焼肉や餃子を食べた時。
口が粘ついていて口臭が気になる時。
大切な人と会って話をするときなど。
口の臭いが気になった時、サッと手軽に使えるのが口臭サプリですよね。
しかし、こうした口臭サプリは使いやすい反面、効果に関して「ここがもうちょっと良ければなあ」と思うことも多いはず。
今回は、そんな口臭サプリの問題点と、口臭の原因からわかる改善方法についてご紹介します!

口臭サプリの効果に不満をもっていませんか?

不満げな女性イメージ

口臭に悩む女性の口コミ

サプリを飲んでもすぐ臭うようになります

ストレスの溜まった女性イメージ

最近マスクをした時や、コップの水を飲む時などに、ムワッとする自分の口臭を感じるようになりました(;・∀・)

「他の人の迷惑になってるかもしれないし、サプリでも買って対策しておこう」と思い、コンビニでブレスケアを買ったんです。
飲んでしばらくはミントの香りを自分でも感じられたんですが、ほんの2~30分程度で口の臭いは元通りになってしまいますね(-_-;)

効果が切れるたびに飲めばいいんでしょうけど、何度も飲むのは面倒だし、出費も気になります。もっと持続的に口臭を抑えるサプリがあればいいんですけどねー

どうして口臭サプリは効かないの?

ブレスケアの1番の効果は「食後の口臭改善」

ブレスケアのテレビCMを見てもらえばわかりますが、ブレスケアのキャッチフレーズは、
「ニンニク料理・アルコールの後に」
です。
このキャッチフレーズが意味するところは、「食事による口臭を解消する」ということでしょう。
ブレスケアは、食後一時的に強くなった口臭を改善することが主な効果なので、普段からある口臭を改善することは難しいのです。

口臭サプリが一時的にしか効かない理由

香料で臭いを打ち消す「マスキング効果」

マスキング効果とは、臭いを覆い隠す(マスキング)ように、強い香料によって悪臭を打ち消す方法のことです。
ちょうど、自分の体臭を香水によって改善する方法と同じですね。
ブレスケアは、胃や腸からくる悪臭をミントの香りによって打ち消し、口臭を改善することができます。

慢性的な口臭は改善できない

胃の中にある香り成分が全て消化されると、体の中からの香りはなくなり、再び口臭が現れるようになります。
ブレスケアが消化されるころには、臭いの強い食べ物も消化されるため、食べ物による口臭を抑えることはできるでしょう。
しかし、慢性的に発生している口臭は抑えられないため、「持続効果がない」という口コミが多く見られるのでしょう。
では、そもそもこの慢性的な口臭は、いったい何が原因で現れるのでしょうか?

そもそも口臭はどうして現れる?口臭の原因

疑問のイメージ

口臭の原因は大きく分けて2つ

生理的口臭

口の中の菌の増殖(歯磨きの不足、ストレスや口呼吸による唾液の不足)

口の中にいる菌は、食べかすや唾液、粘膜の欠片などに含まれるタンパク質やアミノ酸をエサに増殖します。
この時、タンパク質やアミノ酸を悪臭のガス(VSC)に変化させてしまうため、菌が増えることで口臭が悪化するのです。

ホルモンバランスの乱れ

生理などによってホルモンバランスが乱れると、ストレスによって唾液量が減少します。
唾液には、口内で増えすぎた菌を除去する効果があるため、唾液量が不足すると口内の菌が繁殖。結果として口臭がひどくなってしまうのです。
また、ホルモンバランスの乱れは免疫力の低下も招きます。
免疫力が低くなると、鼻や喉の奥にある扁桃腺が菌によって攻撃され、炎症を起こすことがあります。
扁桃炎を起こすと、扁桃腺にたくさんの膿が溜まるようになり、強い口臭が現れるようになるのです。

嗜好物(タバコなど)・飲食物(ニンニク・ネギなど)・薬剤の影響

口臭は口にするものの影響で強くなることがあります。
ニンニクやネギなどの香りがキツイ食べ物や、タバコやお酒などの嗜好物も口臭の原因になるのです。
タバコやお酒は口の中を乾燥させやすく、唾液の分泌を抑えてしまうため、口臭が現れやすくなります。
また、一部の薬剤は免疫力を低下させるため、副作用によって口臭が現れることもあります。

コーヒーも口臭の原因?

職場で飲む機会の多い飲み物といえば、真っ先にコーヒーを連想してしまうのではないでしょうか?
このコーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があるため、飲みすぎると体の水分が不足。これにより、口の中の唾液が減少し、口臭が悪化してしまうのです。
特にタバコとの相性は非常に悪く、タバコを吸った後にコーヒーを飲むと、口臭がかなりキツくなるようですね。
しかし一方で、コーヒーにはクロロゲンなどの消臭成分も含まれています。1日に1~3杯程度であれば、逆に口臭を防ぐ効果が得られます。

病的口臭

虫歯・歯周病・歯茎の炎症・腫瘍

虫歯や歯周病など、歯の病気にかかった場合、口臭が非常に強くなります。
虫歯菌や歯周病菌は、タンパク質などを分解し、悪臭を放つガスを作り出します。虫歯や歯周病になると、歯磨きをしてもこれらの菌を除去しきれなくなり、常に強い口臭が現れるようになります
また、虫歯や歯周病が進行すると、歯茎に炎症が現れるようになります。歯の神経の腐敗や歯根に膿ができると、さらに強烈な悪臭が現れるのです。
口の粘膜や舌に腫瘍ができた場合も同じく、非常に強い悪臭が現れます。肉や卵の腐ったような臭いや、キャベツや玉ねぎの腐ったような臭いがした場合、口内に何らかの病が現れているかもしれません。そういった場合は歯科へ行き、口臭の原因を調べてもらいましょう。

副鼻腔炎・扁桃腺の炎症

副鼻腔炎になると、副鼻腔と呼ばれる空洞の中に、たくさんの膿が溜まってしまいます。この膿が強烈な臭いを発してしまうため、副鼻腔炎になると口臭がひどくなってしまうのです。
また、扁桃腺の炎症も口臭の原因となります。扁桃腺は菌やウィルスなどの病原体から体を守る器官ですが、免疫力が弱っているとこれらの病原体が住み着いてしまい、膿栓や膿汁などの悪臭を放つ膿が大量に現れます。
どちらの症状も、耳鼻科での治療を受ければ改善します。
しかし、扁桃腺の炎症の場合は重度になると治療が難しくなります。扁桃の一部の陰窩を凝固する方法が行われるほか、慢性扁桃炎になった場合は扁桃腺の摘出手術を行う場合もあるのです。

全身疾患(肺や腎臓)・消化器の異常・糖尿病

口や喉だけでなく、胃腸や肺、腎臓などの疾患によっても口臭は現れます。
主に器官の炎症やガン、カビの一種であるカンジダ菌の感染、肝硬変、遺伝病であるトリメチルアミン尿症などが挙げられます。

  • 臓器の炎症・ガン・・・肉や卵の腐った臭い
  • 肺や気管支のカンジダ感染・・・甘い臭い
  • 肝硬変・肝臓ガン・・・尿のような臭い
  • トリメチルアミン尿症・・・腐った魚の臭い

また、糖尿病なども口臭の原因になります。
糖尿病になると、インスリンが不足することにより、糖を分解できなくなります。すると、糖の代わりに脂肪からエネルギーを取り出すようになり、その結果副産物としてケトン体が増加するのです。
ケトン体が血中に増えると、果実が腐ったような独特の臭い(アセトン臭)が現れます。口臭、または体臭に甘い臭いが現れる場合、糖尿病の可能性があります。内科や内分泌内科などで診察を受けましょう。

胃と口臭の関係は?

口臭の8割は口の中に原因がありますが、胃の異常からくる口臭もあります。
逆流性食道炎やピロリ菌による胃の炎症により、強い口臭が現れることがあるのです。

  • 逆流性食道炎・・・胃酸による酸っぱい臭い
  • ピロリ菌などによる胃炎・・・卵が腐ったような臭い

※詳しくはこちらを参照してみてください

口臭予防の具体的な方法は?

歯磨きをする女性イメージ

生理的口臭を改善する方法

歯磨きなどのオーラルケア

口臭予防において、最も重要なのが歯磨きなどのオーラルケアです。
歯磨きを徹底して行うことで、口臭の原因である菌を除去し、口臭を抑えることができるでしょう。
また、歯磨きの他にも行っておきたいのが舌磨き。
舌の白くなった部分は舌苔(ぜったい)と呼ばれ、食べかすや菌などが塊になったものです。
この舌苔にはたくさんの悪臭菌が潜んでいるため、口臭を防ぐため舌ブラシなどを使い、定期的に除去する必要があります。
ただし、舌磨きはやりすぎると舌を傷つける恐れがあります。1ヵ月に1~2回、軽く舌の表面を舌ブラシでなぞるように舌磨きをするとよいでしょう。

生活習慣の改善

生活習慣が悪化すると、ストレスの増加やホルモンバランスの乱れが現れます。
ストレスとホルモンの問題は、どちらも口臭を悪化させる原因になるので、口臭予防のためには生活習慣を整えることも重要です。
好きなものを食べ過ぎたり、一部の健康食品ばかりを食べ過ぎると、栄養が偏ってしまいます。食事をする時は、栄養をまんべんなく摂取できるよう、バランスを考えた食事をしましょう。
また、1日1時間以上の運動習慣や、7~8時間の十分な睡眠時間も、生活習慣の改善に不可欠です。

おやつなどの間食はほどほどにする

テレビやパソコンを見ながらダラダラとお菓子を食べたり、友人や職場の同僚と話をしながらダラダラとお菓子を食べている人は多いでしょう。
しかし、そういったお菓子のダラダラ食いは、口臭の原因にもなります。
糖分の多い食べ物を食べると、口内のPHが酸性に傾き、口臭の原因菌が増加します。しばらくすれば唾液によってPHは元に戻りますが、お菓子のダラダラ食いをすると、唾液によるPHが戻らず、口臭の原因菌がどんどん増えてしまうのです。

タバコやお酒を控える

タバコやお酒は、唾液の分泌量を減少させてしまうため、口臭の原因となります。
毎日大量に口にしている人は、徐々に禁煙・禁酒をしていくとよいでしょう。
タバコやお酒を控えるのが難しい場合、こまめに水分を補給することで口臭を最低限防げます。
特にオススメなのがガムを噛むこと。噛み続けることで唾液の量が増えるので、口臭を予防することができるでしょう。

ストレスの解消

大勢の前で発言をする時などに、口の中がカラカラに乾いてしまったという経験がある人は多いでしょう。
これは、体が強いストレスを感じたことで、唾液の分泌量が減少してしまったことが原因です。
唾液の分泌量が減ると、口臭の原因菌が増加するため、ストレスを感じると口臭がひどくなるのです。
ストレスからくる口臭を改善するには、ストレスの原因となる問題を解消するとよいでしょう。
また、お風呂に入る、好きな音楽を聞く、カラオケで歌うなど、ストレスを解消してリラックスできる趣味を見つけるのも重要です。

臭いの強い食べ物を食べた後は、牛乳を飲む

口臭を防ぐには、焼肉や餃子など、臭いのキツイ食べ物をなるべく避けたほうが良いでしょう。
どうしても食べなければならない場合、食べた後に牛乳を飲むのが効果的です。
牛乳に含まれるタンパク質には、臭い成分を包み込む効果があるため、口臭を抑えることができるのです。
とはいえ、焼き肉を食べた後に牛乳を飲むというのは、後味が悪いため気が進まない人も多いでしょう。
そういった場合は、同じく消臭効果のあるリンゴジュースや緑茶を飲みましょう。食後の口臭を防ぐ口臭予防サプリも効果的です。

口呼吸の改善

普段鼻よりも、口で呼吸をすることが多い人は少なくありません。
このような口呼吸は、口腔内の乾燥をもたらしてしまうため、口臭や虫歯、歯周病の原因となってしまいます。
また、口呼吸をしていると喉の奥の扁桃腺の炎症が起こりやすくなります。口呼吸の習慣一つで、口臭をもたらすさまざまな要因を引き寄せてしまうのです。
口呼吸の習慣を改善するには、「あいうべ体操」をすることがオススメです。

【あいうべ体操の手順】

  1. 「あー」と、喉の奥が見えるくらい口を大きく広げる
  2. 「いー」と、首に筋が浮かび上がるくらい、口を横へ広げる
  3. 「うー」と、ひょっとこのお面のように口を前へ突き出す
  4. 「べー」と、舌を顎の先へつけるつもりで伸ばす

※1つの動作につき、だいたい1秒くらいかけて行いましょう。
※1~4を1セットとして、1日30セット行いましょう。

病的口臭を改善する方法

歯科での治療

虫歯や歯周病などの病的口臭は、自力での改善が非常に難しいです。
初期の段階であれば、オーラルケアを徹底することで進行を抑えることはできます。しかし、進行すると歯の内部や歯周ポケットの奥で増殖してしまうため、歯科で治療を受けることが必要となるのです。
虫歯の場合、歯を削って薬を詰めて殺菌し、削れた部分にレジンなどの詰め物を入れる方法が行われます。重度の場合、歯の神経を抜く根管治療や、抜歯が行われるでしょう。
歯周病の場合、歯茎を切開して歯の根本にある歯垢や歯石の除去を行います。重度になると抜歯をするか、エムドゲインなどの歯周組織の再生療法が行われることがあります。

内分泌内科で診察を受ける

口臭の原因が胃腸や肺、肝臓などに関わる全身疾患が疑われる場合、内分泌内科で診察を受けると良いでしょう。
全身疾患が原因の口臭は、口の臭い以外にも、さまざまな自覚症状をもたらします。問診でそのことを医師に伝えたり、詳しい検査を受けたりすることで、原因を特定してくれるでしょう。

逆流性食道炎の治療

軽度の場合、内科や消化器科で生活指導を受け、指導された内容を守ることで改善することができます。
しかし、重度の場合は薬物療法か、外科的療法で治療しなければなりません。

ピロリ菌の治療

ピロリ菌の治療は、消化器内科などで処方される抗菌薬を服用することが主となります。
保険適用が効くので、費用による負担はそれほど問題とはなりません。ただし、処方される抗菌薬による副作用があるため、服用する際は医師の説明をきちんと聞きましょう。

※詳しくはこちらを参照してみてください

耳鼻科で治療を受ける

口臭の原因が副鼻腔炎や扁桃腺炎の場合、耳鼻科での治療を受けるとよいでしょう。
副鼻腔炎や扁桃腺炎の場合、口臭以外にもさまざまな自覚症状が現れます。

  • 副鼻腔炎・・・鼻水・鼻詰まり、頭痛、嗅覚低下、せきや痰、鼻の中の悪臭など
  • 扁桃腺炎(初期)・・・喉の痛み・違和感、扁桃腺が赤い、食べ物が飲み込みづらい、扁桃腺に白い膿がある、など

以上のような症状が見られる場合、副鼻腔炎や扁桃腺炎の可能性があります。耳鼻科などで診察を受けましょう。

病的口臭を治療する病院はどんなところがある?

 

用賀歯科クリニック

歯科の画像

http://www.youga-dental-clinic.com/clinic

【住所】

東京都世田谷区用賀2-39-17

【電話番号】

03-3708-0311

【診療科目】

一般歯科・小児歯科・矯正歯科・審美歯科・口臭治療・インプラント治療・レーザー治療・顎関節症治療

【特徴】

  • 一人ひとりの口臭の原因を調べ、きめ細やかな治療を行ってくれる
  •     

  • 土曜・日曜も診察をしているので、休日でも診察・治療が受けられる(休診日は木曜・祝日)

 

医療法人 ほんだ歯科

ほんだ歯科の画像

http://haisha-yoyaku.jp/bun2sdental/detail/index/id/2835201431/

【住所】

大阪府東大阪市小若江3-9-21

【電話番号】

06-6720-7244

【診療科目】

矯正歯科・小児歯科・歯科口腔外科・一般歯科・審美歯科・顎関節症治療・口臭外来

【特徴】

  • 日本口臭学会の常任理事、本田先生の開院したクリニック。さまざまな口臭の問題に対応してくれる。
  • 全国に提携しているクリニック(EBACクリニック)があるため、どの地域でもほんだ歯科で行われている治療が受けられる。

 

 

慶友銀座クリニック

慶友銀座クリニック画像

http://www.doctors-search.com/c-chuo/keyuginzaclinic/index.html

【住所】

東京都中央区築地1-13-11 高橋ビル2F

【電話番号】

03-3542-3387

【診療科目】

耳鼻咽喉科・小児科・内科・気道食道科・アレルギー科・頭頸部外科

【特徴】

  • 2名体制で受診しているので、待ち時間が短い
  •     

  • ほんだ歯科と連携しているので、質の高い治療が期待できる

 

阿部外科胃腸科・歯科医院

阿部外科胃腸科・歯科医院

http://www.abegeka.or.jp/original5.html#anc05

【住所】

福岡県北九州市八幡西区千代ヶ崎3丁目13-24

【電話番号】

093-602-1220

【診療科目】

外科・胃腸科・一般内科・肛門科・皮膚科・リハビリテーション科・整形外科・一般歯科・口腔外科・小児歯科・ホワイトニング・口臭検査

【特徴】

  • 院内に歯科が併設されているので、さまざまな口臭の原因に対応できる
  •     

  • 口臭検査によって口臭の原因を特定し、すぐに治療に移ることができる

 

 

口臭に悩んでいる場合は、口臭外科でチェックしてもらおう

口臭外来は、口臭に関する診断や治療を行ってくれる、専門の外来です。
大学病院や特定の歯科に併設されており、治療方法も歯科とほぼ同じです。
口臭の検査によって原因を特定することや、口呼吸の改善など歯科ではできない治療が受けられるなど、口臭に関するさまざまな問題に手厚く対処してくれます。

口臭予防で最も大切なのは「唾液」!

唾液のイメージ

唾液の知られざる効果

一般的に唾液は、炭水化物を消化するために分泌されるというイメージですが、実はたくさんの効果を一手に担う体液でもあります。
上記したように、虫歯菌や歯周病菌の増殖を抑え、口内環境を整える役目があります。

【唾液の効果】

  • 口内の菌の増加を抑制する
  • 舌の食べかすや舌苔を除去する
  • 食後のPHを中和し、虫歯や歯周病の発生を抑える
  • 歯の再石灰化を促し、初期の虫歯を抑制する

どうすれば唾液を効率よく出せる?

  • ガムを噛む・・・ガムを噛むことで、歯や舌へ刺激を与え、唾液が出やすくなります。
  • 水を多く飲む・・・唾液は大部分が水分なので、体内の水分が減ると分泌量も下がってしまいます。
  • 口呼吸の改善・・・口呼吸をすると、呼吸によって口の中が乾燥しやすくなります。
  • 食事の時によく噛む・・・噛む回数が多いと、唾液の分泌が良くなり、口臭が抑えられます。
  • 唾液腺へのマッサージ・・・舌下腺・顎舌腺・耳下腺の3箇所を指でマッサージし、唾液が出やすい状態にします。

唾液腺の位置の図解

http://www.8020zaidan.or.jp/pdf/kenko/antiageing.pdf

サンスター_唾液腺マッサージ

https://www.club-sunstar.jp/article/lifestyle/beautiful_habits/867/

舌回し体操・・・口の中で、舌をぐるぐると円を描くように動かす方法です

  1. 口を閉じ、上の前歯に舌を当てる
  2. 前歯を上から下へ、円を描くように舌を右回りに20回まわす
  3. 2とは逆に、舌を左回りに20回まわす。

※1~3を1セットとして数え、1日3セットすると効果的です。

口臭対策のサプリを飲む・・・サプリの中には、お菓子のように食べられる「チュアブルタイプ」のサプリがあります。このサプリを食べれば、消臭成分と唾液の分泌を促す効果により、口臭を効果的に抑えられます。

オススメ口臭予防サプリTOP5!

サプリのイメージ

 

フィトンチッドで口臭を抑える!「息ピタッ!」

臭ピタッ!画像

http://shupita.com/index.html

販売会社:株式会社AIJ
価格:初回価格・・・1袋1,080円
   定期購入・・・2袋3,590円
成分:しその葉・柿の葉・山椒・熊笹・レモン・よもぎ葉など
特徴:消臭効果の高い厳選した天然成分を豊富に配合しています。
また、樹木の香気成分である「フィトンチッド」も配合。森の中に入っても嫌な臭いがしないように、フィトンチッドによって口内の悪臭を抑えることができるでしょう。

 

舐めるだけで舌苔を取り除く!「ブレオ」

ブレオ画像

https://www.glico.com/jp/product/gum_candy/breo/1077/

販売会社:江崎グリコ株式会社
価格:14粒入り・228円
成分:キウイフルーツパウダー・茶抽出物・エリスリトール・米こうじエキスパウダーなど
特徴:キウイフルーツパウダーが舌の汚れを溶かし、さらにタブレットの表面がザラザラとしているため、舌で舐めるだけで舌苔を除去できます。また、エリスリトール配合で気になるカロリーもカットしています。

 

善玉菌の力で口臭を防ぐ!「systema 歯科用オーラルヘルスタブレット」

歯科用オーラルヘルスタブレット

http://www.lion-dent.com/client/products/basic/systema_tablet.htm

販売会社:ライオン歯科材株式会社
価格:2,160円
成分:乳酸菌末・デキストリン・マルチトールなど
特徴:乳酸菌「TI2711」を3億個配合。口腔内の善玉菌を増加させることで、悪臭を生み出す悪玉菌の数を抑制してくれます。飲み続けることで、普段の口臭自体を抑えることができるでしょう。

 

口臭ケア&美容効果も得られる!「クリスタルローズ」

クリスタルローズ画像

https://goo.gl/WjS6cM

販売会社:株式会社スマイル・ジャパン
価格:初回価格980円(定期コース2回目以降は1,836円)
成分:ブルガリアンローズオイル・トコトリエノール・フラックスシードオイル
特徴:水蒸気で蒸留したブルガリアンローズオイルを配合しており、服用することで甘く優雅なバラの香りが吐息から漂います。また、美肌成分のビタミンEを豊富に含んだトコトリエノールや、美容や健康によいとされるアマニ油(フラックスシードオイル)も配合。息をフレッシュにすると同時に、美容面へのケアも行えるのです。

 

なた豆や乳酸菌で口臭と胃腸の臭いを抑える!「フレピュア」

フレピュア画像

http://www.fromcocoro.com/frepure/

販売会社:株式会社フロムココロ
価格:初回500円(2回目以降は2,790円)
成分:なた豆茶末・ポリグルタミン酸・シャンピニオンエキス・有胞子性乳酸菌など
特徴:口のネバつきやヤニによってキツくなった口臭を改善するなた豆茶成分を配合。さらに、納豆由来のポリグルタミン酸が保湿をもたらし、口内を潤して乾燥からくる口臭をブロックします。他にも、胃腸からの悪臭を防ぐシャンピニオンエキスや有胞子性乳酸菌も配合しており、口内と胃腸のダブルで口臭予防ができるのです。

 

まとめ

口臭が改善されたイメージ

口臭が現れる原因はさまざまです。口臭を防ぐには、口臭原因にしっかりアプローチするサプリメントを探すことが1番だといえるでしょう。
病的口臭は専門のクリニックで治療し、普段の口臭は自分に合ったサプリで対処しましょう。

 

Pick Up