技術力が必要な治療

歯医者の考え方次第で治療方法はかなり違ってきます。歯医者で最近よく耳にするのがインプラント治療についてです。積極的に患者に勧める歯医者もいれば、リスクがありすぎると取り入れていない歯医者もいます。インプラント治療を積極的に行う歯医者でも技術が伴っていない人も実際にはいます。高額な費用をかけた治療の後で失敗したことがわかり裁判になっている例も増えています。

インプラント治療はリスクがあるということを説明せずに行う歯医者もいます。すべての人に適合する治療と言えないのが現実なのです。逆に積極的に勧めない歯医者はリスクを負ってまでする治療ではないと言い切ります。一生物ではないので高額な費用をかける必要がないとまで言い切る歯医者もいます。

患者の方は歯医者に勧められると、歯がよくなると信じて治療を行うものです。インブランド技術が未熟な歯医者だとしても見抜くことは難しいのです。成功すれば問題はないですが失敗をすると苦しむのは患者本人です。インプラント治療さえしなければ苦しまずにに済んだと後悔をする患者もいます。

もしインプラントをするのであれば専門医で行う方が安心です。かかりつけの歯科医院だとは言え、技術のレベルがわからないところで治療を受けるのはリスクが高すぎます。インプラント治療に積極的ではない歯科医の言っていることはあながち間違いではないのです。インプラントは悪い治療法方法ではないのです。必要な人には待ちに待った治療方法なのてす。問題は技術が必要な難しい治療方法ということです。

 

歯医者選び

歯科治療のイラスト

良い歯医者選びは、とても重要です。患者さんの評価が良ければ、治療するのも安心して通院することができます。口コミサイトなどを利用し、参考にするのも良いです。内容をチェックするのは、良い印象を持った人のコメントではなくて、悪い印象を持った人のコメントもしっかり参考にすると良いです。虫歯の原因や、治療などの説明を聞いても丁寧で解りやすく、治したいところを不安なく治療してくれる歯医者が良いです。

そして、歯医者は治療内容にもよりますが、時間のかかります。一回の診療時間が短い歯医者は、気をつけたほうがいいです。歯科衛生士や歯科助手の人数は、歯科医師1人に3人程度です。スタッフが揃っているのかも重要と言えます。

良い歯医者を見つけても、治療が怖いなど行きたくない人も多いです。不安にならないよう、しっかり説明してくれる歯医者さんだと安心です。そして、治療をするのに痛くない治療をすることが、とても重要です。特に子供が歯医者に通うとなると、緊張して不安になってしまいます。明るい雰囲気づくりで、子供が安心して通える場所などは、大人が通うことになっても安心できます。

受付や歯科衛生士の対応も重要です。歯医者に通う前に予約をするために電話をします。その時に、受付のスタッフの対応で良い印象だと安心できます。院内も清潔だとなお良いです。それを知るためには、やはりいった人などに、評価を聞くことが大切です。今、歯医者さんはたくさんあります。情報を集めることが重要です。

 

矯正器具を使う

現在、ブラケットが透明、もしくは歯と似た色になっている矯正器具を使用して矯正歯科の治療を行っている歯医者があります。また、歯の裏側に装着する矯正器具を使用して矯正歯科の治療を行う歯医者もあります。更には、ブラケットがなく、取り外し可能、色は透明のマウスピース型の矯正器具を使用して矯正歯科の治療を行っている歯医者もあります。

矯正歯科治療は長年、装着しなければならない矯正器具が目立ち過ぎるという問題を抱えていました。目立つ矯正器具を装着することによる精神的な負担を感じることが嫌で、矯正歯科の治療を受けないという人も数多くいたはずです。 しかし、前述したような、新しい矯正器具が現在は存在していますので、矯正歯科の治療は以前に比べると受けやすくなっています。

ただ、矯正器具の問題とは関係なく、矯正歯科の治療を受けないという人もいることでしょう。そういった人は、おそらく、矯正歯科の治療は見た目の悪さを改善するための治療だと考えていることでしょう。もちろん、見た目を改善することもできますが、矯正歯科の治療は他の面でも非常に意味がある治療なのです。 歯並びが悪い人は、虫歯や歯周病になりやすい傾向にあります。なぜなら、歯並びが悪いと歯ブラシが届かない場所がある可能性があるからです。つまり、日頃欠かさず、丁寧に歯磨きをしていても、その歯磨きは不十分である可能性があるのです。

また、歯並びが悪い人は、健康を損ねやすい傾向にあり、ひいては病気になる確率が高くなります。なぜなら、歯並びが悪ければ、咀嚼能力が低い可能性があるからです。咀嚼能力が低ければ、食べ物はカタチを残したまま飲み込まれます。そうなれば、消化器官に当然、負担がかかります。その負担は体調を悪くさせますし、病気の原因にもなります。 このように悪い歯並びは、見た目以外にも重大な問題を抱えていますので、矯正歯科の治療は受けなければならない治療なのです。

 

治療費を知る

財布と虫眼鏡

歯科の治療費は施術内容によっても変わりますが、例えば同じ虫歯を治すのにも、その費用は歯科によって様々です。少し高いんじゃないかと思っても、実際には比較対象がないためよくわからないということは多くありません。そこで事前に施術ごとの治療費相場を知っておくことが重要となります。そうすればいらぬ不安を抱えることもありませんし、安心して会計することが出来るのではないでしょうか。ここでは最もポピュラーな歯科治療である「虫歯治療」の費用の目安について考察いたします。

まず虫歯治療には保険が適用される治療と、そうでない治療があります。保険が適用される治療とは、最低限の健康維持のための治療です。費用としては患者側が0〜3割負担となります。逆に保険が適用されない治療とは、見た目や機能性の向上のための治療です。こちらは全額負担となります。

軽度の虫歯治療の場合、保険適用の際は、一本あたり1500円から3000円が相場と言われています。逆に保険適用外の場合は5000円から50000円と高額になっています。軽度の虫歯治療はシーラントと呼ばれる詰め物をする治療ですが、シーラント治療が保険適用とされるのは、6から12歳までの間なのです。よって成人はもちろん、健康維持や予防のためには全額負担での治療となってしまいます。

中度程度の治療の場合は、大体症状も進行しているため、本人が虫歯を自覚しているケースが大半です。こちらは保険適用の場合は、一本あたり2000円から10000円の費用が必要と言われています。素材などにこだわる場合は、保険適用外の治療を行うことも可能ですが、中程度以上の虫歯治療になると費用は非常に高額なものとなりますので、注意が必要です。虫歯の歯科治療における費用についてでした。

 

綺麗な歯

日本において、審美歯科が普及したのは最近のことです。 しかし、審美歯科のルーツとなる歴史は意外と長く、古墳時代までさかのぼります。 古墳の中から、お歯黒の形跡がみられる人骨が発見されてから、日本では女性の中でお歯黒することが定着しました。平安時代には男性もお歯黒していた頃もありました。

江戸時代には既婚女性をあらわすシンボルとなったお歯黒ですが、明治時代には禁止令が出されるようになりました。 最近では、白く美しい歯にするための審美歯科として、ホワイトニングや、銀歯を白い詰め物にするなどの治療を行うようになりました。日本では、白い歯にするという習慣は新しいものですが、すっかり清潔で健康なイメージのものとして定着しました。

審美歯科は、虫歯を削って銀歯を詰めるだけの機能的な治療だけでなく、見た目にこだわった治療を行います。 銀歯ではなく、白いセラミックなど本物の歯のような治療をすることで、きれいな口元にすることができます。 歯は、白いだけでなく、透明感があります。セラミックは、人間の歯と同じような透明感のある白さを持ちます。 このように、白い歯を求める患者さんは多くいるために、今後もきれいな歯を目明日治療は普及するでしょう。

また、審美歯科では歯を白くするホワイトニングも行われています。 お茶などで黄ばんでしまった歯を、自然な白さに戻すことが出来きます。 白い歯は健康的で美しい印象を与えます。 笑ったとき、口元からこぼれる白い歯は好印象につながります。

Pick Up