菌の繁殖を防ぐ

歯はケアしなければ菌が繁殖してしまい虫歯や歯周病などの原因にもなってしまうでしょう。それ以外にも歯肉炎や歯槽膿漏などもありますから、定期的に歯科に行って検診を受けたほうが良いかもしれません。小さい頃は歯科検診が学校でもありましたから、歯科の予防に関してはしっかり行えている環境だったとも言えます。

しかし大人になり社会人になると健康診断は会社で義務付けられていることも多いのですが、歯科検診については義務ではありませんから、自ら行かなければなりません。行くのが面倒という方も多いようで、歯に異常がない限り歯科を利用しない方が年々増えています。

しかし永久歯の代わりの歯はありませんから、出来るだけケアをしに行った方が良いかもしれません。

もちろん虫歯になった時には治療するのが大切なのですが、治療よりも実は虫歯にならないために予防することが重要なポイントになってくるかもしれません。

歯に関しては一度削ってしまうと元に戻ることはありません。セメントなどで埋めてより自然な歯に見せることは可能ですが、虫歯の治療は大きくなればなるほど削る範囲も広くなってしまいますから、歯にとってはあまりよくありません。

土台が作れないくらいに虫歯が悪化してしまうと歯を抜歯してインプラントやブリッジを入れることになりますから治療費に関しても高額になってくることがあります。特にインプラントの場合は保険が効きませんから一本で何十万円もする場合があるので費用はかさみます。

内容の違いを認識

口腔外科と歯科ではどう違うの、と感じられる方も多いだろうと思います。 口腔外科はその名の通り口腔内の外科的治療を主に扱っている分野です。要は、歯だけではなく顎、ことに骨に関わって来る治療ということになるでしょう。

例えばインプラントは骨に直接埋め込むという治療法なので、当然口腔外科的知識が必要とされます。ですからインプラントを入れる場合はその歯科医院に口腔外科的知識があるかどうか、確認してみた方がいいでしょう。歯科医院のサイトを見れば、その辺りはしっかりと書かれているはずです。

歯だけではなく、その土台にも気を配りたいものです。

抜歯も口腔外科の守備範囲というが、近所の歯医者で抜いたけれど全く問題なかったけど、と感じられるかもしれません。むろん歯科医は十分に抜歯する技術を持っています。

しかし、中にはぜひとも口腔外科に行った方がいい抜歯があるのです。 抜歯の中でも特に難しいのは親不知です。と言いましても親不知全てに問題があるわけではありません。生え方が問題なのです。例えば横になって生えていたり、歯肉に埋まりこんでいたりする場合です。

最も難しいのは骨の奥に入り込んでしまっている場合で、こうなると抜歯と言うよりもはや外科手術です。こうした場合には歯科ではなく口腔外科で抜歯することをお勧めします。 口腔外科で抜歯する場合はまずはかかりつけの歯科医院に行き、相談の上紹介状を書いてもらいましょう。

歯科と口腔外科、どちらも適切に利用して、健康な歯を守りましょう。

見た目と健康

歯 イラスト 太枠

今は歯科を見た目の美しさにおいて利用する人も増えています。そのため、歯を美しくするための施術を提供している人も増加してきているのです。審美歯科での治療は、主に歯を白く美しくすることを目的としています。歯を美しくするために歯列矯正も行いますが、矯正歯科の治療とは異なった治療を行います。

例えば、矯正歯科が金属などの矯正器具を歯に装着し、歯並びを改善させるのに対し、審美歯科治療は、歯を小さく削り、そこにセラミッククラウンという人工の歯をかぶせ、歯並びをきれいにするのです。 短期間で、白く美しい歯にすることができるので、女性に人気が集まっています。

歯を白く美しくするのは見た目の問題だけではありません。歯並びが悪ければ、体のあちこちに不調が表れます。それが頭痛や肩こり、腹痛などを引き起こす原因にもなることをご存じでしょうか。 それは、歯並びが悪いことによりかみ合わせも悪くなってしまうからです。

人間の体はとてもデリケートで、ちょっとしたトラブルが、さまざまな症状を引き起こしてしまうのです。 今後はますます歯の美しさに磨きをかける人が増えていくでしょう。歯もおしゃれをする時代になりつつあるのです。

「もっと歯をきれいに、もっと歯を白く。」と欲望はさらに大きくなるに違いありません。 いずれはネイルアートのように、歯にアートを施す時代がやってくるかもしれないのです。

痛くない

治療器具

でも、なぜ歯科に行くと痛い思いをするのでしょう。その原因は虫歯や歯槽膿漏で歯茎が腫れて歯をドリルで削ったり、歯茎の膿を出すためにメスで切られたりするためです。 時には歯茎に注射もされますし、神経を抜かれることもありますので、本当に悶絶するほどの痛みを味わうことがあります。

でもそれって結局自分自身がそこまで歯を悪くなるまで放置していたせいでもあるのです。 だから結局痛い思いをして、高い治療費を払わなければいけなくなるのです。

逆に歯科が嫌いではない人もいるのも事実です。そんな人は痛い思いもしないで、総高くない治療費ですんでいるのです。その違いは何でしょうか。

実は歯科が好きな人は定期的に検査とメンテナンスをするために歯科に行く人です。 検査だけですから、歯を削られることもなく痛むことはありません。またメンテナンスで歯石や歯垢の除去をしてもらっていると、心地よい気分になることもあります。

特に普段なかなかとる事が出来ない歯石を取ってもらった後は、歯自体が軽い気分になり、とてもリフレッシュします。 また検査の結果たまたま虫歯が見つかったとしても、早期発見の場合が多いですから、たいがいの場合簡単な治療ですみます。その結果かかる費用もかなり安い費用ですむと言うことになります。

出来れば3ヶ月に1度程度の定期検診を歯科で受けていると、だんだんと歯科に通うことも好きになると思います。

費用と技術の高さ

インプラントの場合、保険適用外の歯科が多いのが現状で、実際2011年におけるインプラントにかかった平均的な価格は32万5000円だったという結果も出ている程です。

実際、インプラントで使う歯の平均的な価格も30〜40万円程となっています(検査・診察費もふくむ)。勿論中には実際の1/3〜1/4程の値段で受けられる格安インプラント処置を行っている歯科もあります。

しかし、格安のインプラントの場合、後々に歯が外れるなどの不具合が生じるケースも少なくないのも事実です。したがって、値段だけで安易にインプラント治療を決めるのは危険だと言えます。

インプラントはほかの保険適用の処置と比べ、時間やコストがかかるという理由から保険が利かないようになっています。

また、インプラントは被せ物(だいたい10万円程)という処置の3本分以上の機能を果たすということから、値段が30万円以上かかる歯科が多いのです。

以上のように、インプラントは費用面における負担が非常に大きいため、高額医療費制度(所得区分もありますが、社会保険や医療保険等を差し引いた自己負担額が一定の額を超えた場合、その差額が還付されます)や医療控除(世帯で年間10万円以上医療費がかかった場合、税金の一部が還付されます)等を利用して、少しでも費用面における負担を減らす工夫が必要だと言えます。

 

Pick Up