新しい手法

現在では様々な歯科治療を受けることが出来ます。これまでの歯科治療では主にむし歯などを多く扱う傾向にありました。そうした流れが徐々に変化し、現在ではインプラントを始め新しい治療が次々に登場しているのです。

矯正治療もめまぐるしく変化してきています。これまでは治療が難しいケースでも現在では難なく解決出来る場合があり、治療法は急速に進展しているのです。最近注目されているのが予防的な治療です。こうした治療は欧米ではこれまで一般的とされていましたが、日本での導入は比較的最近となっています。東京の高井戸にある歯科クリニックでは、こうした予防的な治療に特に力を入れているのです。北欧スウェーデンの手法を取り入れ、治療を行なっています。

新しい手法を取り入れている高井戸の歯科クリニックでは、体の状態にも目を配りながら歯科治療を行ないます。治療中の痛みや恐怖心にも配慮し、静脈麻酔などを随時行なっているのです。この高井戸の歯科クリニックには歯科麻酔の専門医が常駐しているため、こうした麻酔も安心して受けることが出来ます。患者のストレスに配慮した治療が、この高井戸のクリニックの大きな特徴なのです。又、この歯科クリニックでは、CTなどの最新の機器を導入しています。このような機器を用いれば、口の中を始め、骨の状態までを精密に把握出来るためインプラントなどを行なう際には大変役立つものとなります。今後はこうした機器がより活用され、通常の病院と同じような質の高い歯科医療が受けられる時代になると予想されるのです。

多くの歯医者でできる

薬品箱

今、とても多くの歯医者さんでインプラント治療ができるようになっており、歯医者さんの看板をチェックすると、インプラントという文字が書かれているところが多いです。 それだけ利用する人が多くなってきたということでしょう。では、これからインプラント治療を行おうと考えている人はどのような点を工夫することで理想的な治療を行ってもらうことができるか、それは情報を収集するのが理想的です。

情報はとてもたくさんあり、特にインターネットを利用することで情報量を確保できますし、そして比較検討することが可能です。 正直なところインプラント治療は、先生の技術力で大きく左右されますので、できるだけ名医に治療を行ってもらうのが良いでしょう。

歯医者さんでは、色々な治療を行っておりまして、患者さんの数もかなりおりますが、歯医者さんの数自体かなりありますので、ある意味患者さんの奪い合いといった感じにもなっているのは事実です。 ですから、歯医者さんではいかに患者さんを呼び込むかを考えて、常にクリーンな印象を与えたり、キッズルームをつくってみたり、無料のカウンセリングを行ってみたり、色々なことができるようになっているのです。

このように親切丁寧な対応を行ってくれますので、患者さんも増えてきているところが多いです。やはり、治療する側にとっては安心して利用できるところが良いです。今の時代であればインターネットで色々な情報を収集できますので、利用価値が高い所を見つけることができるでしょう。

歯を修復する

虫歯や歯周病などによって歯が失われてしまった場合、従来の歯科医療では入れ歯やブリッジといった義歯を用いて修復する治療が広く行われてきました。一方、1990年代ごろからわが国において普及し始め、現在ではこれまでの治療法と肩を並べる存在になったものに、インプラント治療があります。 インプラントとはチタンやチタン合金などでできた人工歯根のことで、これを顎の骨に埋め込み、それを土台として義歯を装着するというのがインプラント治療です。埋め込まれた人工歯根は数か月すると固着という現象によってほぼ一体化といっていいほど骨としっかり結びつきます。これによって義歯が非常に安定し、天然の歯に劣らないほどの自然な使用感が得られます。

インプラント治療は入れ歯やブリッジに比べて優れた点の多い治療法であり、需要も拡大しています。治療を手がける歯科医院も年々その数を増やしています。しかしすべての医院で行われているわけではありません。その理由はいくつかあります。1つには、一部の例外を除いて保険適用外の自由診療なので、治療を行うかどうかは歯科医師の裁量に任されていることです。また1つには、比較的歴史が浅い治療法であるため、技術がまだそれほど広くは行き渡っていないことです。

さらに、外科手術を伴うためそれに必要な医療設備を整えばければならないという事情もあります。 一方、必要な技術や設備をそろえた歯科医院では、「何々インプラントセンター」といった名称の専門施設を設け、積極的に治療を手がけている例が見受けられます。

主に美容歯科で

歯科クリニックであるからといって必ずインプラントを扱うとは限らず、こうした施術は美容歯科で主に扱われます。 インプラントは虫歯や歯周病によって喪失した歯を再建する施術であり、その施術の長所は差し歯や入れ歯よりも美観に優れる点に求められます。そしてインプラントは人工歯根という性質を有しており、顎の骨に根差している人工歯根のおかげで固定した歯がぐらつかないで済みます。

近年においてはインプラントが10%程度の失敗率を前提として成り立つ施術であるという認識が一般化しております。それでも安全性や正確性を重視したクリニックや技術の確かな医師を自身で調べて見つけ出せば施術に関して失敗の可能性を心配せずに済みます。

インプラントを支える補助技術がいくつか存在しており、まず上顎洞底を挙上させることでインプラント体埋入に必要な量の骨を確保することが可能です。患者の顎の骨が溶けてしまっている場合は遊離骨移植によって骨再生を促し、これによってインプラントに耐え得る顎を形成することができます。一時的とはいえ麻痺が必ず出るため日本では稀にしか行われないものの下顎神経を物理的にずらす手術も補助手術として提供される場合があり、こうしなければどうしてもインプラントに支障が出るというケースを想定して知っておくことも悪くはありません。

インプラントは数ヶ月から1年を要して施術が行われる医療であり、こうした補助手術について知っておくことは長期的な施術を支えるためにも欠かせない努力と言えます。

Pick Up