治療法について

微笑む女性

歯科で行うインプラント治療とは歯が無くなった部分に顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込み義歯をはめ込んで抜けた歯の代わりにする治療で、近年はインプラント治療をすすめる歯科が増加し治療を受ける患者さんが増えています。

インプラント治療に向いている方は歯が抜けた部分がある方、入れ歯やブリッジの不具合や不快感が我慢できない方などが向いており、現在もインプラント治療は健康保険適用外の治療のため治療費は高額になりがちで資金に余裕がある方でなければ難しい治療となりますが、医療費控除の対象になる治療のため平均して10万円以上の医療費がかかった場合は一部ですが還付されるため、治療を行った際は領収書やレシートは保存する事が大事です。

保険外の治療のためインプラント治療をすすめる歯科が増加していますが、中にはあまり経験の無い歯科医や古い検査機器で誤差が出るなどの問題もあるため歯科選びはしっかり慎重に選ぶ事が大切です。

インプラント治療自体は画期的な治療で、少し前では抜けた歯がある場合はブリッジ治療や入れ歯が一般的でしたが、入れ歯やブリッジの場合は合うまでは不快感が伴い食べ物のカスが詰まって痛みが出たり、ブリッジは健康な歯に負担をかけ虫歯になりやすく歯周病にもなりやすいため、定期的に検診などのアフターケアが必要で不便を感じる方が多く、その不便さを解消できるのがインプラント治療です。

健康な歯や歯茎に負担をかけないため快適な食生活を取り戻す事が可能なため人気の治療です。

痛みがあるとき

歯医者にかかる時は当然歯が痛いときです。 子供の頃は乳歯がなかなか抜けなくて、乳歯を抜くために歯医者に連れて行かれたもので歯医者は歯を治すところというより、歯を抜くところという印象がありました。 当時は乳児医療制度なんてものがなかったので一回の検診を子供が受けたとしても健康保険の範囲で2割支払っていました。

私の親からすると病院代金も結構いったのに、今は乳児医療制度のおかげで一つの病院で600円しかかからないのはいいよねと言われます。 確かになんども通わなければいけない歯医者に通う場合とてもありがたいですが、それが一度しか行かなくてもいいとか検査だけと言う場合でも600円かかるとなると話は別だったりします。

人間がいる以上は古代と呼ばれる昔から歯が痛くなることはあるわけですが、古代から18世紀にかけて虫歯は歯の中を小さな虫が歯を食べていると思われていたようです。大昔は祈祷によって歯が治ると思われていたようですが、14世紀頃になると歯科医が町で歯磨き粉を売り、歯を抜いて回っていたようです。

今のような歯医者が出来たのは日本では江戸時代になります。 当時は口中医と呼ばれて、歯医者の専門医ではなく医者として一般的な知識を持った人が歯医者の修行をして口中医と名乗っていました。 明治時代に歯医者としての専門の試験が開設さます。それに合格したものが歯医者として開業してきました。 現在でも歯科医師は医師とは別の国家資格となっています。

工夫している

一般的に義歯を作る場合には、歯科医師によって採られた歯型の模型を基に歯科技工所で制作されるという形をとっています。 ですので出来上がってくるまで、ハッキリとした金額を知ることは難しいと思われがちです。 しかし実は申し出をすることで、歯科技工所から見積もりを出してもらうことも可能なところは少なくありません。

ですのでその見積もりの段階で納得がいかなければ、キャンセルすることも出来ますし、他の技法での見積もりの提出をお願いすることも可能となっているのです。 そのため後から「こんなに高額になるとは思わなかった」といったことも避けることが出来るというわけです。 また、歯科医院によってはいくつかの歯科技工所と提携しているということもあるので、歯科技工所を選ぶことが出来ることもあります。

現在では歯科の分野でも、目覚しい進歩が遂げられています。 インプラントやホワイトニングの技術は勿論なのですが、義歯などもどんどんと進化していっているのです。 その中でも保険適用内の義歯の進化は目覚しいものがあります。 昔は見るからに義歯だと認識できてしまう程度のものだったのが、現在では言われなければ分からないほどの物も登場してきているのです。

このように近年では、保険該当するものへの取り組みが盛んに行われています。 また、歯科技工所の有り方も段々と変わってきています。 というのも昔は歯科技工所といったものは一般的にはあまり知られていませんでしたが、近年では広く知れ渡るようになってきたのです。 それに伴い、患者が歯科技工所を選べる時代へとなってきているのです。

役割を知る

月と十字架と人のイラスト

基本的に医療スタッフの特徴としては、様々な人々がいます。 例を挙げると、歯科医師が治療を行う人、入れ歯やインプラントなどの詰め物に対しての医療行為を行う歯科技工士、色々な部分でサポートをしたり、簡単な歯石などを取り除くなどだけではなく、受付も行っていることが多いのが、歯科助手です。

それ以外にもレントゲン検査を行うための専門員がいる医療機関もありますし、医療機関によっては、歯の麻酔を行う専門性の高い医師なども存在しているのです。それぞれの治療に対しての分野は異なりますが、多くの患者さんをより直したいというところや、多数の人が安心して治療を受けられるように配慮されている治療法こそ、大切なものとされています。

歯科医院によっては、単純な虫歯の治療や歯周病などに対しての対策、さらにインプラントや歯列矯正なども存在していますが、それらの治療だけではなく、基本的に治療を行っている医療機関では、審美性の高い治療をも提供している場合もあります。

多数の人が喜んで応援したくなるといわれている人も多く、上手に活用することでより高い結果をもたらせるといわれています。そのため、質の高い医療を受ける対象として、審美性をも選択範囲となってきていることも知られているのです。上手に活用することによって、自分たちでより高い結果を見いだせるのです。治療を行う前には、治療が終了してから多数の人への感謝を考えているなど、多数の人が個性的だと思います。

方法を知る

いびきは、かいている本人、一緒の空間にいる人の双方に悪影響を与えるものですよね。恋人のいびきが原因で不眠になる、うるさくてケンカになるといったケースがあったり、健康面では睡眠時無呼吸症候群という病気を有している方がいる可能性もあり、注意が必要です。

いいことなしの「いびき」ですが、これを抑制するのに有効な対策として、近年マウスピースを使った治療法が注目されています。専門的にはスリープスプリントと呼ばれるものですが、下あごを強制的に前方向に出す働きがあり、舌が沈み込むのを緩和することで気道のスペースを確保し、いびきや無呼吸を軽減させる効果があります。

このマウスピースは、専門の医療機関から睡眠時無呼吸症候群の確定診断が出ている場合には保険適応となりますが、ただいびきの改善目的で作る場合には保険適応にはなりません。

もし、いびきの他に寝ている最中に一瞬呼吸が止まるような症状がみられる場合には、睡眠を専門に診ている医師に相談し、マウスピースの使用も視野に入れた対応策を検討していきましょう。

マウスピースはあごの骨格にあわせて作るので、主に歯科医院で作ることになりますが、眠っている時に装着するためなるべく骨格に適した不快の少ないマウスピースを作る必要があり、制作には経験が必要です。どこの歯科医院でも対応できるわけではないので注意が必要です。

睡眠専門のクリニックや大きな病院の睡眠外来など、専門に診ているところを受診し紹介してもらうのが一番簡便な方法かもしれません。専門機関が近くにない場合は、呼吸器系の医師に相談してみるのも手でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pick Up