主治医と話し合う

 

近年、部分矯正による歯の矯正が多くなっています。審美治療自体が注目されている傾向もあります。部分矯正は全体的な歯の矯正に比べて、治療期間が短いことや治療費を安く抑えることができるため治療を考える人も増えています。部分矯正において治療の計画や医師の診断などが非常に大切になります。かみ合わせなどそれぞれの口内の状況によって矯正方法は異なります。中には適応にならないケースもあります。また、人によっては部分矯正と併用して別な治療を行うケースもあります。どのようなクリニックを選択するかどんな治療と併用するかなどきちんと考慮する必要があります。主治医と良く相談し納得した上で治療を始めることをお勧めします。

 

全体的な歯の矯正に比べて部分矯正は短い治療期間や治療費の安さなどメリットが多いと感じる人が多いと思います。しかしどのような治療にも気をつけなければならないことがあります。全体的な歯の矯正と比較してどうなのか治療を受ける前に理解しておくといいと思います。部分矯正は奥歯のかみ合わせを矯正する必要がある場合やブランケットを歯の表面につける場合などは適用にならないことがあります。また、顎の骨の位置を矯正する場合や極度に歯並びに問題がある場合にも治療を行えないこともあります。その人の口内の状態や治療方法によって気をつけなければならないことが変わってきます。自分に合った治療を医師と相談に見つけることが重要です。

 

前歯を綺麗にする

歯磨き粉がついた歯ブラシ

前歯の歯並びは口を開いたときに目立つ部分であるため、歯並びが悪い場合には矯正を考える人が多いと思います。前歯の歯並びが悪い場合には見た目の問題だけではなく、歯磨きの際に届かないところが出てきて虫歯や歯周病の原因になることがあります。矯正期間は2年から3年ほどかかることがあり、長い治療となるため治療をする決断には勇気がいりますが、長い目で考えると歯並びは健康面にも影響を及ぼすため矯正治療を受けることをおすすめします。矯正の期間は2年から3年で終わっても、矯正の治療後にはリテナーという保定装置を取り付ける必要があるため注意が必要です。リテナーは取り外しが可能な装置となっていますが、治療後の歯並びをきれいに保つために継続して利用する必要があります。

 

矯正の費用は高額になる場合が多いですが、前歯のみの治療であれば部分治療で対応が可能な場合があります。前歯のみの部分矯正で対応が可能であれば、かかる費用は全体矯正の三分の一ほどになります。部分矯正を希望する場合には、歯科医師にその旨を伝える必要があります。歯の動きによって上下の歯の噛み合わせに影響がある場合には、部分治療が受けられない場合もあります。前歯の矯正治療は、歯の表側に治療器具をつける治療では器具が目立ってしまうことが考えられますが、歯の裏側に器具をつけて治療を行うことが可能なことがあります。歯の裏側の治療の可否についても、歯並びの状態によって異なりますので事前に歯科医師への相談が必要です。

 

ブランケットを装着

 

歯並びが悪いと外見上の見た目が悪いだけでなく、歯ぎしりをしたり、虫歯になったり、噛み合わせが悪くなり肩こりや頭痛などの体調の変化を引き起こす場合があります。これらの症状は、歯の矯正によって解決できる場合があります。前歯の矯正は部分矯正といわれており、前歯に4〜6個の金属製のブランケットを装着して歯並びを治すものです。前歯は外見的に目立つ場所であるため、歯並びを治すことで最も効果がでる場所でもあります。歯の矯正については健康保険の適用がありませんので、すべて自費診療扱いとなります。歯の矯正については、初診から矯正終了後までに数年の期間と30万円から100万円程度の費用がかかる場合があります。前歯の治療においては、短期間でしかも費用も少なくすることができます。

 

歯並びの治療は、小学生高学年から始めた方が効果的であるとされています。小学生高学年は成長期にあり、口内の歯の移動するとともに顎の骨が大きくなる時期でもあります。小学生高学年の時期に歯列矯正を行うことで、歯の並びを簡単に改善できることになります。しかしながら、永久歯が完全に生え揃う期間をかけて治療する必要がありますので、治療が長期間にわたる場合があります。成人の歯列矯正については美容整形的な意味があるとされ、所得税の医療費控除の対象となりませんが、小学生高学年で歯列矯正を行った場合には、成長過程の時期に実施される医療行為と認められています。毎年2月から3月に実施される所得税の確定申告において、領収証をもとに確定申告書を提出することで、所得税の還付を受けることができます。

 

注意点を理解する

注意イラスト

前歯矯正の治療は長期間かかるものであり、ほとんどは保険適用ではないため保険治療に比べて多大な費用がかかります。また、矯正治療は途中で中断することができないため非常に根気のいる治療になります。また歯の形を変形させるというのは、歯をけずることでもありますし被せたりもします。被せること自体保険適用外のことですので費用がかかってきます。ホワイトニングにしても、一度だけでは終わらず定期的に行わなければいけません。定期的なホワイトニングの継続で白くなるのです。これらのホワイトニングも保険適用外です。このようなデメリットばかりではなく矯正することで理想的な歯並びになり、噛み合わせも改善されます。その結果姿勢もよくなっていき、人前での笑顔も増えていきます。また場合により保険適用になることもありますので、歯科医師に相談されることもおすすめします。

 

前歯の矯正としての最近の取り組みには、取り外し式のマウスピースがあります。それを使用しての歯並び矯正方法です。まず前歯の歯型をとりマウスピースを制作していきます。マウスピース矯正の種類にはアクアシステム、インビザライン、エシックスやDENマウスピース、クリアアライナーなどがあるそうです。その中でもクリアアライナーを主にされている施設があります。1日17時間以上の装着することが必要です。また食事中や歯磨き中ははずせるため衛生的でもあります。前歯の見た目を改善させたい方や金属アレルギーがある方、吹奏楽をされている方にむいています。また治療の流れとしては無料の矯正相談があったり、10000円程度の精密検査があります。たとえばクリアアライナーの場合、矯正基本料金は上下で40万円、片方のみで25万円です。前歯お歯型を取った時の再診料は3000円から5000円とされています。マウスピース装着時の再診料は30000円にもなる場合もあります。参考にされるといいでしょう。

 

 

Pick Up