予防に役立つ歯科医院

私達は食事をする際に自分の歯で噛んで食べます。歯科にかかる機会は生涯で何度もあります。子供の頃であれば虫歯に悩まされ、大人になって親知らずが出てきたり歯周病に悩まされたりと様々な歯の病気で歯科を訪れます。

かかりつけの歯科を見つけることはとても大事なことだと思います。歯と私達の生活は切っても切れないものとなっています。そのためにはかかりつけ歯科があれば口の中のトラブルが突然起きても対応してもらうことができるのです。歯科は街にたくさんあります。どこがいいのか調べるにはネットが便利です。実際にかかっている方の情報を元によい歯科選びができればいいですね。最近はきれいな医院が増えているのも嬉しいところです。

口の中のトラブルは結構やっかいなものです。口内炎ができてそれが悪化をして食事を摂れないという事態にもなってしまいます。歯肉炎歯槽膿漏も簡単に治ればいいのですがそうもいかないときもあります。完治するために長く歯科にお世話になることもあります。歯が痛いと何もかもが憂鬱になってしまいます。

痛み止めでも対応ができるのですが根本的な治療は歯科でしかできません。痛いときは早めの受診をおすすめします。また口の中のトラブル防止には正しい歯磨き方法を実践することが大事だと言われています。歯科ではブラッシング方法も指導してくれるので教えてもらって身に付けることもいいでしょう。いくつになっても自分の歯で食事をするために良い歯科選びが大事になってくるのです。

事前に調べよう

歯の悩みは年齢に関係なくいつでも訪れるものですね。おお菓子の食べ過ぎで子どもはすぐに虫歯になりますし歯を磨くのを怠っていると大人でも虫歯になりやすいです。逆に歯を磨き過ぎたり磨きかたが悪かったら歯茎を痛めたりするなど歯の問題は尽きることがありません。歯の治療をするとこは歯科です。一度受診をしたらそこをかかりつけ医として通うとメリットがあります。

初診ですと若干ながら保険を効かせたとしても料金が高めですが二回目からは割引をされてやすくなります。これは歯科にも割引やサービスが違いますので受診する前にインターネットや口コミで調べておくとよいでしょう。少しでも安く快適な治療をしてもらうためにある程度情報は知っておきましょう。

歯科での治療法は最近になって増えてきました。ドリルなどもまだ歯科では使っていますがそのドリルの種類も豊富になったりと医療器具一つをとっても種類の豊富さが多々あります。痛いイメージしかなかった治療ですがその医療器具の豊富さから治療時間の短縮により痛みもほとんど感じずに治療をすることも可能になってきました。

こうした取り組みにより虫歯治療はどんどん進化しています。虫歯予防のために歯医者さんが学校を定期的に訪問をして歯の磨き方を指導するなどして歯への関心を高める活動も増えてきています。少しでも虫歯をなくすことが出来れば歯のトラブルが減っていき毎日快適な生活を送ることが出来ます。日頃からの意識をもつようにしましょう。

骨を移植する

歯医者によくある椅子

 

インプラントとは失われた歯のかわりに使える人工歯のことを言います。入れ歯やブリッジと異なり、骨にしっかりと固定するため、自分の歯のように使うことが可能です。 インプラント治療をする際に支える歯の骨が必要となりますが、その骨が十分ない場合、骨移植をすることによってインプラント治療が可能となります。骨移植は使用する材料によって2通りの方法があります。

ひとつは自家骨移植といって、自分の骨を利用する方法と、人工的な骨を利用した人工骨移植です。インプラントや骨移植は基本自由診療となるので、同じ治療内容でも費用は変わってきます。インプラント治療の平均的相場は1本40万ほどと言われていますが、骨移植をした場合は別途で料金が発生します。非常に高額な治療になるため、しっかりとしたカウンセリングをすることが大切です。

インプラントにおいては、インプラント体を入れる際に必要な歯槽骨の幅や長さというものが必要になります。これまでのインプラント手術では、もしそれが足りない場合は手術を諦めるしかありませんでした。 しかし顎や他の歯槽骨から必要な量の骨を骨移植することによって、インプラント治療が可能になる場合があります。

このような治療では歯槽骨が吸着を起こした部分を骨移植の際に広げ、そこにインプラントを埋め込むことによってしっかりした土台を作ります。そうやって骨移植された歯はやがてインプラントと同化して強固な歯の土台になります。いままで歯槽膿漏などで歯槽骨の量が充分でないため治療を断念していた人でも、このインプラントの骨移植の方法でもう一度歯を取り戻すことができるかもしれません。

治療や予防

歯医者といっても、細かく分けると口腔外科や審美歯科などジャンルがあります。よく歯医者で口内炎の治療が受けられると言われていますが、利用する歯科によって治療方法が異なるのが普通です。また、口内炎の治療は内科や耳鼻咽喉科で受けることも出来ます。審美歯科で行われる治療法の特徴として、レーザーを用いるということがあげられます。

レーザーによる治療では、患部をレーザー光で焼いて、かさぶたにして治療していきます。かさぶたができた部分に薬を塗布して、治りを早くするケースもあります。痛みが少なく、早く治りやすくなります。そのほか、軟膏・液体の塗り薬・錠剤や粉末の内服薬を使った治療もあります。 受診前にどのような治療が受けられるかを確認してから行くと良いです。

自己流の間違ったブラッシング方法を続けていると、歯の表面を削ってしまったり、歯茎に傷をつけてしまう可能性があります。歯が薄くなっていくと知覚過敏の原因になりますし、歯茎に傷をつけてしまうと口内炎などの原因になります。口の中は体の中でも治りが早い場所ですが、歯だけは再生することはありません。

ほんの少し酸の影響で溶け出してしまった歯ならば、唾液の作用で回復する可能性もありますが、進行して虫歯や歯周病になってしまえば元に戻ることはありません。そうなる前に、歯医者で正しいブラッシング方法を教えてもらうことが大切です。歯医者では、磨けていない箇所だけが着色されるうがい薬を使ってブラッシング方法の指導を受けることも出来ます。子供の頃から身につけておくと、大人になってから歯の健康が守りやすくなります。

Pick Up