しっかりケアする

歯ブラシと歯磨き粉

貴方は毎日歯磨きをしていますか。たったそれだけの事、毎日のオーラルケアがどれだけ大切な事かは理解しているでしょうか。歯周病や歯科治療を適当にしていたせいで、成人してからせっかく綺麗だった歯を失ってしまう人が増えています。歯を失う…と言えばついつい虫歯を想像してしまうかもしれませんが、実際に1番多い理由としては歯周病なのです。虫歯は歯を溶かしてしまう病気ですが、歯周病は歯茎を腐らせてしまう病気です。どちらも、放置していて治療出来るような物ではありませんので、手遅れにならないうちにしっかりと歯科治療をするようにしましょう。

これらは、定期検診等で見てもらう事ができますから、何も難しい事ではありません。歯科には痛くなってから行く、と言う人も多いとは思いますが、それは大きな間違いなのです!歯科治療は、定期検診に行く事が正しいのです。ちゃんと綺麗に治療すれば、そこから3ヶ月や半年に1回は検診へ行き、何か問題が起こっていないか、歯茎は傷んでいないかを確かめる必要があります。歯周病は虫歯のように傷みがでません、ですから歯科等で指摘して貰わなければ、最悪の状態に悪化するまでさっぱり気づかない場合だってあるのです。オーラルケアだって、大人だからしっかりできているに違いない、と変な自信は持っていませんか。大人には大人の、子供には子供に適切な歯磨き方法と言う物はありますし、人によってオーラルケアの中に付け加えるべきケアも違います。歯並びや口内の特徴だってまったく違うのですから、自分は正しい歯磨きができている、と言う意識を捨てて、きちんと歯科でオーラルケアを習ってみましょう。オーラルケアをできる事で、良い事は多いです。今は面倒でも、将来的に必ずやってよかったと思う日が来るのです。

歯垢の除去

虫歯や歯周病の原因にもなっている歯垢、これは歯につく汚れです。これが黄ばみ等の原因になる事もありますし、口内にとって害でしかありません!注意して下さい。これは、食べ物のカスだったり、様々な物でできている細菌の塊です。毎日のようにきちんとオーラルケアをし、排除していれば変な事になるのはありませんが、歯垢がついついたまってしまう口内の死角や、磨き忘れている部分等があれば、そこから歯や歯茎を侵食して貴方の口内を大変な事にしてしまいます。これも先程と同様に感染しますから、子供の離乳食等に貴方の唾液が少しでも混入すれば、即子供にも虫歯菌が感染ってしまう事になります!オーラルケアをしっかりする…と言うのは、貴方の為だけでなく、貴方の大切な人の為でもあるのです!虫歯と言うとなんだかかるい病気のように思ってしまうかもしれませんが、虫歯を放置してあまりにも傷が深くなり脳に菌が回れば、脳炎になって死亡してしまう事だってあります。いくら口腔内でも病気は病気なのですから、適当な対応はしないようにしましょうね。

虫歯治療が痛くて嫌だ、と言う人には、無痛治療を行っている歯科をオススメします。ここならば、傷みや恐怖を感じる事なく歯科治療に専念できますし、気をつかう事もありません。歯医者と言う雰囲気をなくし、リラックス出来る状態を作ってくれている歯医者も多くなってきていますし、昔の歯科治療とはまったく違う形になってきています。

歯茎のケアもしよう

歯周病は歯茎を溶かす、腐らせる、と言いましたが、それってどういう状態かと思ってしまいますよね。実はこの歯周病、こんな名前で呼ばれていますが、もっと詳しく説明すればこれは細菌感染症です。オーラルケアをしっかりしていなかったが為に、歯垢がたまり、それが原因で細菌感染症になっている歯茎の事をさして歯周病と言うのです。これは細菌感染と言う名前通り、感染ります。ですから貴方がかかっていれば、その配偶者は勿論、子供等にもどんどん広がってしまうのです。一家全員歯が弱い、と言うような事を言っている家族は、本当は遺伝的に歯が弱いのでは無く、1人からどんどんと虫歯菌だったり、歯周病菌が感染しているからそんな状態になっているのかもしれません。

これはオーラルケアで治療できます。ですから、早めに気付いて徹底的に治療しませんか?放置すれば、一気に進行して貴方の歯茎には大きなダメージを与えてしまう事になります。虫歯を抑えてこの歯周病が歯を失う原因1位に輝いているくらいなのですから、非常に怖い病気です。何より、傷み等の症状が目立って出てきませんから、自分でも無自覚なうちに歯を抜くしか無いと言う最悪の状態に陥っている事があります。中には、普通に食事していたら突然歯が抜け落ちた!と言うような人までいるのです、歯周病とはそんな病気ですから、本当に危険です。コレ以上悲惨な状態にならないように、家族や友人に伝染しないようにオーラルケアはしっかりやっていきませんか?

気になる着色汚れ

女性の笑顔

女性に多い歯の悩み、それが着色汚れです。これは審美歯科でのホワイトニング治療によって綺麗に出来るのですが、貴方の生活習慣を変化させないと、せっかく綺麗にした歯だってまた元通りになってしまいます!どうして歯が茶色くなってしまうのでしょうか?1番の原因は飲食です。コーヒー、タバコ、ワイン、チョコレート、紅茶等がその原因、物質名はステイン、これがあるかぎり貴方の口内に汚れは付着し続けてしまいますからね?しかし、これもすぐ歯磨き等で綺麗にすれば着色する事はありません。ですが…何かを飲み食いするたびに歯を綺麗にする事なんてできませんし、中々難しいです。けれども、オーラルケアをしっかりする事で多少なりとも症状は軽減されますし、貴方の口内環境は改善されますから必ずオーラルケアはサボらずに行いましょう。

このステインが着色するのは、口内にあるペリクルと言うタンパク質の膜が原因です。これは貴方の口内で虫歯菌の増殖や感染を防いでくれている賢い存在なのですが、デメリットとしてステインを吸着し、着色汚れを作ってしまう事なのです。ですから、無しでは困るが、あり過ぎても困る、と言うのが本音。これは食事をした後等にちゃんとオーラルケアで対処し、自分でどうやって付き合って行くのか、予防するのかを考えなければいけないのです。わからない事も多いと思いますので、貴方が信頼できる歯科へ対応を任せてみては如何でしょうか。診断を受ければ、磨き残しやすい場所だったり、虫歯にかかりやすい場所だったりとカルテに残っているはずですから、非常に強いアドバイザーになってくれますよ!

Pick Up