歯の再現

貴方が大切な歯を失ってしまったら、どうしますか。失った歯が臼歯であるのか、または、前歯であるのかで治療法を選ぶことになるかもしれません。臼歯であれば、ブリッジや部分入れ歯という方法でも良いのでしょうが、前歯の場合では、見た目を考えると、もっと審美性の高い違った治療法を探すのではないでしょうか。最近では、インプラントという治療法もあり、その選択肢は広がっています。そして、実際に失ってしまった歯を治療するために、インプラントを選ぶ人が増えているのです。それでは、インプラントが選ばれる訳とは、一体どのようなことなのでしょうか。その答えは、インプラントの審美性の高さだけではなく、安定感があるところではないでしょうか。

健康保険が使える場合があるブリッジや部分入れ歯に比べて、インプラントは治療費がかかります。逆を言いうと、インプラントでは完全に健康保険が使えないために、治療費を全額支払う必要があり、患者にとっては割高感があるのです。そして、治療に必要な材料等のコストもかかるので、なおさら高額になるのです。また、デンタルクリニックで治療費が異なり、治療実績を豊富に持つデンタルクリニックで、治療費が上がる傾向があるのです。ですから、安心感を考えると、治療費が安いというだけでデンタルクリニックを選ぶことも躊躇せざるを得ません。そこで、インターネットの口コミ情報サイトで、デンタルクリニックの評価を見てみると良いのです。

横浜や東京、船橋には多くの矯正歯科があります。矯正歯科で、歯列矯正をすることができますが、地域や歯科医院によってもかかる費用は異なります。歯科医院のホームページなどに費用が記載されているところだと、安心して治療が受けられます。また、口コミサイトなどを見れば、多くの歯科医院の費用を比較することができます。

矯正のタイミング

東京で矯正するという時は最適なタイミングが有ります。実は矯正治療に一番いい時期は6〜10歳の永久歯が生え揃う前なのです。 乳歯と永久歯が混ざった時期に、永久歯が綺麗に生えるように顎の成長やバランスをコントロールして、永久歯が生え揃ってから本格的な治療を始めるのです。その場合、最初の治療(第一機治療)の治療期間は10か月〜1年半で本格的な治療(第二期治療)を始めるまでに数年待つ場合もあります。永久歯が生え揃ってしまってから治療を始めると、歯を動かすスペースを作るために抜歯が必要になる事もあり、それを避けるためには自然にスペース作りの準備を行うために乳歯の混ざっている段階で東京で矯正歯科にかかり治療を開始するのが最前なのです。

東京で早い段階で治療を始めるメリットは、永久歯が綺麗に生えるようにコントロールして抜歯を避けられるだけではありません。子どもは大人と違って虫歯や歯周病の治療をしていることがほとんどないので、銀歯等の修復物がない分矯正装置を着けるのが簡単です。また、永久歯と同時に顎の骨も成長しているため、歯並びと顎の骨の両方から治療を進めることもでき、子どもの成長するスピードで矯正治療をすることができるのです。 これは大人の矯正治療との大きな違いになります。また、子どもは見た目の特徴をからかうことがよくあります。多感な時期に入ると、歯並びの悪さが気になって人前で口を開けて笑えなくなったり、口元を手で覆って隠してしまう子が出てきます。 早めに矯正歯科にかかり治療をしておくことで、自分に自信を持つことができ、心身ともに明るく健康的に生活することができるでしょう。お子さんの歯並びや噛み合わせが気になったら、まずは早めに矯正歯科にご相談ください。

見た目を美しくしよう

医療スタッフ

歯科の治療にも様々な種類がありますが、歯列矯正も良く行われている治療です。治療を行なうメリットとしては、まず見た目が美しくなり、清潔感もアップします。さらに食事もしやすくなり、肩こりなどの体の不調が改善されることもあります。そのほかではお手入れがしやすくなりますので、虫歯や歯周病のリスクが抑えられるなどがあげられます。治療費用については歯列矯正の場合は保険適用されないことが多く、治療期間も長くなりますので費用も高額となる傾向があります。カウンセリングのときには総額がどれぐらいになるのかはよく確認しておきましょう。保険適用はされませんが、医療費控除を受けられることがありますので、より費用を抑えるためにも領収書などの書類はきちんと保管しておきましょう。

歯列矯正も日々進化しており、最近はより高度な医療も提供されています。大人の場合は装置が目立つことに抵抗を感じることがありますが、裏側に装置を取り付けたり透明のマウスピースを使うなどでより目立たずに治療が行なえるようになりました。 そしてそのマウスピースを利用して矯正とホワイトニングを同時に行なう治療なども行なわれています。さらにミニインプラントを使った歯列矯正は歯を早く動かすことができます。治療が早く終わればより費用も抑えられるようになり、治療に通う回数も少なくて済みます。 治療では以前は歯を抜いて行なうことも少なくありませんでしたが、最近は抜歯せずに矯正できる方法を提供している医療機関も増えています。

矯正治療の流れ

船橋で歯列矯正をする前に知っておくといいのが矯正のおおまかな流れです。始めに矯正歯科でカウンセリングと検査があります。検査では顔や歯の写真・レントゲン写真などを撮影し、その結果から医師と患者とで話し合って治療計画を立てていきます。そして契約が成立すれば治療がスタートします。船橋で 矯正をする前に虫歯や歯周病があればその治療を施します。抜歯の必要がある場合は抜歯もします。そして準備が整ったら事前に決めた矯正装置を装着します。装着したあとにはブラッシング指導があります。そして3週間おきぐらいに矯正歯科に通院して経過観察・矯正装置の調整を行います。矯正期間が終了したら、矯正した歯が元に戻らないようにリテーナーという保定装置を装着します。

「子供の頃に治せなかったから今から矯正して歯並びを綺麗にしたい」という大人が増えているそうです。歯列矯正は歯が残っている限り60歳になってからでもできます。口元の美しさに対する関心が高まっていることもあり、今は年齢関係なく船橋の矯正歯科で矯正をする人が多くなっています。また、高齢になっても自分の歯が残っている人のほとんどが美しい歯並びをしているそうで、美容的な効果だけではなく、いつまでも健康的な歯を保つためにも歯列矯正は役立ちます。矯正歯科では成人矯正に最適な裏側矯正や審美ブランケット矯正、マウスピース矯正などがあります。どれも周りに気づかれにくいという特徴があります。ライフスタイルや希望、予算に合わせて矯正装置を選べます。

Pick Up