インプラントの魅力

歯科医と歯のイラスト

歯が抜けてしまったら大変です。早めに歯科医院へ行きましょう。そうすると、治療が始まるのですが、どうやって歯を補うのかが問題です。いくつか方法がありますが、審美性の高さや安定性の面からインプラントを選ぶ人が増えています。 人気が高まっているということもあってか、たくさんの歯科医院で治療できるようになりました。この調子は、このまま続くことが考えられます。

自由診療ではありますが、それでも満足しているという口コミも数多くあります。多くの人がインプラントにして良かったと口コミに書いているのを見てしまうと、より一層人気が高まるでしょう。前歯が抜けても誰にも抜けたことを知られなくて済むくらいですから、需要が高まるでしょう。

自宅の近所の歯科医院などでもインプラントの治療ができるということはありませんか。通いやすいと言うことはとても大事なポイントになるでしょう。 ただ、インプラントはとても良い治療法ではありますが、口コミをよく参考にした上で、どこの歯科医院で治療するかを決めたほうが良いでしょう。

人気があるので多くの歯科医院で治療できるようにはなりましたが、歯科医の腕はバラバラです。インプラントを専門に行っており、複数の歯科医がいる歯科医院などもあります。口コミを見て、ほかで断られたけれど治療できたという歯科医院もあるくらいですから、どこで治療するかはとても大きな問題です。治療するときは、評判も調べておいたほうが安心できます。

近年の治療事情

近年子供の虫歯は減少傾向にあります。戦後急激に増えた虫歯ですが、当時は90%だった虫歯罹患率も現在は20%程度になっています。それに伴って歯医者の数は増えていました。

しかし現在は少子高齢化や虫歯罹患率の減少で歯医者全体の収入は減少傾向にあります。 この現状で、なかには倒産してしまう歯医者も出てきているようです。医者の中でも歯医者だけは給料が減少しているらしく、歯医者同士の中で顧客確保は最重要課題になってきています。 こうした中、独自の営業方針を掲げてこの生存競争を勝ち抜こうとする歯医者もあります。インターネットで検索してみると、あまりに個性的な歯医者も増えてきました。中には遺伝子検査や最先端機器を使った治療を前面に押し出しているところもあります。

歯医者の治療には保険適応とそうでない治療があります。保険範囲内の治療であれば治療費は驚くような数字にはなりませんが、適応範囲外の治療には数万〜数十万かかるものもあります。 注意しなければいけないのは、治療の中に保険適応とそうでない治療を混合して治療する場合です。

この場合は事前に説明があると思いますが、悪質な歯医者の中にはあえて説明をせずいつの間にか保険適応外の治療をしているところもあります。お会計のときに驚くような治療費を請求されることもあるようです。 また最先端機器を使用し新しい治療を取り入れていても、保険適応外のこともあります。必ず治療を行う前に歯科医師や歯科助手としっかりと相談し、金銭トラブルがないようにしましょう。

骨の密度

インプラントは歯の機能を取り戻すことが出来る治療法で、入れ歯などでは噛み砕くことが出来ない硬いものを食べる能力を蘇らせることが出来る画期的な治療法です。 噛み砕く力は、骨に伝える事でその能力を蘇らせることが出来ます。 インプラントの治療では、骨に構造体を埋め込む事で、この構造体が骨と結合してしっかりとした土台を作り上げます。

食べ物を噛み砕くの力は、人工歯から構造体を伝わって骨に伝えられるため、入れ歯では食べる事が出来ない硬い食べ物を食べる事が出来るようになります。 また、骨に埋め込む構造体は骨との親和性が高いと言われているチタンであり、顎の骨に構造体を埋め込むと半年程の期間の中で骨と構造体が一体になると言う特徴を持ちます。

インプラント治療では顎の骨に人工歯根を埋め込む必要が有りますが、人工歯根を埋め込む事で噛み砕く力を骨に伝えてくれます。 顎の骨に埋め込む時、骨の密度が問題になるのですが、骨の密度が少ない場合では直ぐに人工歯根を埋め込む事が出来ないため、インプラント治療を行う前に骨を増やす施術を受ける必要が有るのです。 尚、骨を増やすまでには3ヶ月から半年と言う期間が必要になりますので、骨の増量が必要になる場合は、骨の増量に3〜6ヶ月、インプラント治療に3〜6ヶ月が必要になると言われています。 また、これらの治療期間は個人差があり、半年から1年と言われていますが、インプラント治療を受ける事で歯の機能を取り戻すことが出来ると言います。

いくつものメリット

矯正歯科では、歯並びをよくする治療を受けることができます。矯正歯科のメリットは、歯並びを改善することで、口元が変化するため、顔の印象も大きく変わります。歯並びが悪いと噛みあわせがずれてしまうため、実年齢よりも老けたように見えることがあります。矯正することで、歯並びや噛みあわせが改善されるため、顔のバランスが良くなります。

また、歯の隙間がなくなるため、発音が明瞭になります。歯と歯の間に隙間があると、声を出したときに歯の隙間から空気が漏れてしまい、発音が聞き取りにくくなります。これは歯並びを直さない限り治ることがありません。他にも、歯並びを改善することで、歯周病の予防がしやすくなったり、コンプレックス解消につながります。

矯正歯科を選ぶ際には、料金だけではなく総合的に判断する必要があります。腕の悪い医師にかかった場合には、再矯正の必要がでてくる可能性もあります。

そのため、どんな先生が治療を担当するかは確認したほうが良いとされています。歯科矯正学を中心とした学問を取り扱う日本矯正歯科学会の認定医であれば、安心できます。 矯正歯科では、様々な器具を使うため、設備面も重要になります。治療中の感染は最悪なため、消毒や減菌対策などがしっかりできているかなど設備面がしっかり整っているクリニックを選ぶようにします。

矯正歯科の歯の矯正は、自由診療となるため、クリニックごとに値段が異なります。そのため、治療費の内容が明確であるか、患者の状態にあった治療法や素材を使えるかなども確認する必要があります。

治療金額について

インプラント治療を行う上で気になるのが「どれくらいの金額が必要なのか?」ということでしょう。実際、インプラント治療は自由診療なので、それぞれの歯科医院で治療費は異なってきます。日本インプラントセンターの調査によると2011年では1本あたりの価格が25〜30万円が21%、30万〜35万円が29%、35万円〜40万円が20%、40万円〜45万円が14%となっています。つまり全体の84%の歯科医院が25〜45万円で治療を行ってるので、このあたりが相場となります。

また、患者の歯の状態によっても治療費が変わってきます。歯は一生ものですので、決して格安の治療費に飛びついたりせず、適正な値段で技術的にしっかりとした治療を受けるのが良いでしょう。

インプラントの歴史は古く、紀元前まで遡ります。古代の中国やエジプトでは動物の骨や石で失った歯の代用を試みた記録がありますが、著しく発展しはじめたのは1960年代にチタン製インプラントが発明されてからです。この発明は、スウェーデンの科学者であるブローネマルク博士が1952年に「骨とチタンは結合する」という事実を発見したのがきっかけでした。そして博士は1965年に初めて純チタン製のインプラントの臨床応用を行いました。それから研究と改良を重ね、1980年代にはインプラント治療の成功率は飛躍的に向上しました。そして現在では、インプラントは失った歯をカバーするための1つの方法となり、世界中の歯科で治療が行われています。

治療期間

働いている人でインプラント治療に興味があるという人は多いのではないでしょうか。働いている人の場合には歯科に頻繁に通うことは難しいため、治療にかかる期間は気になるところです。インプラント治療は実は長い期間が必要になる治療になります。その理由は人工歯根とあごの骨とが結合するのに期間が必要だからです。通常では約3ヶ月から1年の治療期間が必要になります。

さらに骨が少なく、骨をあらたに造る必要がある場合や、歯周病がある場合にはその改善のための治療も必要になります。しかし、問題なくすぐにインプラント治療を行える状態であれば、治療回数と治療時間自体は少なくてすむ治療法のため、仕事に対して大きな負担となることはありません。

インプラント治療が終了したら、その後はその歯を長く維持していくことがもっとも重要になります。そのために必要なのがメンテナンスです。メンテナンスは自宅と歯科の両方で行う必要があります。自宅では丁寧なブラッシングを心がけます。インプラントは虫歯にはなりませんが、細菌の影響を受けやすいため、細菌が内部に入り込まないように歯と歯茎の間を丁寧にブラッシングして清潔を保つようにします。

歯科でのメンテナンスは最初の1年は3ヶ月から4ヶ月に1度必要ですが、その後は1年置きぐらいでも大丈夫です。かみ合わせやネジの緩みのチェック、口腔内の衛生状態のチェックなどを行ってくれます。自宅でのメンテナンスが不十分な場合にはアドバイスをもらうことが出来ます。

Pick Up