定期的な検査を

現在、学校や会社などの多くが、半年に1回ほど、健康診断を受けたり、40歳以上は人間ドックに入ることを義務付けられたりしてる事はよくあることです。 これからは、人間ドックや健康診断を受けるのと同様に、歯科に所属している歯医者が学校や、会社などに出向き定期検診をするようになることが多くなるでしょう。

なぜなら、体の点検や血液検査をするのと同じ位、いやそれ以上にあの健康が非常に重要だということが最近の研究でわかっているからです。 歯科に行き歯医者に定期的に検診をしてもらうことで、早めに歯周病や虫歯を発見することができ早期治療が可能になります。そのことで治療費は安くすることができますし治療日数も当然少なくて済むと言う素晴らしい利点があるのです。

歯科選びをする際に、気をつけるべきことをご紹介します。歯科を選ぶときに、ただ単に有名だから、口コミで評価が高かったからという理由で選んでは決していけません。注意すべき点はその歯科に所属している歯医者がどのような分野が得意かと言うことです。歯科の歯医者はそれぞれ自分が得意な分野や、研究テーマを持っています。 歯医者が得意とする治療、自分が何をして欲しいのかを一致する歯科を選ぶのが1番いいと言うことです。 歯医者の中にはインプラントが得意な先生、抜歯が得意な先生、虫歯の治療に定評のある先生など様々な先生がいます。それら得意分野を、インターネットの歯医者や歯科のホームページなどでしっかりと確認した上で、歯医者選び歯科選びをしましょう。

失った歯がよみがえる

歯科インプラントとは、歯が抜けた箇所の顎の骨に人工の歯根を植え込み、その上に冠を被せる治療法です。近年、歯をなくしたときの人気の治療法です。そもそも歯が抜けた時の治療法には、ブリッジや金具で固定する入れ歯などがあります。しかし、この治療法は歯を削る必要が生じたり、歯に負担がかかってしまうというデメリットがありました。また、入れ歯では違和感を感じたり、はずれてしまうケースもあります。こうした悩みを解決できるのが、インプラント治療です。

そもそもインプラントは、人工歯根を骨にしっかりと固定します。なので、自分の歯に近い感覚で物を噛むことが可能で、口の中に違和感もありません。残っている歯にかかる負担も少なく、良いことずくめの治療法です。

インプラント施術を歯科医院で受ける場合は、注意点があります。それは、きちんと治療ができる歯科医院を選ぶことです。このインプラントは、近年、注目されている治療法です。ですから、歯科医院によっては、お金目当てで行っているところもあります。そういうところで治療をすると、歯科医院の腕が未熟でトラブルに発展します。なので、歯科医院選びは注意が必要です。

選ぶ際のポイントは、まず専用の治療室がある所を選ぶようにします。そもそもインプラントは、虫歯治療とは違い外科手術となります。なので、専用の治療室があるところはきちんとした施術が受けられます。 その他にも、CTを導入しているかチェックした方が良いです。あごの骨の形は患者によって色々で、また神経や太い血管が走っています。なので、安全な治療のために、きちんとCTで骨の形状、血管を確認する必要があります。

良い歯医者を選ぶ

歯というのは自然治癒しないものですので、虫歯になってしまったら歯医者を受診する必要があります。 必ずかかる病院でもありますので、かかりつけの歯医者があると安心です。いま歯医者で最新のところは、レントゲンの画面なども診察台のところにあるモニターに出したりできますし、レーザーを使って痛みのない治療を行うことができるところもあります。

やはり医療の進歩とともに、出来ることも増えていますので、そういった歯医者を選んでいくということも大事です。住んでいる地域でのネットワークがある場合には、口コミなどを利用するというのも一つの重要な手段です。色々な歯医者がありますので、比較をしたり、セカンドオピニオンをしたりして選んでいくと良いでしょう。

歯医者での虫歯治療は痛いのが嫌で虫歯があっても歯医者に行かない人がいますが歯医者が怖い人でも安心して受けられる治療方法があります。それは痛みを感じない無痛治療という治療方法で無痛治療の治療で虫歯を治せば痛みを感じずに虫歯を治すことが出来るメリットがあります。また、無痛治療の他に歯医者では歯を削らないでレーザー治療を行っている歯医者もあります。

レーザー治療では歯を削らないので音も静かですし、歯を削らないで治療するので自分の歯を少しでも残しておくことが出来るというメリットもあります。この様に歯医者が怖くて歯医者に行くことが出来ない人でも歯医者での治療方法によっては安心して治療を受けることが出来ますのでいろいろ工夫して自分に合った歯医者を見つけましょう。

安定感のある治療

インプラントという施術は、条件が合えば他の歯の治療のどんなものより効果が見込めるものです。しかし、その代償として他の治療のどんなものよりも割高なコストとなってしまいます。そのことで治療を受けるか頭を悩ませている人もいるはずです。なので、今回はそんな悩んでいる方に、こんな工夫で支払いの負担を減らすことができるということを知っていただきたいと思います。

この治療では健康保険は使えないことを知っている方は大勢いると思いますが、医療費控除というのを使えると知っている方は少数ではないでしょうか。本当にいかにも怪しい安すぎる歯科医院で受けない限りは、この医療費控除を受けられる条件はクリアできます。なので、この制度を調べてうまく使いこなせれば負担はかなり軽減されるはずです。

少し前に説明したように、このインプラントの施術では健康保険は使ない、いわゆる自由診療となってしまいます。インプラントは見た目を良くする治療よりも、食べ物を噛みやすくしたりする生活には必須の要素を治療するのだから、健康保険適用の治療区分でも良いと思うのですが、今の制度では自由診療となっています。ここで、この自由診療というのは少し変わった価格の仕組みをしています。

それは、お医者さんが自分の基準で料金を決めて良いということです。また、歯科医院ならどこでもこの治療のサービスを提供できるのも特徴の一つです。 つまり、インプラント治療においては歯科医院によって、その治療レベルはピンからキリまであるということが、裏を返せば分かると思います。 ここで、そうはいっても治療費の相場はあり、それは35万円から45万円が標準の価格となってきます。

矯正で歯を磨きやすく

歯のイラスト

日本は先進国の中でも矯正歯科治療の普及率が低い国であると言われています。歯列矯正はただの審美治療だと捉えてしまう方も多く、あまり自分のお子さんに治療をすすめる親御さんが少ないのも原因の1つと思われます。 かみ合わせや歯並びが悪いことを「不正咬合」といいます。不正咬合でいることは外見を損なうだけではなく、身体的な影響もあるとも言われています。例えば、虫歯や歯周病はもちろんのこと、頭痛や腰痛なども引き起こしやすくなると言われています。また、治療しないままでいることは精神衛生上良くないですし、本人も歯列を気にして遠慮しがちな笑顔になってしまうことも考えられるのです。 保険適用外ということで躊躇される方も多いかもしれませんが、矯正歯科治療の重要性について一人ひとりが考えるべきであると思っています。

最新の矯正歯科治療はマウスピース型の矯正器具など、特殊なものが多く開発されました。マウスピース矯正は可撤式ということもあり、歯磨きや食事中の違和感を感じることなく治療に専念することができます。これにより、従来の矯正装置と比べても患者の生活スタイルにより合わせやすくなったのではないのかと感じます。よって、今後の矯正歯科治療は審美性に優れ、より生活スタイルに合わせやすいものが誕生するものと思われます。今まで矯正治療をしたくても出来なかった方も多いはずですから、そういった矯正装置が開発されれは普及率も高くなるものと思われます。普及率が高くなると各メーカーが矯正装置に力を入れ始めますし、矯正装置の種類も豊富になると予測しています。

かかる費用

近頃では、とても多くのインプラントを生産できる韓国の製造メーカーが一般に安く出回っているようです。どこの国で作られたかによりその価格は違ってくることが多いです。では、このインプラントの価格の平均はどのくらいなのでしょうか。この相場は基本として、インプラント一つ当たりのを基準にして説明していきます。 単刀直入に説明すると、一つ当たりでは、およそ15万円から60万円という価格の幅があって、平均では30万円が相場とされています。

インプラントメーカーはヨーロッパメーカーが主力となっています。この中で頭一つ抜け出して価格が高いのはドイツと言われています。一方の日本では比べると安価であることが多いようです。

上で既出したように、このインプラントの価格にはかなり大きな差があることがお分かりになると思います。その理由には様々なことが絡んできています。 なぜこんなにも価格の差が出るのかということを端的に説明すると、歯科医院がどのに立地しているのかや、どこのインプラントメーカーを使っているのか、インプラント治療に附随する他の治療とメンテナンス費などの費用が複雑に絡まって各歯科医院によって違いが出るのです。 また、主にインプラントで使われる素材はセラミックの義歯ですが、これを違う素材のものに変えるとなれば、新たに料金が加算されます。その他に別途費用がかかるものには、数回の問診や検診等があります。 このように、色々な治療の違いによって価格は違ってくるのです。

Pick Up