歯周病や虫歯予防に有効

 

歯磨き

口の中のあらゆるトラブル防止のために、一番重要なのは歯垢をきれいに落とすこと。そのために、歯磨き粉を使って歯磨きをする人がほとんどだと思います。多くの歯磨き粉にはミントなどの風味がついていて、磨くととてもスッキリ、サッパリした気分になりますよね。

 

歯磨き粉は、使ったからといって100%歯がキレイになるわけではありません。歯をキレイにできるかどうかは磨き手次第なのです。だから、歯磨き粉に頼りすぎずに、上手に磨こうという努力が必要です。上手に磨くと言っても、時間をかけて磨き過ぎるとよくありません。なぜなら、歯磨き粉には研磨剤が入っているからです。研磨剤によって歯の表面を削り過ぎると、今度は虫歯になりやすくなってしまいます。虫歯になるとひどい痛みが生じることがあるでしょう。そうした際には、歯医者へ通うことです。適切な治療を受けましょう。

 

歯磨き粉を使って磨いた後のあのスッキリ感は何とも言えませんよね。口の中がスッキリするとよく磨いた気分になりますが、きちんと磨けているか、ということを意識しておきましょう。歯磨き粉をうまく使って歯を磨くには、歯垢を取る、という意識が重要です。歯垢は磨きにくいところにほど溜まるものですから、磨きにくいところほどしっかりと磨いてやらなくてはいけません。歯医者では、通っている患者へ、正しい歯磨きの方法も指導しているので自分の為にもなります。歯の検診も兼ねて、歯磨き指導を受ける患者は多くいます。

 

誰もが持っている臭い

気にする人はとても気にするけれど、気がつかない人はまるで気がつかないのが口臭です。歯医者に通う患者の多くが悩んでいるでしょう。口の中の臭いは自分ではいまいちわからない部分もありますし、意識してみないとなかなか気が付かないものです。ですが、一度気になるとずっと気になり続けるものでもあります。臭いの原因には病気もあります。歯医者で完治できる病気は、歯に関するものとなるので、臭いの原因が口腔環境内の病気であるかどうかを把握することが大切です。歯医者では気軽に検査を受けられます。

 

口臭の原因は、口内の細菌が出すもの以外に、胃や腸などの消化器系や呼吸器系の疾患もあります。口内以外の部分が原因で口臭が出ているのであれば、いくらオーラルケアをしたところで意味はないと言えるでしょう。口臭の原因がどこにあるのか、よく調べておく必要があります。寝起きの時や緊張しているときなど、唾液が少ない時には口臭が感じられます。これは生理的なもので、誰もが持っているものです。同様に、歯垢や舌苔も生理的な口臭の原因となります。

 

口の中が乾燥すると、一部の細菌の活動が活発になります。その結果、臭いが強くなることがあります。こまめに水を飲んだり、ガムなどで唾液の分泌を促したりして、口の中が湿った状態になるようにすると口臭予防にいいと言われています。実際には強い口臭はないにもかかわらず、自分は口臭が強いと感じてコンプレックスになってしまうことがあります。検査で口臭に異常がなかったのに自分の口臭を強く感じる場合には、内因的な口臭である可能性が高いでしょう。歯医者で原因不明となる臭いは、歯以外の原因を疑いましょう。

 

気をつけておきたいもの

歯医者ではさまざまな病気を治療しています。その中には、歯を支えている骨が溶けてしまう病気があります。それが歯周病です。歯周病になると、歯茎が腫れて血や膿が出ます。それを気のせいだと考えて放置していると、やがて歯を支える歯槽骨が溶けていくのです。支えを失った歯は当然抜け落ちてしまいます。今、現代人が歯を失う理由のトップがこの歯周病なのです。歯周病になった歯茎はしばしばトマトに例えられます。健康的で引き締まったみずみずしいトマトが徐々に熟れすぎてやわらかくなり、色も淡い赤色からどんどん血のような赤へと変わっていきます。健康な歯茎はピンク色で引き締まっていますが、歯周病になると赤く、ぶよぶよしてきます。歯を磨くと出血したり、時には膿が出ることもあります。歯医者では歯周病患者を増やさないよう、歯の定期検診を推奨しています。

 

歯医者でも厄介だとされている、歯周病の原因は口の中に住む細菌です。口の中には非常に様々な細菌が生息していますが、中でも歯周病を特異的に引き起こす細菌があると言われています。この細菌はプラークの中に住んでいるので、歯周病予防にはプラークコントロールが欠かせないのです。歯周病の恐ろしいところは、口内細菌が血管に流れ込み、全身に移動する可能性があるということです。移動した先の臓器で炎症を起こしたり、時に血管をつまらせたりするリスクがあります。歯周病は決して口の中だけの病気ではないのです。歯周病は口臭の原因になることもあります。細菌が食べかすを分解する際に出すガスが口臭として感じられるようになるのです。歯医者で行える治療を早急に行っておくといいでしょう。

有名なインプラント

歯医者では、歯を失ってしまった部分には、入れ歯やブリッジをすることが多いものでした。ですが、インプラントという技術を使えば歯のない部分に新たな歯を作ることができるのです。インプラントはこれまでの入れ歯などとは違って、自分の歯と同じように噛めることが最大の特徴です。なぜそのように噛めるのかというと、インプラントの根本が顎の骨に埋め込まれているからなのです。フィクスチャーと呼ばれるインプラントの根の部分が顎の骨と結合することで、自然な歯と同じ感覚で噛めるようになっています。インプラントは、歯茎から露出している上部構造でものを噛みます。ですから、この部分は割れにくく、丈夫で、かつなるべく自然な色合いである必要があります。そこで多く使われている材質はセラミックです。セラミックは丈夫で金属アレルギーを起こす可能性もなく、人体との親和性も高い材質です。歯医者では、患者一人一人にアレルギーの有無をしっかりと確認しています。歯医者の治療の中で、アレルギーを起こる可能性のある義歯や器具などいろいろなものがあるので、事前に確認することで予防するのです。

 

歯医者で行なうインプラントのメリットは、周囲の歯を健康に保つことができるということにあります。ブリッジや入れ歯の場合、抜けた歯の周囲の歯を削ったり、支えにしたりして人工歯を固定するので、支えになった周囲の歯が弱り、抜けてしまうことがありました。ですが、インプラントは周囲の歯に頼らず、独立しているので周囲の歯を健康なままにしておくことができます。インプラントは顎の骨にフィクスチャーを埋め込む治療です。顎の骨が溶けてしまう歯周病はインプラントと相性が悪い病気と言えるでしょう。ですが、骨の残っている部分にインプラントを打ち込み、歯周病治療を進めながらインプラント治療を行うことができるので、歯科医に相談してみましょう。

Pick Up