進化した技術

歯を失ってしまい義歯を取り付ける場合は、ブリッジや部分入れ歯が主流でしたが、今ではインプラントがそれに代わろうとしています。 それでは、今までの義歯とインプラントの違いとはどのようなものでしょうか。

答えから先に言うと、基本的な構造が違います。 具体的に言うと、ブリッジや部分入れ歯は、失ってしまった歯の周囲に生えている健康な歯を支えとして取り付けることになりますが、インプラントでは失った歯が生えていた部分の歯槽骨に、フィクスチャーという歯根の代わりとなる構造物を埋め込み、その上にアバットメントと人工歯を装着するのです。 ですから、安定感は当然インプラントが勝り、周囲の歯に与える影響もほとんどないのです。

インプラントは、人工歯を周囲の歯の色調に合わせて作ることができますから、ほとんど見分けがつきません。 ただし、インプラントの治療費は高額になってしまうのです。そして、それにはいくつかの理由があります。 まずは、インプラントは健康保険が効かない自由診療になりますから、患者はこれにかかる治療費を全額負担することになります。そして、比較的多くのケースで、骨を造成する施術が必要になりますから、治療費の平均額を押し上げてしまうのです。

また、インプラントで使うフィクスチャーやアバットメント、そして人工歯は元々コストがかかり、さらにインプラントの施術に自信があるデンタルクリニックほど、料金が高くなることがあるのです。

白い歯を目指す

輝く歯のイラスト

黄ばんでしまった歯を白くするために、審美歯科でホワイトニングを受ける人は多くいます。しかしホワイトニングには、費用や時間が多くかかります。具体的には、歯1本あたり3〜4千円が相場ですし、十分に白くするには3〜4回ほど審美歯科に通う必要があるのです。 そのため昨今では、もっと安い費用で短期間で歯を白くすることのできるホワイトエッセンスが、口コミで話題となっています。

ホワイトエッセンスとは、タンパク質を分解する作用のある酵素を歯に塗って、黄ばみを除去するというものです。1本あたり数百円から千円と、ホワイトニングと比べると安価で、なおかつ1回の治療で全ての歯を白くすることができます。そのため注目を集めていますし、実際に受けた人の多くが、口コミで高く評価しているのです。

最近ではホワイトエッセンスには、返金制度が導入されるようになりました。歯の状態は人によって異なっていて、中には元々黄色に近い色をしている人もいます。また、どのくらいの白さを求めているのかも、人によって異なっています。そのため、ホワイトエッセンスの効果に満足できないという人のために、返金制度が設けられるようになったのです。

これにより、満足のいく効果が出なかった人は、料金を返してもらえるようになりました。そしてこのことが一層、ホワイトエッセンスの口コミでの評価を高めることになりました。 さらに、オプションで歯周病や口臭予防のケアも一緒に受けることができるようになりました。歯を白くするだけでなく、歯茎の健康状態を良くしたり、口臭トラブルを防いだりすることもできるようになったのです。 こういった取り組みにより、ホワイトエッセンスの口コミでの人気はますます高くなってきています。

利用者の感想

歯が黄ばんでしまう理由には年齢的な事が原因であったり遺伝や汚れによる原因があったりしますが、口元の清潔感は見た目の印象が良くなりますし笑顔に自信が持てるようになる人も多いでしょう。

そんな中口コミで歯のホワイトニングの評判が高いホワイトエッセンスというデンタルエステサロンの利用者が最近増えてきているようなのです。 ホワイトエッセンスに関する口コミでは仕入れコストや流通コストをカットしたことによって実現したコストパフォーマンス、30万件近く積み重ねた圧倒的な症例の実績数、また返金保証制度や施術の痛みの少なさなどがホワイトエッセンスの人気の理由となっているようです。

さらにホワイトエッセンスは口コミでの評判はもちろん雑誌やテレビなどのメディアでも数多く紹介されている事などもあって信頼度の高いサロンだと言われていますし、他のサロンでは歯のホワイトニングは失敗例などもあるようですからこういった実績もあり信用の高いホワイトエッセンスのようなサロンを利用するように工夫した方が良いかもしれません。

利用者の満足度も高く業界最安値とも言われるコストパフォーマンスや症例実績の多さなどから口コミで評判の高いホワイトエッセンスは国内最多店舗となる全国で100店舗以上展開している業界最大手ともいわれる話題のデンタルエステサロンです。

ホワイトエッセンスでは従来の歯のホワイトニングにおいて問題点と指摘されている痛みを軽減したり歯の白さの持続性などを解決した新しい歯のホワイトニングの方式を採用しており、歯にしみずに自然な歯の白さに仕上げることが可能になりその効果も長い間持続させることも可能にしているのです。

またホワイトエッセンスでは業界初の白さ保証と返金保証制度を行っているので信頼度の高いサロンで歯を白くしたいという方にはピッタリのサロンとなっているのです。 さらにホワイトエッセンスでは無料カウンセリングも行っているので、まずはそちらから相談してみるのも良いかもしれません。

特別な施術

ここ数年の内に、すっかり定着したインプラントですが、インプラントは、高度な技術を必要とする治療法としても知られています。ですから、インプラントの成功率については、歯科クリニックで異なっているのです。要するに、インプラントの成否は歯科クリニックで決まるのです。

ですから、歯科クリニック選びは大変重要なことなのです。そこで、失敗しない歯科クリニック選びについて、簡単に説明していきます。まずは、インターネットの口コミ情報サイトにアクセスしてみましょう。すると、口コミ情報サイトの中で多くの歯科クリニックの評価をしていることに気付くはずです。これは、患者からの口コミや料金等を総合的に判断して評価しているのです。

インプラントの治療費については、健康保険が使えないこともあり、割高になっています。また、インプラントで使用するチタンやセラミックまたはジルコニアといった材質は、とてもコストが高く、インプラントの治療費を押し上げているのです。さらに、インプラントの成功率が高いほど料金も高くなってくるものなのです。

ただ、歯科クリニックによってインプラントの料金は大きく異なっています。ですが、安いからと言って、すぐにその歯科クリニックを選ぶのは避けた方が無難です。やはり、安いのは安いなりの理由があり、高いのは高いなりの理由があるのです。ですから、インプラントの口コミ情報サイトを利用して客観的に歯科クリニックを選ぶと良いのです。

抜けても安心

インプラントは病気や事故によって失われた歯の代わりとなる新しい人工歯のことです。インプラントの治療法が行われるようになるまでは入れ歯やブリッジ等の治療法に頼るしかありませんでした。入れ歯は取り外しができ清潔を保つことができますが、歯が浮いた感じがして噛み合わせたときに違和感があります。ブリッジも長年使用していると顎の骨が痩せてきてしまう欠点があります。

それに比べて、インプラントは顎の骨に人工歯を埋め込むことによって骨と一体化します。しっかりと固定しているため、自分自身の歯のような感覚になります。そして、ぐらつきもなく骨が痩せてくることもなく、しっかりと噛むことができる良さがあります。インプラントほどの画期的な治療法は他には見当たらないのが現状です。

インプラントの治療は歯を失ったものにとって、救世主となっています。治療に使用する金属のチタンも安全性の高いものでアレルギー症状もほとんどないと言われています。ただ、外科治療を必要とするため、高度な医療技術が必要となります。最近ではどこの歯科医もインプラントの治療を取り扱うように看板をあげています。

しかし、経験や高度な技術も持たないのに、安易に難しい手術を行うには無理があります。インプラント治療を考えているなら、確かな腕と実績を持った信頼のある歯科医を自らの手で探し出さなければなりません。現在のところ、インプラントを行った歯は10年たっても90%以上残存しているという結果が出ています。インプラントという最先端の技術は今後もどんどんと新しい技術が生み出されていくだろうと期待しています。

長期にわたっての治療

インプラント治療は、歯のない骨の状態、歯肉の状態、噛み合わせの状態などを診察することからはじめる。全体の状態を把握する方法としては、口腔内のレントゲン写真の撮影がある。その後、模型などを用いて詳しく検査する。次に、インプラントの手術をする前に、歯周病的処置、噛合的処置をおこなう。歯周病的処置は、残存の歯の歯周病の治療をすませておくことをいう。

歯周病の治療は、歯に装着されている冠、歯石を除去したり、場合によっては手術をしたりしておく。インプラント治療をおこなうためには、この処置は必須なのである。噛合処置は、インプラントを埋め込む前に、治療後は残存歯とどの様な噛み合わせ状態が適切なのか十分検討しておく処置のことである。

インプラントの治療は、骨内にインプラントを埋め込み骨と完全に結合するまで、最低数か月を必要とする。欠損している歯が上顎か、下顎かによって治療期間はかわる。一般に下顎では2か月半、上顎では3か月半といわれ、また、欠損しているのが前歯であれば、奥歯にくらべ約1か月余分に時間がかかる。

骨の幅や高さ、硬さに問題があれば、さらに1か月から4か月治療に時間がかかることがある。インプラント治療がすぐにはじめられない場合もある。これは、歯周病を患っている患者には、そもそもインプラント治療をおこなうことができないからだ。したがって、患者は歯周病を完治させておく必要がある。この場合、インプラント治療全体の治療時間は、かなりながくなることを覚悟しなければならない。

Pick Up