができて、菌の格好の住み家となってしまいます。
詰め物が口臭の原因になっている場合、歯科で歯のクリーニングや、歯の再施術を行ってもらうとよいでしょう。
また、こうした詰め物には寿命があるため、状態を調べてもらうためにも、1年に1度は歯科に足を運ぶ必要があります。

口以外に原因がある口臭

内臓イメージ

喉からくる口臭

口臭の原因として有名なのが、「臭い玉」と呼ばれる喉にできる白い塊。
この臭い玉は専門用語で膿栓といい、白血球の死骸や細菌でできた膿の一種です。
この膿栓ができるのが、喉の奥にある扁桃腺。
扁桃腺は外からくる病原体から体を守るためにある器官ですが、病原体に感染されると炎症を起こし、膿栓や膿汁といったたくさんの膿が現れます
これらの膿は強い悪臭を発するため、扁桃腺の炎症によって膿が多く現れると、口臭も非常にキツくなるのです。

胃腸からくる口臭

口臭の多くは口内の臭いが原因ですが、胃腸に現れる症状により口臭が悪化することもあります。
胃炎が起こると、胃での消化が滞るようになり、食べたものが胃の中で発酵することで、卵が腐ったような臭いが現れます。
また、胃炎の原因であるピロリ菌の増殖も口臭の原因です。
ピロリ菌は特殊な酵素によってアンモニアを作り出してしまうため、感染すると息に尿のような臭いが現れてしまいます。
※詳しくは以下の記事を参照してみて下さい

腸が原因の口臭は、多くの場合腸内環境の悪さによって引き起こされます。
腸内の悪玉菌が増加すると、腸内に悪臭のガスがたくさん作られます。
腸は栄養分を血管に流す器官なのですが、悪臭のガスが増加するとガスの成分が血管にも入り込んでしまうのです。
すると、血管内の悪臭成分が肺にまで到達してしまい、呼吸と一緒に排出。結果として口臭が悪くなってしまうのです。

蓄膿症

蓄膿症は、鼻の奥にある副鼻腔(ふくびくう)と呼ばれる部位に膿が溜まる症状です。
病原体に感染してしまい、副鼻腔に炎症が起こると、副鼻腔にたくさんの膿が溜まることがあります。
副鼻腔の膿は喉に流れることがあるので(後鼻漏といいます)、膿の臭いが息に混じってしまい、強い口臭が現れてしまうのです。

糖尿病

意外に思われるかもしれませんが、糖尿病も口臭の原因となります。
糖尿病になると、インスリンの働きが弱くなり、血中の糖を代謝できなくなります。
すると体の中で、足りないエネルギーを補充するため脂肪やタンパク質を分解します(糖尿病ケトアシドーシスといいます)。
この時作り出されるケトン体という物質の中に、口臭の原因となる「アセトン」が含まれているのです。
アセトンの特徴は、リンゴが腐ったような甘ったるい腐敗臭。
糖尿病になると、このアセトンが肺にも運ばれます。息と一緒に吐き出されることで、独特のリンゴが腐ったような口臭が現れるのです。
なお、「糖尿病ケトアシドーシスで脂肪が分解される」と聞くと、ダイエットに効果がありそうと考える人もいるかもしれません。
しかし、「糖尿病で痩せる」という状態は重度の糖尿病を患っている状態であり、腎臓などの臓器への負担が懸念されます。
糖尿病特有の甘い口臭が現れた場合、速やかに内科か糖尿病外来などへ受診しましょう。

ストレス

口臭はストレスとも関わりがあります。
人前で発表をする時など、強いストレスを感じた時、口の中がカラカラに乾いてしまったという人は多いでしょう。
強いストレスを感じた時、交感神経の影響で唾液の分泌量が減ってしまうため、口の中が乾きやすくなるのです。
唾液は口内の細菌の増殖を防ぐ役割があります。
ストレスによって唾液の量が減ると、口内の雑菌が一気に増殖し、口臭がキツくなるのです。

心理的な口臭

心理的な口臭とは、自臭症などの「思い込み」によって感じる口臭のことです。
過去に口臭を指摘され、それがトラウマとなってしまい、過度に口臭を心配する人が、この自臭症になりやすいです。
※詳しくは以下の記事を参照してみて下さい

ほとんど口臭はないのに、わずかな息の臭いから「口臭がする」と強い不安にかられます。
それにより、ストレスによる口臭の悪化や、デオドラント用品の乱用などで本当に口臭が悪化。その結果さらに不安になるという負のサイクルに陥ってしまうのです。
軽度の場合、口臭外来や口臭チェッカーで口臭を調べ、口臭がないとわかれば回復できます。
しかし重度の場合、自力での改善は難しいため、心療内科などでの治療が必要となります。

息が臭い原因は臭いの種類でわかる!

チェックのイメージ

特に問題のない口臭

  • 卵が腐ったような臭いをわずかに感じる
  • 臭いがあるが、歯磨きをしたり、口臭ケア用品を使うだけで消える
  • 朝起きると感じる強い臭い
  • 緊張したり、疲れていたりすると強くなる臭い

口の中が原因の口臭

虫歯

  • 卵が腐ったような臭い(VSC)
  • 腐った肉のような臭い(壊疽臭)
  • 時間帯に関わらず、常時口臭がする

歯周病

  • 腐った玉ねぎのような臭い(メチルメルカプタン)
  • 腐った肉のような臭い(壊疽臭)
  • ドブのような臭い(歯茎の膿)
  • 血生臭い(歯茎からの出血)

口腔カンジダ症

  • 焦げたような臭い

鼻や喉が原因の口臭

蓄膿症・扁桃腺の炎症(膿栓)

  • ドブのような臭い(膿による悪臭)
  • 生ゴミのような臭い

胃が原因の口臭

胃炎・ピロリ菌

  • 卵の腐った臭い
  • 尿のような臭い(アンモニア)

逆流性食道炎

  • ドブのような臭い
  • 酸っぱい臭い(胃酸)

腸が原因の口臭

  • おならのような臭い
  • 便のような臭

肝臓が原因の口臭

  • 尿のような臭い(アンモニア排出機能の低下)

糖尿病

  • リンゴが腐ったような甘い臭い

自分の口臭の調べ方は?

コップを使う方法

最も簡単な方法は、コップに息を吹きかけて臭いを嗅ぐ方法です。
空のコップへ3秒くらいゆっくり息を吹き入れ、いったん手でフタをします。
1度深呼吸をした後、コップの中の臭いを嗅ぐのです。
通常であれば、コップに息を吹き入れても臭いはほとんど残りません。しかし、強い口臭が現れている場合、コップの中に臭いが残っていることがあります。
そのため、少しでも口臭を感じたなら、強い口臭が現れている可能性があります。

口臭チェッカーを使う方法

多少費用が掛かりますが、コップよりも正確に口臭を調べられる口臭チェッカーもオススメです。
コンパクトで持ち運びが手軽な上、すぐに口臭のレベルを測れるので、口臭が気になる時にサッと使用することができます。
価格は平均して2,000円~3,000円のものが主流です。

クリニックで検査してもらう方法

一部の歯科や口臭外来では、口臭のチェックを行っています。
医師が直接嗅いで調べるだけでなく、ガスの分析ができる専門の測定機器の利用もするため、正確に口臭の有無を調べてくれるでしょう。
検査・診察の費用は保険が掛からないため、20,000~30,000円近くかかります。
高額なので、口臭があるかどうかを確かめたいだけなら、クリニックでの検査はオススメできません。
しかし、常日頃から口臭に悩まされている人や、何らかの病が疑われるほど強い口臭の場合、精密な検査と治療を行うクリニックで診てもらうとよいでしょう。

口臭の原因ごとの対処法

ドクターのイメージ

口の中が原因の口臭 ・歯科
・口臭外来
鼻や喉が原因の口臭 ・耳鼻科
胃が原因の口臭 ・消化器内科
腸が原因の口臭 ・消化器内科
肝臓が原因の口臭

・内科
・消化器内科

詳しくは、以下のサイトを参考にしてみて下さい。

特に問題のない場合の口臭は?

病が原因でない口臭は、普段のオーラルケアや、生活習慣の改善によって抑えることができます。
しかし、ストレスによってキツくなる口臭や、食事や喫煙によって強くなる口臭は、オーラルケアなどで対処するのは難しいでしょう。
そういった口臭を改善するため、利用できるのが口臭改善サプリです。
口臭が気になる時に使用することで、口の臭いをすぐに抑えることができるでしょう。

口臭の予防・改善に効果的?注目の口臭ケア商品

口臭ケアサプリのイメージ

歯の口臭予防

薬用ポリリンジェルEX

ポリリン酸ホワイトニング

http://www.regenetiss.com/bslp/

薬用ポリリンジェルEXは、高いホワイトニング効果をもたらしてくれる歯磨きジェルです。
分割ポリリン酸ナトリウムと呼ばれる独自の成分により、研磨剤なしで歯に付着している汚れを落としてくれます。
分割ポリリン酸には、歯周病によってダメージを受けた歯肉を回復させる効果があるため、毎日の歯磨きに使用することで、歯周病の予防もできるのです。
今なら薬用ポリリンデンタルリンスもセットでついてくるので、お得に購入できます。

【価格】
薬用ポリリンジェルEX+薬用ポリリンデンタルリンス:6,240円

舌の口臭予防

ブレスブロック

ブレスブロック画像

https://cera-shop.net/user_data/bblock.php?adcd=asps7f5njpt

ブレスブロックは、飴のように舐めるだけで、口臭を防いでくれるタブレットです。
成分には、口内の悪臭を素早くキャッチするデオアタック®を配合。
さらに、舌の汚れを溶かすパイナップル酵素も含まれているため、舌からくる口臭を改善することができるのです。

【価格】
90個入り:定期購入で2,480円(単品購入で2,980円)

腸からくる口臭予防

フレピュア

フレピュアイメージ画像

http://www.fromcocoro.com/frepure/pure/a8.html?ad_code=fpa801

フレピュアは、飲むことで口臭を予防するサプリメントです。
優れた消臭効果のあるシャンピニオンエキスデオアタック®を配合。腸内でこの2つがお互いに作用し合い、腸からくる臭いを防いでくれます。
また、フレピュアには腸内環境を整える有胞子性乳酸菌ビフィズス菌も含まれています。
腸内の臭いを改善すると同時に、原因である腸内環境の悪さも改善してくれるため、高い効果が期待できるのです。

【価格】
30粒入:初回980円(2回目以降は2,790円)

 

鼻や喉の口臭予防

ここがポイント!

なた豆茶ブレンド画像

http://www.tealife.co.jp/1tealife/natamame/02/index.html

なたまめ茶ブレンドは、なた豆・はと麦・黒豆をブレンドした口臭予防効果のあるお茶です。
なた豆は「膿だしの薬」として漢方でも使われる豆です。なた豆茶ブレンドを毎日飲むことで、鼻や喉の膿を洗い流し、息をリフレッシュさせてくれるでしょう。
また、健康維持や美容に効果的とされるはと麦や黒豆もブレンドされているため、口臭予防以外のうれしい効果も得られます。

【価格】
お試し15個セット:970円
30個セット+茶茶急須450ml(耐熱ガラス製):2,340円

まとめ

口臭を確かめているイメージ

口臭の原因にはなんらかの病が関わっていることがあると知り、不安を感じている人もいるでしょう。
しかし、口臭は心身のコンディションによって変化するため、口臭があることはイコールで病気であるというわけではないのです。
毎日3回しっかりと歯磨きをして、口臭ケア商品を使うことで改善されるなら、特に問題のない口臭だったと判断できます。
口臭に悩んでいる場合、まずは歯磨きなどの習慣や、口臭ケア商品を使い、改善されるかどうかを確かめてみるとよいでしょう。

Pick Up