小児矯正のメリット

歯科治療を受ける子ども

歯並びの矯正を子供のうちにすることを小児矯正といいます。乳歯から永久歯に生え変わる時期に矯正歯科で歯列矯正をすることで、あごの骨を広げて永久歯を生えやすくし、歯並びを自然な感じで美しい状態に導くことができます。

歯の土台であるあごの骨をコントロールしながらの歯列矯正は、子供の時期にだけできることです。健康な歯を抜かないで矯正できて、大人になってから矯正をするよりも早く仕上ります。子供の歯列矯正は二段階に分けて行います。第一段階であごの骨を広げ、第二段階で歯並びを治します。

乳歯が生えている第一段階で矯正治療が上手くいけば第二段階での矯正がいらなくなります。早めに矯正をすれば、それだけ早く治療が終わります。

矯正歯科での矯正治療は保険治療ではないため、治療費が高額になる傾向があります。子供の小児矯正も治療費がそれなりにしますが、それでも大人になってからするよりもずっと安く済みます。お金も時間も節約できるのが小児矯正の魅力です。小児矯正に必要な費用は矯正歯科によって違いますが、第一期治療で30万円〜60万円が一般的な相場です。

カウンセリングや初診料、検査料や診断料、矯正装置の基本料金、調整料などをすべて含めた金額です。第一期治療で治療が終わらなかった場合は第二期治療があります。第二期治療は永久歯が生えそろった中学生になってからになります。第二期治療の治療費は20万円〜50万円が相場です。第一期から引き続いて同じ矯正歯科で治療を続ける場合は安くなります。

 

拡大する歯医者

横浜は広くそして人口が増加しています。また北部に位置する横浜市青葉区でも第三京浜や駅からも近いため人口増加しています。なので、その分横浜市青葉区では歯科も増えています。歯科は生活をするうえで、必要な病院ですので、子供から大人までそれぞれ利用します。

また最近では治療だけではなく、虫歯や歯肉炎や歯周病などを予防をしてくれる予防歯科も主流になりつつあります。定期的な受診や、早期治療で歯の健康を維持することができます。なので、ほかにも歯の矯正歯科の専門であったり、美容も区的である審美歯科もあります。それぞれのニーズに合った歯科選びが横浜市青葉区では利用できます。それぞれの受診内容によって選べるのがメリットです。

しかし実際に受診をする前に、注意することがあります。それは一度予約をしてから行くことです。横浜市青葉区の歯科によってはいきなり受診してしまうと少し待つ場合やもしかしたら、その日は診てもらえないかもしれません。なので、一度受診する前に事前に問い合わせをしてから行きましょう。

人気のクリニックでは予約が先になってしまうこともありますので要注意です。またどこに行っていいかわからないというのであれば、インターネットで探してみるといいです。評判のよくて比較的受診しやすい場所があれば通いやすいです。もし矯正歯科選びで迷っていれば、相談をする場合は無料で行なってくれる場所もありますので、すぐに一つに決めないでいろいろと比較をしましょう。

 

歯の矯正治療

歯科器具

昨今注目集めている歯科治療が、インプラントです。インプラントでは、人工的な金属を骨に移植することによって、その上に新たな歯を形成します。これまでの入れ歯とは異なり、安定した土台の上に歯が設置出来るため噛み心地が格段にアップするわけです。

この治療は現在全国的に行なわれ始めており、桐生市の歯科でも治療が試みられています。 インプラントについては、未だ内容を知らない方も多く存在します。そのため、治療を受けるに際しては、大きな不安や疑問を持つことも多々あるのです。こういった不安や疑問をそのままにして治療を受けてしまうと、後々後悔することも考えられます。従って、事前に納得のいくまで治療についての情報を集めておくことが大切なのです。

桐生市のある歯科では、このような患者側の気持ちに配慮した姿勢でインプラント治療を進めています。専門のインストラクター資格を所持する歯科医師が常駐しており、不安や疑問点に真摯に向き合う姿勢で診療を行っています。女性カウンセラーも在籍しており、中々話しにくいことも相談することが出来るのです。

こういったきめ細かいケアが受けられる点が、この桐生市の歯科の評判を高めています。 また、インプラント専門のコーディネイタ―がいる点も、桐生市の歯科の特徴です。治療の選択や手術について、込みいった内容を話しあう態勢が築かれているため、より納得した治療を受けることが出来ます。中立的な立場で客観的にアドバイスが行なわれるサービスは、現在非常に人気です。

 

大人になってからの矯正

大人になってから歯並びを矯正をする人が増えています。歯の矯正治療は子供のうちにするのが理想的ですが、基本的には歯が丈夫である限り何歳になってもできます。子供の矯正治療は自分の意思とは関係なく強制的にさせられることが多いため、途中で矯正装置を外してしまい、スケジュール通り治療が進まないことが多々あります。

しかし、大人になってからする矯正の場合、「歯並びを治して綺麗にしたい」という自分自身の強い意思で行います。そのため、治療が計画的に進みやすく、子供のころにするよりも早く終わる場合もあります。歯並びを治すことでコミュニケーションを積極的に取れるようになるなどのメリットがあり、仕事にもプラスに働きます。

大人になってから矯正をする場合、障害となるのが矯正装置です。矯正は歯に装置をつけて行うものなので、話したり食事をしたりするときに目立ってしまい、社会生活の障害になります。しかし、最近はクリアアライナーやインビザライン・システムなど、ほとんど付けているのがわからない矯正装置が沢山登場しています。

裏側矯正という、歯の裏側に専用のリンガルブラケットを装着して行う矯正治療もあります。裏側矯正は話していても周囲に気づかれないため、誰にもバレないで歯並びを治せます。目立ちやすい上の歯だけ裏側矯正にして、唇に隠れる下の歯だけ表側矯正にすることもできます。裏側矯正は100万円以上する高額な矯正ですが、大人の矯正として人気です。

Pick Up