美しい歯を取り戻す

輝く歯のイラスト

黄ばんだ歯を綺麗にしたい・差し歯を天然の歯と変わらない色にしたいという事を目的として、審美歯科を行う人が増えてきています。特に、20代の若い世代で増えてきているようです。口元の印象が、他の人に与える影響は非常に大きく、審美歯科を行うことにより、自信を取り戻すきっかけにもなるようです。また、審美歯科は見た目だけの美しさだけではなく、噛み合わせを良くすることにより全身に良い影響を与えることも知られてきており、注目を集めています。

審美歯科を行う場合には、どのような事を希望しているのかをしっかりと歯科医と話し合う事が大切になります。希望する内容により、施術の方法や費用が大きく異なることがあるためです。

審美歯科を行っている歯科医院はたくさんあります。その中から、一つを選ぶというのは簡単なことではありません。実際に施術を受けたことのある人の体験談や口コミを参考にするという方法もありますが、その歯科医院が必ずしも合っているとは言えません。そこで、重要なのが、まずカウンセリングを受けてみるということです。

通いやすさなどを考慮して、いくつかの歯科医院を訪れ、カウンセリングを受けてみましょう。口コミサイトやランキングサイトでは分からない、スタッフの対応や歯科医院の雰囲気などを知ることが出来ます。審美歯科治療は、その内容にもよりますが複数回通わなければならないこともあります。無理なく通うことが出来るところを選ぶようにしましょう。

発生する費用を把握する

審美歯科とは、文字通り美しさを追求する歯科の事です。 虫歯治療や歯周病治療などの他に、歯並びの矯正やホワイトニングなどの見た目を良くする治療を行います。 ですので、歯を美しくする審美歯科は健康保険対象外の自由診療となっており、高額治療なのです。 ですが、日本では医療費控除制度があります。 1年間の医療費の合計が10万円を超えた分に対して適応されます。 もちろん審美歯科での治療も医療費控除対象となるので、利用しない手はありません。 知らないと非常に損をしてしまうのです。

医療費控除は治療費だけでは無く、通院費も控除の対象となるので日付と金額をメモしておきましょう。 ちなみに、医療費控除の還付金は申告後1ヶ月後に指定口座に振り込まれます。

審美歯科は、自由診療です。 ですので、それぞれの医院が金額を決めてよいため、治療費にばらつきがあります。 一般的な費用の目安としてご紹介させてもらいます。 クリーニングと呼ばれる歯垢や歯石を除去し、更に歯の本来の白さを取り戻す治療があります。 その費用は、前側だけで安くて5000円。 全体の治療では、安くて8000円となっています。 最近人気のある黄ばんだ歯や黒ずんだ歯を白くするホワイトニングの治療費は、大体1本あたり1000円から4000円が平均的です。

ホワイトニング治療は、1度では終わらず2回から3回治療して完了となります。 ですので、上の歯6本・下の歯6本の計12本を3回治療すると、安くて36000円程度かかる事になります。 これは治療費のみの価格となり、その他に検査と診察料、麻酔代などがかかりますのでご注意ください。

キレイな歯並び

矯正 アップ

誰しも身体のどこかに悩みを抱えているものだと思います。 その悩みの大きさによって日々を過ごしにくくなるということも起こります。 そんな悩みを解決する方法はいくつかあり、自分で対処出来るものもあれば出来ないものもあります。 そうなると専門業者に頼んで治してもらうということになります。 そのうちの一つが歯についてです。

歯並びが悪いと印象も悪く、噛み合わせも悪くなりますので生活をする上で支障をきたしてきます。 そこで専門業者の矯正歯科にいって治療をしてもらうことによりその悩みも解決されます。 価格としてはその歯の状態によったり、矯正歯科の取り組みにより異なってきますので事前に矯正歯科を比較をしておくとよいでしょう。

矯正歯科での矯正については今も昔も方法は変わりません。 ただ金具をこまめに取り替えたりすることや定期的に歯の診断を行ったりする回数を増やすことにより、よりはやく矯正をすることが出来るようにもなってきました。 矯正するまえに矯正歯科では健康に支障がないか健康状態を把握したり一番大切な歯の状態も診断します。 それにより患者さんに対してよりよいサービスを行いながら歯の矯正をすすめていくことが出来ます。

矯正歯科により若干サービスと価格と治療時間が異なります。 ですので事前にいくつかの矯正歯科の比較を行ってどこが一番よいのか調べて、よりよい矯正をすすめていけるように自分でも工夫をして金額を比較しながら選びましょう。

専門的な治療

歯の矯正治療には、患者の努力が必要不可欠です。矯正装置を使い続けるにあたって、患者の努力次第で治療がうまくいくかどうかが左右されます。そのため、歯の矯正を行うときは、あらかじめ注意点やトラブル対処法についてよく知っておくことが大切です。矯正装置をつけて治療を行う場合、食事や歯磨きに気をつける必要があります。

食べるものに制限はありませんが、硬いものを前歯で噛みちぎったりするとワイヤーがはずれたり変形したりすることがあるので、奥歯で噛むなどして気をつけるようにしましょう。万が一、装置がはずれた場合は、すぐに矯正歯科へ連絡をして対処してもらうようにしましょう。また、矯正装置をつけていると歯に汚れがたまりやすいので、歯磨きを念入りに行うようにしましょう。

神戸で矯正歯科を探している方は、インターネットを利用して探すことをオススメします。最近はホームページを開設している矯正歯科が多いので、これらの情報をもとに、神戸にある数多くの矯正歯科の中から自分に合う歯医者さんを探し出すことができます。

また、神戸で矯正歯科を受診するときは、医療費控除制度を利用することをオススメします。医療費控除とは、1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、納めた税金の一部を還付してもらうことができる制度です。矯正歯科は保険が適用されないため、患者が治療費を全額負担する必要がありますが、この医療費控除制度を利用することによって、治療費の負担をある程度軽減することができます。

医療費には交通費なども含めることができるため、神戸で矯正歯科を受診したときは、領収書などをきちんと保管しておくようにしましょう。

白い歯を取り戻す

歯には食べ物を咀嚼するという機能的な側面と、容貌を美しくするという審美的な側面があります。

歯科治療においては、ともすれば機能面の改善だけが重視された治療が行われがちになっています。機能面の治療を行う場合であれば、それは疾患治療の一種ということになりますので、健康保険の適用を受けることができます。しかし、歯の見た目をよくする治療である審美歯科の治療では、保険の適用を受けることができません。

したがって、虫歯や歯周病を治療する場合であれば比較的リーズナブルな費用で治療を受けることができますが、ホワイトニングや歯列矯正などの審美歯科治療の料金はかなり高額になっています。

ごく一部の審美歯科が歯のクリーニングを保険診療扱いにしていますので、安い料金で歯をキレイにしたいと希望している人は調べてみることをおすすめします。

一般的な歯科治療では、歯の機能を回復させることに主眼が置かれています。歯が病気になってしまうと、食べ物の咀嚼をうまくすることができなくなってしまいますから、栄養失調に陥ってしまう可能性があります。また、歯の状態が悪いと滑舌が悪くなりますので、他人とスムーズなコミュニケーションを取ることが難しくなってしまいます。

しかし、虫歯や歯周病を治療すれば、必要な栄養素をしっかりと摂取することができるようになりますし、他人とのコミュニケーションも支障なく取れるようになります。

とはいえ、歯の機能を回復することができたとしても、その仕上がりがキレイになっていないと、本当の意味での生活の快適さを取り戻すことができません。その問題を解決してくれるのが審美歯科の治療です。審美歯科の治療を受けることによって、活動的な毎日を送ることが可能になります。

Pick Up