見た目が良くなる

インプラントの大きなメリットの1つとして、審美性が高いところがあげられます。そして、審美性が高いインプラントだからできることがあるのです。それは、大きな口を開けて、歯を見せて笑うことです。今までの虫歯治療や、入れ歯では、見た目があまり良くなかったこともあって、なかなか大きな口を開けて笑うことができませんでした。また、最近の研究では、大きな声を出して笑うという行為は、免疫力をアップさせるということが分かってきたのです。ですから、インプラントで歯を見せて笑いましょう。

海外では古くから、歯並びや歯の美しさにこだわってきましたが、日本ではようやく人々の意識が、歯並びや歯の美しさに向くようになってきたのです。その結果、インプラントが支持されるようになったのです。

インプラントの治療費は、率直に言って高額になります。その理由はいくつかあります。1つ目は、健康保険が使えないためです。要するに、患者サイドが治療費を全て負担しなければならないのです。2つ目は、インプラントに用いるフィクスチャーや人工歯等のコストがかかるからです。3つ目は、自由診療ですから、インプラントの成功率が高いデンタルクリニックは、自信の裏付けとして治療費をさらに要求してくる傾向があるのです。

ですから、インプラントは治療費が安いからと言って、すぐに決めることはしない方が無難です。それよりも、インターネット等でデンタルクリニックの評判を確認して決めた方が良いでしょう。また、治療費の支払いについては、クレジットが使える場合もありますから確認してみましょう。

 

増えている理由とは

失った歯を補う治療を受けるにあたり、インプラントを選ぶのは今や非常にポピュラーなものとなっています。一昔前であれば、まだこの治療法がそこまで知られておらず、顎の骨に人工の歯根を埋め込むというのに抵抗を感じている方も多かったかもしれません。

しかし今では、インプラント治療を行う歯科クリニックが全国どこにでもあり、ブリッジや部分入れ歯では得られない高い満足感を得られる治療法と認知されるまでになりました。 治療技術の発展により、より安全かつ負担がかからないインプラント治療が行われています。今後この治療を選んで受ける方はますます増加していく事でしょう。需要の増加に伴いオール・イン・フォーなど、より画期的な治療法も誕生していくと予想されます。

インプラント治療を受ける時に注意したい事は、豊富な治療実績があるクリニックを選ぶ事です。様々な症例をこなしてきたクリニックであれば、短時間の治療で済むからです。そして、治療技術に関しても高いものを持っていると言えます。

クリニック選びに関して、他に重要な事というと丁寧なカウンセリングを行っているかどうかが挙げられます。患者様の不安や相談をしっかり聞いた上で、治療や費用に関する説明を丁寧に行い、納得した上で治療を開始するクリニックが良いと言えるでしょう。 インプラントは、ブリッジや部分入れ歯と比べてメンテナンスが簡単です。しかし、日々のブラッシングなどを怠っていると、通常の歯と同じように歯肉炎になる場合があるので、注意が必要です。

 

保険について

歯医者の治療は保険治療と保険外治療に分かれます。保険が適用される歯科治療はコストがかからないメリットがありますが、治療法や選べる材質が限られるなど制約がかかります。保険が適用されない保険外治療はコストがかかりますが、治療に制約が無いため治療の質が上がることも十分に考えられます。

インレーと言われる歯の詰め物を例に挙げますと、メタルインレーは保険適用とされ安価であると言われています。ただし、金属アレルギーのリスクがた高まりますし、歯を削る量も多いと言われています。 逆に、保険適用外のセラミックインレーですと、費用はかかりますが見た目がよく、汚れがつきにくいとされています。よって、特に審美性を求められる患者から選ばれています。

現在の歯医者の取り組み方は、一昔前と比べても抜歯を極力避けるような方針をもつ医院が多くなってきました。これは、1989年より厚生省と日本歯科医師会が「80歳になっても20本以上の歯を保とう」とする運動を推進していることからもわかります。また、歯を少しでも保つためには毎日のケアと歯医者でのメンテナンスが必要なのです。

さらに、現在ではホワイトニングなどの審美歯科の普及率も高くなってきましたし、口腔内を清潔に保とうとする考えは昔より意識が高まっているように感じます。それにより、歯医者も一般歯科治療以外の分野にも着手する医院が増えてきました。 今ではかかりつけの歯科医院でもさまざまな治療を受けることができると思われます。手軽に行えるという意味では、歯科治療はこれからも身近なものになるはずです。

 

知っておきたい事

みなさんはインプラント治療というものは、手術が終わったらもう何もしなくても大丈夫であると思っていませんか。もし、そう思っていたなら、それはあり得ませんし、怖いことです。トラブルでよくある例では、インプラント治療は終わったからもう何もしなくても大丈夫という思い込みから起こっていることがあります。なので、これからこのインプラント治療を考えているのでしたら、この意識を変えることが大切です。

インプラント治療の失敗においては次の二つの場合が考えられます。一つ目は歯科医院が原因の場合です。これには、手術における手抜きや、事前のきちんとしたシュミレーションの不十分などがあります。 二つ目は患者側の原因の場合です。これは、喫煙や定期的なメンテナンスをしなかったなどが挙げられます。 なので、インプラント治療をするのであれば、歯科医院探しと手術後のメンテナンスをしっかりと考える必要があります。

インプラント治療をした後の日常生活について、少々気を付けることがありますのでここから紹介していきたいと思います。 当たり前ですが、手術当日には激しい運動や入浴などのような血行が良くなるようなことは避けましょう、出血の原因になります。腫れや痛みが長く続くようでしたら、二日間くらいは氷で冷やしましょう。あまり冷やし過ぎると、逆効果になり、しこりが残る危険性があるので気をつけましょう。

喫煙も傷の治りを妨げてしますので、禁煙することを徹底しましょう。 メンテナンスの仕方については次のような工夫をしましょう。まず、歯を全体的にブラッシングをしてきれいにします。歯の隙間なども歯間ブラシなどを用いて、今までより丁寧に汚れを落としましょう。そして、歯科医院の定期的なメンテナンスは必ず行くことです。

 

内容の把握

歯科医院に関しては、こどもの時に学校で実施される検診などに始まり、お年寄りになるまで利用する機会があります。歯科医院における治療内容については、様々な目的別に治療方法なども確立されるに至っています。

例えば、歯科における先進国であるアメリカにおいては、歯列矯正をこどものうちに実施するのが一般化していますが、日本でもその傾向になりつつあります。こどものうちからではなくても、骨が安定した大人になってからの歯列矯正を実施する人も増えています。歯列矯正以外にも、虫歯治療や検診などは勿論ですが、最近では自宅でも実施する事ができるホワイトニング治療なども導入されています。人の前に立つ特別な職業の人に限らず、一般の人でもこの様な治療を実施する人が増える傾向にもなっています。

歯科医院における治療として、他にも根幹治療などを専門に実施する医院も見られる様になっています。歯の根には、人によって本数などに違いはありますが、神経が通っています。この神経が通っている事で、健康的な歯を維持できているともいえますが、虫歯などの状況によっては、この神経を取り除く治療が必要になる場合もあります。

この根に関する治療については、将来的な事を鑑みても、非常に重要な治療となります。十分な治療が行われないと、神経を切除しても10年や20年、あるいは30年後に痛みが生じるケースもあります。そのため、この様な根幹治療を専門に実施する歯科医院が存在する様になっています。根幹治療を実施する場合に、マイクロスコープなどを利用して、根幹周辺組織の状態を確認しながら治療が実施されます。日本では、最先端歯科治療の一つとしても数えられる治療方法となっています。

 

小さい時に治療を

笑う女の子

歯列矯正を行う時期というのは患者それぞれの症状によって異なります。特に、お子さんの矯正治療の場合には永久歯が生えそろっているかがポイントとなりやすく、場合によっては今すぐ治療をすべきはないということもあるのです。基本的には独断で判断せず、専門家である歯科医師に診てもらうことが一番手っ取り早いです。

お子さんの治療の場合、成人したときに治療するよりも治療費が抑えられるというメリットもあります。しかし、治療費だけに目がいってはいけません。人にはそれぞれ治療すべきタイミングというものがありますから、医師の判断のもと正しく行動することが大切です。 また、子供とはいえ審美性には十分配慮することも親としては大切だと思います。

矯正治療にかかせない器具の種類は多種多様です。症状によっては適合しない場合もあるため、もし気に入った治療法を見つけても装着できないことも考えられます。 矯正器具の中で代表的ともいえるワイヤーとブラケットによる「マルチブラケット法」はさまざまな症状に合うとされています。

また、審美性が気になる方は歯の裏側に装着する「リンガルブラケット法」や「ハーフリンガル法」を選択することができます。コストについては多少かかってしまいますが、毎日つける器具には工夫を施しておきたいという考えも十分わかりますね。 このような治療方法も存在しているのだとがわかれば、今後の矯正治療の普及率はより高くなるものと思われます。特殊な装置には適合しにくいことも考えられますので、まずは「マルチブラケット法」について知識を深めることも大切です。

Pick Up