歯垢が溜まりやすい

歯科治療

むし歯が出来やすいと感じた場合、歯並びについて乱れていないかチェックしてみませんか。乱れていることによって、歯磨きでも上手く歯垢を落としていく事が出来ません。放置しているとむし歯になってしまうという流れが出来上がってしまうので、歯を守るために、矯正歯科で治療を受けてみると良いでしょう。また、京都では技術力に優れている矯正歯科も沢山揃っているので、きちんと治療を進めていく事が出来ます。矯正に必要な器具も様々な種類があるので、それぞれの特徴を踏まえていきながら選んでいく事が大切であると言えます。矯正をしている様子が分かりにくいように、透明の器具が開発されていたり、裏側に器具を固定するという方法が注目を高めていくようになっています。

 

矯正では長い年月を必要とするため、早めに受けておくことが肝心であると言えます。また、定期的に様子について検診を受けておくことが必要であるため、これらの経費や時間についても考慮しておくようにすると良いでしょう。また、矯正器具の取り外しが自由な器具である場合は、手入れの方法について指導を受けておくようにしましょう。口内を清潔に保つためには必要であるため、しっかりと指導された内容を踏まえて、矯正を進めていくことが肝心です。正しい方法で行っておくことによって、良い矯正の仕上がりを期待することが出来るでしょう。

種類は様々

歯並びを改善することは、身体的な健康へと繋がります。不正咬合と呼ばれるかみ合わせが悪い状態が続きますと、頭痛や腰痛などの症状が引き起こされる可能性があります。大人でも治療することは可能なので、矯正歯科医院でいち早く治療することが大切となります。 歯列矯正は歯科医院で診療することができます。歯列を整えることは専門的な知識や技術が必要となるため、市販のものだけで整えることは大変困難です。矯正器具にはさまざまなタイプのものが存在し、それぞれには長所があります。自分に合った適切なものを選択することで、生活に支障がないように治療することも可能です。 矯正器具の中には周囲の見えにくいものもあります。矯正器具を見られたくない大人の方でも安心して治療することができるというわけです。

 

歯列矯正とは違いますが、類似しているものとしてインプラント矯正という治療方法があります。歯列矯正と大きく違うのは人工歯を顎の骨に埋め込み、動かしたい歯をひっぱるということです。これにより、歯列矯正よりも短期間で矯正が可能だと言われています。 ただし、歯列矯正とは違い年齢制限があること、また治療可能な歯科医院が少ないこともあげられます。インプラントを埋め込んだ部分は綺麗になりますが、必ずインプラント埋め込みの手術が必要ということも忘れてはいけません。 インプラント矯正と歯列矯正は似ているようで全く違う治療方法です。それぞれにメリットがあるため、自分に合うのはどちらかを判断することが大切です。それでも、矯正治療の選択肢が増えるということはとても良いことだと思います。

矯正の種類や費用

お金

歯列矯正と一重に言っても治療方法はさまざまです。 というのも、歯に装着するブラケットの種類が違ったり、装着する場所が違ったりするからです。ものによっては舌側の歯に装着したり、透明のブラケットを使用したりすることで周囲の人から見えにくい工夫もされています。 また、類似の治療方法と言えばインプラント矯正があります。顎の骨部分にインプラントを埋め込み、矯正したい歯と組み合わせることで矯正することが可能となります。こちらの治療方法だと複雑な症状にも対応することができますし、抜歯することなく矯正することも可能となります。 歯列矯正は1つの方法だけではなく、さまざまなタイプのものが存在しています。自分にあった適切なものを選び治療していくことができると言えます。

 

歯列矯正にかかる金額は、平均で100万前後と言われています。完治までの期間や矯正器具によりばらつきがあることから、人によってかかる費用は異なります。 日本において、歯列矯正は保険適用外ということで全額を支払う必要があります。治療方法にもよりますが、大体どれくらいの治療費がかかるのかを前もって聞いておくことをおすすめします。 また、価格の傾向としては都市部にある歯科医院よりも地方にある歯科医院のほうが価格が抑えられているようです。これは、患者数の数や立地条件が異なることが考えられます、基本的には価格と技術は比例するものではありません。信頼のおける医師を探し、無理なく通える範囲で歯科医院を探すことも重要なのです。

費用や歴史を知る

歯科矯正をする場合知っておかなければならないのが費用の傾向です。矯正装具によってだいぶ費用が異なります。 社会人に人気の「透明マウスピース矯正(インビザライン・クリアライナー)」はクリニックによって30万円〜80万円の価格帯でかなり幅があります。さらに一ヶ月に一回の割合でフッ素研磨やクリーニングをする費用として6千円ほど必要になります。 「裏側矯正(フルリンガル)」の相場は120万円になります。フルリンガルも一ヶ月に一回ほどの割合で、9千円程度でクリーニングをする必要があります。上の歯だけ裏側矯正、下の歯は表側矯正をする「ハーフリンガル矯正」は90万円前後で、これも7千円前後で定期的なクリーニングが必要です。

 

歯科矯正の歴史はとても古く、ギリシャの紀元前1000年の遺跡の中から、歯科矯正に使われていたと思われる矯正装具が発見されています。今行われているような矯正が普及したきっかけとなったのは、18世紀にフランスの医師が不正咬合の治療を始めてからです。当時の矯正は半円形にかたどった木の板と糸を使っていたので、とても古典的な方法だったといえます。また、19世紀になると世界で初めて歯科矯正学をまとめたテキストが刊行されています。 今のようにワイヤーを使って歯並びを治療する矯正器具を完成させたのがアメリカの歯科医師エドワード・エンジェルです。エドワードはまた歯を抜かないで矯正をする非抜歯矯正も確立させています。

審美歯科として

歯科治療の器具

歯科矯正が必要な歯並びは、見た目が八重歯や出っ歯や受け口などの審美的な物があります。 子供の矯正は親が永久歯が生えそろった子供の歯の歯並びを綺麗に揃えるために歯医者に連れていく事が多いと思います。 永久歯が生えそろうのはだいたい小学校の高学年となり、顎の成長が終わった頃から歯科矯正を始めます。 以前は学校でも歯科矯正の器具を付けていると珍しくて多感な時期の子供たちは嫌がったりからかったりする子もいて矯正自体に消極的でした。 ところが最近では大人になって歯並びの悪い大人の方が恥ずかしいと言う意識の方が強く、歯科矯正をしている子供たちは飛躍的に増えました。 ブラケットやワイヤーをしながらニコニコと笑って大きな口を開けている子供たちの姿がよく見られます。

 

子供の頃に歯科矯正を受けなかった大人が社会人になって歯並びの大切さを知り、矯正に挑戦している人達も大勢います。 歯並びの悪さは見た目だけでなく、かみ合わせの悪さによって体に不調をきたしたり、歯磨きがしにくく虫歯になったりします。 歯並びが悪いと口が常に開いてしまう事も多く、常に口呼吸をしている人もみられます。 口呼吸は喘息やアレルギーなどの疾患につながり、唾液の分泌にも影響し虫歯を誘発します。 子供の時にしっかり歯科矯正の治療をしてこの様な悪い習慣を直してあげる事が健康を守る上で大切です。 大人になってから長年続けてきた習慣を直す事は難しくなります。 永久歯が生えそろい顎の発育が終わった頃には歯医者で一度相談してみる事が必要です。

Pick Up