自由診療

歯医者での治療に矯正歯科があります。虫歯等の治療と違い、矯正歯科治療は自由診療です。その分医療費が高額になります。金額は医院によって様々ですが、大人だと80万〜95万位で、子供だと30万から60万位の費用がかかります。他に観察経過中の診療費やレントゲン費などが別途請求されることもありますので歯医者の説明をよく聞いておきましょう。もちろん高額な医療費となるので一定の条件を満たせば矯正歯科治療費も医療費控除の対象となります。その為、領収書類は必ず取っておいてください。期間も人それぞれで、1年半の方もいれば3年かかる方もいらっしゃいます。通常の治療より多くの期間と費用を必要とするので、どのタイミングで行ったら良いか事前に計画しておくと安心です。

矯正歯科治療というと、ワイヤーで歯を固定するというイメージがまず浮かぶかと思います。痛そうだとか歯が磨きづらいのではないかと戸惑う方もいらっしゃるかと思いますが、そういった悩みを解決する方法もあります。ワイヤー部分が歯の裏につく治療方法や、目立ちにくいワイヤーでの治療方法もあります。最新の矯正歯科治療ですと、透明のマウスピースでの治療もあります。審美的にも違和感なく、歯磨きの時も外して出来るので虫歯にもなりにくい治療方法です。歯医者によっては取り扱っていない治療方法もありますので、どの治療方法が希望なのかで歯医者選びをすることをお勧めします。医学が進歩するにつれ、今後様々な矯正アプローチが出てくると思います。一つの方法に縛られることが無く選ぶことができるので、どういった方法でどのくらいの期間・費用で治療していきたいかの希望をまず確認しておくことをお勧めします。

審美歯科でのインプラント

結婚式は男女が一生の内で最も人の注目を浴びる大切な場所です。近年では挙式を控えた新郎新婦のためにブライダルエステが開発されているほど、式当日の外見に気を配っている新郎新婦が増えています。 もしも「歯」にトラブルを抱えている場合、それが切っ掛けで式当日に笑顔を見せられない事もありますので、必ずインプラント治療を行なうようにしましょう。 結婚式当日に向けてインプラント治療を行なう場合、一般的な歯科ではなく審美歯科に足を運ぶと良いでしょう。審美歯科では、見た目の美しさにこだわったインプラント治療を施して頂く事が可能です。 インプラント治療を行なう場合、残っている天然の歯と合わせて違和感のない歯を挿入する必要がありますので、こだわりたい大切なポイントです。

近年のインプラント治療は、欠損した歯の機能を補うだけでなく、歯並びを美しくするためにも利用する事が出来ます。 例えば長年出っ歯で悩んでいる患者様がおられる場合、大人になってからワイヤー矯正を始めるのは難しい事があります。出来るだけ速やかに出っ歯を治療したい場合、目立つ前の歯を抜き、インプラントで人工歯を入れる事が可能です。 そのようなインプラント治療であれば、左右の歯と高さが異なる出っ歯も、高さを揃えて美しく治療できるのです。 同様にホワイトニングでも克服できないほど歯が黄ばんでいる場合、目立つ前の歯を数本インプラント手術する事で、見た目を美しくする事が可能です。 歯の黄ばみは人間関係にも支障を発生させる事がありますので、インプラント手術で効果的に治療しましょう。

インプラントの価格の差

自費診療であるインプラント治療は安いクリニックでは一本十万円程度、高額なクリニックであれば一本百万円近い費用が掛かる場合もあるのです。自費診療であるからこそこれだけ費用に差があるのです。利用する人からすると極力安い費用で治療を受けたいと考えます。しかし安い費用で治療を行うクリニックの中にはいい加減な治療を行ったり知識や経験なく安易に参入している歯科クリニックも少なくありません。安さばかりを売りにしたホームページを持っている歯科クリニックには注意が必要です。 反対に高ければよいというわけではありません。技術もないけど高いというだけで安心して利用する人もいるのです。しかし費用が高いだけで技術がなければ悪徳インプラント業者に他ならないのです。

インプラント治療はほとんどの場合保険適用外となります。先天的に歯がない場合、事故などで顎骨を失った場合など特別な場合には保険を適用して治療をすることができます。しかしこのようなインプラント治療が普及したのはここ数十年のことです。インプラント治療自体が治療として確立してからまだ百年も経ってないのです。ですから知識や経験が少ない歯科医も多いのです。 インプラント治療をより高品質なものにするためにはより深い知識と経験が必要になってきます。経験のない歯科医やホームページに自身の歯科医で治療した写真がない場合などは説明をしっかり受けたり手術経験を尋ねる必要もあります。 インプラント治療はある種特殊な治療方法でほかの治療技術があるからといってインプラント治療がうまいというわけではないのです。確かな腕を持った歯科医に治療をしてもらえなければより早くインプラントが劣化したり、体に害があるなど結果的に高くついてしまうことも考えられます。後悔しないためにもしっかりと情報収集をしてから契約することが大切です。

クリニック・医院の改善

歯科医と歯のイラスト

歯や歯茎に違和感を覚え、治療の必要を感じてはいるものの、歯科クリニックに予約の電話を入れるまでが、どうしても腰が重い、と言う経験を、誰もが一度や二度は体験しているのではないでしょうか。 これまでの歯医者さんの印象というと、清潔感はあるものの、殺風景な待合室。そして、順番待ちの間に聞こえてくる、治療の際のドリル音など、少し怖かったものではないでしょうか。 また、更に重大なのは、子供の頃に歯医者さんに叱られ、恐怖心を抱いてしまっているケースになります。 多くの人少なからずこのようなイメージを抱いていることから、歯科クリニック側でも重要と考え、イメージを払しょくさせる様々な取り組みを行い始めてきています。

顕著な例としては、歯科クリニック内の内装の変化を挙げることが出来ます。かつての、取り立てて個性を感じさせることの無い待合室は、街中のカフェを思わせるシックなタイプ、あるいは全面ガラス張りとすることで、開放感を演出するなどの工夫が凝らされている歯科クリニックが、最近では特に増えていきています。 また、治療室にも変化が生じています。かつては、大きな治療室に診療台が複数並べられており、歯の治療の向きによっては、隣の人と目が合うなどして、気まずい思いをしたことがある人もいるでしょう。 しかし、最近の歯科クリニックでは、治療スペースごとにパーテーションなどを用いて区切られているため、周囲の目を気にする必要がありません。

矯正治療について

現代の矯正歯科治療の基礎が出来上がったのは、約100年前となる1903年と言われています。当時、エドワード・アングル博士が矯正歯学の理論について発表し、今まで抜歯が必要とされてきた歯科治療の常識を崩したのです。 それからは、抜歯と非抜歯に関する論争が繰り広げられるわけですが、現代ではアングル博士の非抜歯理論を支持する医師や医院も多くなったように思われます。 矯正歯科治療において、抜歯と非抜歯の差は歴然の差があります。健康な歯を抜くことは、身体の健康を崩してしまう要因になりかねません。 ただし、抜歯を行わない矯正歯科治療には医師の知識や技術、臨床経験が大きく影響してくると言われています。つまり、適切な歯科医院を選ぶことは矯正治療に大きく影響してくるということになります。

今後の矯正歯科治療は非抜歯はもちろんのこと、治療期間がより短縮された新技術が開発されるものと予測しています。というのも、矯正治療は歯科治療の中でも治療期間が長いからです。症状や矯正装置にもよりますが、平均で約2年ほどの治療期間がかかるともいわれています。 しかし、近年では治療期間の短縮は矯正装置の仕組みによって大きく変わることになりました。それは「セルフライゲーションシステム」と呼ばれる矯正装置によるもので、矯正力をゆるやかにすることにより治療期間を短縮することに成功したのです。これは、歯や周辺組織を動かすためにはゆるやかな力のほうが素早く動くことが大きな理由とされています。 このようなことから、今後はより手軽に行える治療法になると思われます。

Pick Up