周りに知られないで治療できる

矯正といえば、どうしても器具が目立ってしまうものでした。しかし、今では見た目では矯正しているかどうかがわからないような治療法があります。どこの矯正歯科でも治療ができるとは限りませんが、多くの矯正歯科で治療できるので、新しい治療法を選択する人も増えています。歯の裏側に器具を装着する下側矯正は、従来の治療法よりも早く治療を終えることができるとさえ言われています。歯の裏側に器具を装着したほうがより歯を動かしやすいというメリットもあるからです。これなら、治療中であっても、周りからは器具を見られなくて済みますので、普段と何ら変わらない状態で接することができます。そして、気が付いたときには治療が完了してしまうのです。

矯正歯科に問い合わせましょう

 

下側矯正という、従来とは違った治療法をやってみたいと思ったら、まずはどこで治療できるのかを調べましょう。近所にある矯正歯科に問い合わせてみるのも良いですし、インターネット上で検索してみるのも良いでしょう。ホームページがあれば、そこにどのような治療を行っているのかを書いていることが良くあるので、確認してみてください。徐々に多くの矯正歯科で治療できるようになっていますので、今では治療できる場所も増えています。そうは言っても、必ずどこの矯正歯科でも治療できるとは言いきれませんので、事前に確かめたほうが良いというわけです。最新治療の導入に意欲的な矯正歯科であれば、下側矯正を行っている可能性はかなり高いでしょう。

矯正装置の平均的な費用

女性の歯医者

矯正歯科治療は歯科医院によって金額が異なります。これは、矯正歯科治療自体が自由診療ということもあり、医院側で自由に金額を設定することができるためです。また、矯正装置にはさまざまな種類があり、装置によっては材質を審美性が高いものと変更することができるため平均値が取りにくいという背景もあります。 ここでの平均値は成人患者であり、なおかつ症状も中度である場合とします。マルチブラケットは平均60万円、リンガルブラケットは平均100万円、ハーフリンガルは平均80万円、セルフライゲーションシステム矯正は平均70万円、インビザラインは平均100万円の治療費となっています。 これらは目安程度になりますが、全体の平均を知っておくだけでも歯科医院選びはしやすくなると思います。

矯正治療費の傾向について

 

矯正歯科治療の治療費は「審美性が優秀である」、「従来の装置と比較して特殊である」、「材質を変更する」、「症状が重度である」ことで高くなる傾向にあります。また、子供よりも大人のほうが金額が高くなるため、お子さんの治療に関しては早ければ早いほどコストを抑えることができます。 つまるところ、矯正歯科治療における治療費の高さは患者によって大きく上下するという認識が大切となります。成人であれば、生活スタイルによって審美性に優れた装置を選ばざるを得ないことも十分考えられます。決して治療費の金額だけで判断せず、治療に専念できるような選択をしたいところです。 また、治療する歯科医院によっても金額に差がありますので、治療する前に比較しておくことが大切となります。

Pick Up